RSS Feed

サイト内検索

こ ん に ち は、 崎本とし子 です

最近のコメント

最近の投稿

カレンダー

2011年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

年月別

記事分類

ページ

カウンタ

[以前のblogから通算:2011年5月14日、79958開始]

メタ情報

お気に入り

ご近所・地域

健康・看護・命

日本共産党

RSS 岡山市公式ホームページ トピックスRSS

RSS 岡山県庁RSS(新着情報)

サイト内検索

「岡山県国民医療協議会」決起集会・・・「受診時定額負担」の導入反対!世界に冠たる「国民皆保険制度」を守る!

2011年11月28日 崎本 とし子 とし子からの手紙

医療と福祉の関係団体25団体で構成する「協議会」が、2つのことを呼びかける決起集会を開きました。参加者は500人は超えていたと思います。政府が許すことのできない患者の受診抑制につながる制度改悪の動きをしているからです。決起集会の一致点は次の二つです。

1、「受診時定額負担」の導入を断固反対する!

2、世界に冠たる「国民皆保険制度」を守る!

私は看護協会から参加しました。県医師会長の井戸先生が開会挨拶。看護協会の代表が決議を提案。14団体が決意表明をしました。

病院協会の小出先生は、「国民皆保険制度は日本の宝だ。TPPは、必ず皆保険制度を壊す。受診抑制をもたらす定額負担は断固反対だ。今、闘わなければならない。ひとりでは変わらないが、国民の多くが声を上げれば変えられる・・・。共にがんばろう!」という趣旨の発言をされ、医療人の良識を感じました。他の団体からも「いのちを守る」立場からの発言が相次ぎました。

全員で決議を行いました。民主党と自民党の国会議員たちが顔を並べておられました。

民主党の医療介護政策の取りまとめ責任者だという柚木議員は、「決議の内容で集約できるように全力でがんばる!」と表明して帰られました。民主党という党はつくづくわかりづらい党です。

患者団体にも呼びかけてくださったらうれしいのに・・・と思いました。患者と医療関係者はいつもパートナーとしてともにアクションしたいものです。

患者負担で財源をつくり、受診抑制お構いなし・・・で改悪しようとする政府には怒りを抑えることができません。高額療養費制度の拡充は公費で成されるべきです。


大阪市長・府知事選挙

2011年11月27日 崎本 とし子 とし子からの手紙

大阪に息子がいます。

今日は、市長府知事選挙の投票日です。今日の山陽新聞は、「維新」対「反維新」の闘いだ・・・と書いています。その見出しに疑問を持ちました。中身を読むと「独裁」といわれる橋下氏の政冶手法の評価が問われる・・・とも書いています。

途中で府知事を投げて、乗り換えしてまで自分の構想を「押しすすめる・・」人を有権者は支持できるのでしょうか・・。しかもその方向は、決して弱者の視点には立たない者です。教育への政冶介入を公言する人に危うさを感じているのは私だけではないはずです。

別の新聞は、「独裁」対「反独裁」の選挙だ・・・と書きました。民主主義の時代とはいえ経済的不安の中で「イラついた時代」でもあります。ヒットラーは選挙で選ばれたことを思い起こさなければなりません。


まちの保健室ボランティア

2011年11月27日 崎本 とし子 とし子からの手紙

アンネのバラがまだ咲いています。

26日は、看護協会が毎週土・日に実施している「まちの保健室」でボランティアをしました。

年3~4回のボランティアを当初からさせてもらっています。

パートナーは倉敷中央病院のAさんでした。とてもすてきな助産師で、楽しく活動できました。

健康相談をする人もいて、専門職の力が発揮できる活動です。

私は、自分が看護師であることを誇りに思っています。看護力を発揮できる様々な活動にかかわっていきたい・・・と思っています。


DV防止サポートシステムをつなぐ会・岡山が「啓発パネル展とバザー」

2011年11月25日 崎本 とし子 とし子からの手紙

岡山はドメスティックバイオレンスの被害者支援に超党派の議員で取り組んでいます。私が「DV防止サポートシステムをつなぐ会・岡山」の運営委員をはじめて10年になります。

先日は10周年のシンポを取り組んだばかりです。今、記録集のまとめをしています。

今日は、DV啓発パネル展とバザーに取り組みました。県議さん、市議さんとボランティアの市民が協働して取り組みます。8時30分から準備開始。11時からのバザーが片付けを含めて終わったのは3時近くでした。できることをみんなでやる!・・・今日も気持ちのいい汗をかいて終了しました。ちょっとくたびれました・・・。

まだ、「DV防止法」がない頃、シェルターもなく、すべてボランティアで被害者を暴力から逃れさせ、安全の確保ができる場所に移して、被害者の再出発を支援していました。

「一人でも笑顔で生きる人を増やしたい!」・・・という思いではじめた活動です。条例を作り、計画を作り、次第にサポートの仕組みができてきました。今後も相談体制のいっそうの充実、自立支援、こども支援、民間との連携の強化、災害時の避難所基準作りなど充実させていきたいものです。

今日はみなさん、本当にお疲れ様でした。


岡山愛媛県人会の総会と懇親会・・・楽しい!

