RSS Feed

サイト内検索

こ ん に ち は、 崎本とし子 です

最近のコメント

最近の投稿

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

年月別

記事分類

ページ

カウンタ

[以前のblogから通算:2011年5月14日、79958開始]

メタ情報

お気に入り

ご近所・地域

健康・看護・命

RSS 岡山市公式ホームページ トピックスRSS

RSS 岡山県庁RSS(新着情報)

サイト内検索

自己紹介

崎本敏子(さきもと・としこ)

崎本とし子(2011年5月18日)

連絡先

  • 岡山市中区旭東町2-2-10 〒703-8286
  • 電話  086-273-9347
  • FAX 086-273-9347
  • メール:sakimoto@po1.oninet.ne.jp

略歴

  • 1954年1月16日生まれ、 山羊座、 AB型、 愛媛県大洲市出身(岡山愛媛県人会理事)
  • 1975年 岡山大学医学部看護学校(25期生)卒業後、岡山協立病院で12年間看護婦として働く
  • 1987年 岡山市議会議員初当選以後、6期(2011年4月まで)
  • 2011年4月 選挙に立候補せず引退し、後継者にバトンタッチ
  • 2011年4月から2016年3月までソワニエ看護学校で非常勤講師
  • 2013年12月 メッセンジャーナース認定
  • 2015年3月 合同会社岡山在宅看護センターを赤瀬佳代さんとともに設立。執行役員に。
  • 現在
    • 合同会社岡山在宅看護センター晴執行役員(看護師起業の会社で、訪問看護ステーションや地域で介護予防のサロン運営、メッセンジャーナース研鑽セミナーなど人材育成を実施)
    • がんサロン・たんぽぽカフェ世話人
    • アップル文庫、民話を語る会おかやま会員
    • DV防止サポートシステムをつなぐ会・岡山運営委員
    • 旭東学区愛育委員会会長
    • ハンドシェィクの会事務局
    • 集団的自衛権行使に反対する中区の会事務局(戦争は反対!)

【家族】 夫と二人暮らし、二男一女はそれぞれに家庭をもち、孫は6人(2019年には7人)

【趣味】 絵本よみきかせ(アップル文庫)民話の語り、映画鑑賞、演劇鑑賞(市民劇場の会員)

崎本とし子 (2011年5月18日)

ひとこと 「 それでも生きる! いのちは何より大切です~たとえがんになっても自分らしく生き抜くこ  とができる岡山を」

2010年1月 子宮体癌で治療(肛門がん末期の義母を自宅で看護している最中)

2011年2月 地域がんサロン・たんぽぽカフェの運営開始

2011年3月 がん体験を生かして、市議会で「がん対策推進条例」を提案(1年間かけて市議会で検討)。岡山市議会は全会一致で政令市初めてのがん対策条例を設置。がん患者当事者の声を反映したがん対策を推進する仕組みを作り、がん対策推進委員会には患者代表が2人参加している。条例に魂を吹き込むのは当事者の活動だと考え「地域がんサロン・たんぽぽカフェ」の運営をしながら、患者会活動を続けている。

2016年5月 甲状腺がんで治療(リンパ節転移があるもがんとともに生きて現在に)

がん患者や家族の体験をかたる市民公開講座でを企画して実施し、看護学生とのグループワークを通して、看護教育にも微力を尽くしている。

がん教育に参加し、中学校や高校の生徒たちに「がんを正しく知って命を守ろう!」と呼び掛けている。愛育委員として地域での検診を呼びかけたりする活動は、がん患者体験を通して「早期発見で命を守りたい」という強い思いが込められている。

命は誰にでも一つ、たった一度の人生を「自分らしく生き抜きたい」との思いを込めて、ブログを発信している。