2011年11月23日 崎本 とし子 とし子からの手紙

毎年11月23日は、愛媛県人会の総会の日です。

第21回目の総会でした。今年は、震災被害のあった宮城愛媛県人会とのご縁もあり、パネルコーナーも作成。「絆」の大切さを強く感じる総会となりました。

挨拶でもそれぞれが自分の言葉で、故郷への思いや人のつながりの大切さを語られて、心に残りました。八幡浜市のふるさと便り、松山市長からのメッセージ、近畿愛媛県人会からの来賓もこられてにぎやかでした。八幡浜市と松山市の市長さんは、岡山大学出身だそうです。ご縁があるようですね・・・。

アトラクションは会員の日舞、「テイク1」の楽しい歌・・・最後はみんなで「上をむいて歩こう」を大合唱しました。「心一つ」に楽しい時間を過ごせました。

愛媛県人会は、和気あいあいです。楽しい会ですので、愛媛大好き・・・という人はぜひご入会ください!愛媛出身でなくても、大学が愛媛だ・・・とか、道後温泉は大好き・・という人も歓迎です。

1月には、新年会が予定されています。


災害を乗り越えて WAKE UP人権!・・・全国シェルターシンポジウム2011 IN仙台

2011年11月22日 崎本 とし子 とし子からの手紙

毎年開かれる全国シェルターシンポに今年も参加することができました。

今年は仙台です。4月に宮城野区の避難所に看護師支援で訪れて以来、3度目の仙台です。仙台は紅葉の季節です。

よくぞ準備ができたものだ・・・と現地実行委員会の皆さんには心からの敬意を表したい・・と思います。本当にお疲れ様でした。

「災害を乗り越えて」の表題の通り、被災した現地でどんなことが起こり、何が必要なのか・・・を女性の視点で明らかにした初日のパネルディスカッションはリアルで、本当に迫力がありました。

私も現地で感じた避難所のあり方などについて、的を得た指摘と提言が相次ぎました。

平時のときからの暴力を許さないという社会作りが必要ですが、被災したときの生活避難所の設置・運営については、人権を守るために、基準作りが必要です。日常的に男女平等が推進されていないと、災害時には閉鎖的家父長制度の意識が支配する・・・との指摘は、事実です。そこでいくつかの提言がありました。

1、男女別の着替えができるスペースを作る。

2、授乳室を作る

3、シングル女性の女性専用室の確保に努める

4、仕切りをつくる

5、トイレは男女別にする

6、対策本部に女性が30%確保されるようにする。意見を表明しやすいシステムを!

7、運営に問題はないか外部からチェックできるシステムにする・・・・などです。

私は避難所に格差があることを痛感していました。格差をなくし、どこでも最低限の人権配慮がされるためには、基準を示し、必要な視点をあきらかにすることが必要です。

「仕切りがあると、絆が薄れる!」という避難所リーダーの一声で、仕切りがなくて、幼い子供をつれた母親がどれほど気疲れするか・・・、女性たちが着がえ一つにどれほど気を使ったか・・・私は避難所で見てきました。この提言の意味を受け止め、今後の防災計画に反映していかねばなりません。防災会議に女性が入っていること、そして女性の視点で計画に具体的提案をすることが必要です。岡山市でも県でも具体的に実現していきましょう。

10年~20年かかる被災地支援は、継続が大切です。できることをできる範囲で続けていこう・・・との呼びかけに「その通り!」と共感しました。

2日目は、「DVと医療」の分科会に参加。阪南中央病院の加藤治子先生と再会。人権感覚の優れた、やさしいすてきなドクターです。性暴力支援センターの取り組みをケースを通して、報告を受け討論しました。DVに理解の深い医師や看護師・助産師を増やし、全国どこでも性暴力被害者への適切な支援ができるようにしたい!・・・と切実に思いました。

岡大ではDVの理解を看護教育などに取り入れている・・・との情報を得て、医学教育や病院関係職員の教育にももっとDV問題を理解する教育に取り組む必要性を感じました。ニ次被害を与えない医療現場でなくてはなりません。

来年は、大阪の阪南市で全国シェルターシンポが予定されています。一年間様々な活動をして、実践を持ち寄りたいものです。


3度目の東北行き

2011年11月21日 崎本 とし子 とし子からの手紙

19日、20日に仙台で全国シェルターシンポジウムが開かれました。その参加とあわせて、3度目の塩釜市入りです。

仙台空港は復興しており、伊丹空港から仙台空港へ飛んで、仙台へ入りました。空港は海べりで、復興に6ヶ月かかったそうです。アクセスがよくて、20分弱で仙台駅へ到着。仙石線の乗り換えて、塩釜の蜂屋食品へ。

社長と専務が話をしてくださいました。このたび、地元の松島の白菜を使った新しいギョウザを開発。高校生との協働のとりくみだとか・・・・。その名も「松島白菜餃子」です。白菜は松島が発祥だそうです。(知りませんでした)年末には「年末商品」をつくってくれるそうです。

岡山からのお取り寄せも多くてありがたい・・・とのこと。今も仮設住宅などにギョウザを持っていってくれています。業績は少しずつ回復しているようです。

会社は一人女性を雇用していました。

私たちの「ギョウザを食べて東北支援」の取り組みがささやかながら「支え」になっていると聞いて、うれしかったです。

これからも「ギョウザを食べて東北支援」しましょう!年末のお歳暮も今年は「蜂屋のギョウザ」でお願いします。

今回は一緒に炊き出しには行けませんでしたが、顔を見て話すことで「息の長い」支援の今後を考える機会になりました。

全国シェルターシンポの報告などなど・・・はまた後日・・・です。


看護協会の個人会員の集い

2011年11月16日 崎本 とし子 とし子からの手紙

15日に看護協会の個人会員の集いがあり、参加しました。岡山県内の就業看護師は26165人で協会員は14740人。加入率は、56.2%です。

岡山県に対して要望書を提出したとのことです。自民党と民主党の関係議員団と懇談したとのことでした。看護職出身の共産党県議ともしっかりネットワークをとってほしい・・・と思います。

9月には、県議会に看護議員連盟ができた・・・と聞きました。14年の参議院選挙は「政党によらず、人物と政策で候補者を決めたい・・」と看護連盟の会長さんは話しておられました。

参加は9人でしたが、役員経験者の大先輩が多く、とても活発な意見が出ていました。

来年度は、公益社団法人への移行をすることもあり、大事な時期です。1年でやめてしまう看護師があとを立ちません。仕事と家庭の両立支援はますます必要です。

やめずに働き続けることができれば、看護師不足も次第に解消するでしょう。職能団体である看護協会こそが、そのために超党派に働きかけていかねばなりません。

「特定看護師」制度についても、医師不足を「補完」するような「いい加減な制度」はやめてほしい・・・という意見が出されていました。

私は、看護師は医師とは違う専門職だとかんがえているので、「特定看護師」をつくるより、医師不足の解消をきちんとはかるほうが本来だと思っています。看護師は「看護」の専門であるべきだと思います。

私は協会員をやめたことがありません。市議会議員をしているときもずっと会員でした。看護師は私の天職だと思っています。


整体へいきました

2011年11月14日 崎本 とし子 とし子からの手紙

なんだか疲れがたまってきています。孫たちを抱っこするせいか筋肉痛だし、肩甲骨周りが痛くなります。

私のいきつけは「クリエ整体院」です。東山電停に近くなので我が家から近いし、費用も保険がきくので手ごろです。

痛くなり始めの肩の痛みは3日で痛みが取れました。「すごい!」と思いました・・・。

長く整形外科外来の経験を持つ私ですが、いろいろ気付くことや参考になることがあります。

時々整体してもらって、この体をケアしながら、長く使って生きたいと思います。


地域後援会

2011年11月12日 崎本 とし子 とし子からの手紙

約5年「準備会」として活動してきた旭東・三勲地域後援会が、今日正式に発足しました。

申し合わせの確認、6人の世話人を決め、当面の方針を決めました。

代表世話人は40代の若い人と60代のベテランコンビです。世話人は男女比が50%・・・というのも共産党らしいですね。

こういう地域後援会をあちこちに作って、元気な活動をしていきましょう。地域で元気な共産党の姿が見えると、「自民党も民主党もダメだけど、そうだ、共産党がある」と気付いてもらわなくては・・ね!

衆議院中国ブロックの予定候補石村智子さんも駆けつけてくれました。36歳の若々しい候補者の胸に国会議員のバッチをつけたいですね。

TPPの参加を打ち出した野田総理・・・。国民よりも財界とアメリカが大事・・・とでも言うのでしょうか。共産党はまだまだあきらめません。「壊国」と農家のみなさんや医師会の先生方が反対するTPP参加は、日本外交の誤りです。あきらめない運動を続けていきましょう!!


« 以前の日付