RSS Feed

サイト内検索

こ ん に ち は、 崎本とし子 です

最近のコメント

最近の投稿

カレンダー

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

年月別

記事分類

ページ

カウンタ

[以前のblogから通算:2011年5月14日、79958開始]

メタ情報

お気に入り

ご近所・地域

健康・看護・命

RSS 岡山市公式ホームページ トピックスRSS

RSS 岡山県庁RSS(新着情報)

サイト内検索

今日は赤坂ひろば、明日はたんぽぽカフェの日

2020年1月21日 崎本 とし子 とし子からの手紙

今日は赤坂ひろば、協立病院内を借りて開いているがんサロンです。

明日は地域がんサロン・たんぽぽカフェの日です。

14時から、福祉交流プラザ旭東です。初めての参加も歓迎です。暖かい飲み物を用意してお待ちしています。


世界の裕福な1%の人の持つ富は、他の69億人の持つ富の2倍以上!?・・・経済格差の異常を告発

2020年1月21日 崎本 とし子 とし子からの手紙

21日から開催される世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)を前に、注目すべき報告書が出されました。異常な経済格差を告発したのは国際援助団体オックスファムです。

2019年時点で世界の2153人の億万長者が持つ富は、世界人口の6割に当たる46億人が持つ富の合計よりも大きい!!

この経済格差に驚きますね。世界会の最も裕福な男性22人の富の合計はアフリカのすべての女性が持つ富よりも大きい・・・。

格差が広がる原因は何でしょうか。富裕層や大企業向けの優遇税制などとともに、ジェンダーの不平等があると指摘しています。

そういえばジェンダー指標で121位の日本は、賃金比較おいて男性100とした場合に70弱であるという賃金格差があることを思い出します。

同じように働いても、賃金格差のために女性の賃金は少ない・・・・・。

なぜ少ないのかといえば、結婚や出産でなぜか女性が仕事をやめて、再就職するt気は非正規になる・・・という現実があるから・・・。

能力の違いではなく、社会的に作られた役割分担意識などの社会環境や保育園が足りないなどの共働き社会の仕組みづくりの遅れが原因です。

のともかくも世界で経済格差が異常なほどある現実を知ってその是正のために努力すべきです。

報告書は「1%の人たちの富に今後10年間で0.5%の追加課税をするだけで、教育、医療、高齢者介護などの分野で1億「1700万人の雇用を創設するのに必要な投資額と同じになる」と指摘してります。

経済格差の是正に取り組む政治を作りたいですね。


医療生協労組の60周年記念レセプションへ

2020年1月18日 崎本 とし子 とし子からの手紙

岡山医療生協の岡山協立病院に私は就職し、12年看護師として勤務しました。「いい看護がしたい!」という思いで、労働組合の執行委員をしたり、「看護師増やそう!」の運動にも取り組みました。

看護師の闘いは、「2・6闘争」で語られるように、厳しい夜勤で体を壊したり、流産したり、患者さんのナースコールにすぐ答えられないつらさを経験しながら続きました。

看護師が結婚しても、子どもを育てながら働き続けられる仕事にしたい!と切実に願い、「院内保育園」などを実現し「保育所増やせ」と頑張りました。

産後に職場復帰は産後6週間後で、私も3人の子どもとともに復帰して働きました。共働きで核家族の我が家はいつもバタバタしていたけれど、夫と協力し、仲間がいたから頑張れた・・・と思います。

看護師をやめたいと思ったことは一度もありませんでした。

今日はそんな「ふるさと職場」の労働組合運動の60周年のお祝いです。これからも医療現場の声を発信して、いい医療・看護をしたいから・・・と頑張ってほしい!後輩たちに心からのエールを送りたい!


食べ物通信読者会の新年会

2020年1月18日 崎本 とし子 とし子からの手紙

食べ物通信の読者になってもう20年くらいになるでしょうか。

食のことに関心があり、いつもその掲載記事に注目しています。

12月号の特集は、美肌菌、空前の輸入自由化による食の安全と農業の崩壊について。

1月号は、お餅~日本の食文化、国連の「家族農業10年」について。

マイクロプラスティックなどの環境問題やアルコールとの上手な付き合い方などためになる記事がいっぱいです。「がんの再発を防ぐ食事」などの本もあり、参考にしています。

今日は読者会の新年会に参加します。(久しぶりです)皆さんとお会いするのを楽しみにしています。


阪神淡路大震災から25年

2020年1月17日 崎本 とし子 とし子からの手紙

阪神淡路大震災から25年です。

6434人が亡くなり、関連死(この災害で初めて知った)は900人を超え、1400人余が復興住宅で孤独死(昨年も75人が亡くなった)・・・。今もいろんな課題を突き付けています。

当時、住宅再建の支援は何もありませんでした。被災者が中心となり大きな運動を起こして被災者生活再建支援法ができたのは1998年5月です。住宅再建へ300万円の支援が実現しました。運動の力です。

今や毎年災害が起こる日本です。東南海地震は80%近い発生確率です。いつ起こってもおかしくない状況です。

25年前大阪に住んでいたという知り合いと話しました。

「あれから夜寝るときはいつもパジャマではなくいつでも外へ飛び出せるような服をきてねている・・・」と。その言葉を聞いて、

私ははっと気づかされました。もう一度「自分ごと」で考えなければならない・・・と。

災害は忘れたころにやってくる!25年前医療支援に入り、現地で見たことを今一度思い起こしておこうと思いました。亡くなられた皆様のご冥福を心からお祈りします。


66歳になりました。

2020年1月16日 崎本 とし子 とし子からの手紙

今日は私の誕生日。66歳になりました。

朝、保育園に行く前に4歳の孫からバースデーカードが届きました。私の似顔絵を描いているカードです。きれいに口紅を差し、頬紅もほんのりとさしてくれました。

「ありがとう!」です。

56歳でがん告知を受け、治療して10年です。2度目のがんの治療からは3年が過ぎました。生きていることに感謝です。この10年の間に5人の孫と会うことができました。生きていると嬉しいことがあるんですね。

「70歳まで生きること」を目標にしていたことがありますが、今は人並みの88歳(女性の平均寿命)を目標にしています。

ひ孫の顔を見られるかもしれません。生きているといいことがある!

自分らしくやりたいことをやって、自分らしく生き抜きたいと思います。

 


愛育委員会活動の始まり

2020年1月16日 崎本 とし子 とし子からの手紙

今年も愛育委員会活動が始まっています。旭東愛育委員会は健康づくり(いきいきサロンさくら会運営、歩く会、歌う会など)、赤ちゃん訪問や赤ちゃん相談ボランティア、いろんな地域の専門家とつながる定例会での学習活動、検診の呼びかけなどの活動をしています。

今日は第3木曜日で定例会の日です。

音楽療法の講座で楽しい時間を過ごしました。来月は訪問看護ステーションさくらんぼの看護師さんの講話です。地域で顔の見える関係を気付いて、役に立つ定例会のなるようにと企画しています。

「愛育委員をしていてよかった!」と委員さんに思ってもらえる企画を目標にしています。

今年も地域で元気の出る活動をしたいと思います。

 


岡山愛媛県人会の役員会

2020年1月15日 崎本 とし子 とし子からの手紙

1月第4土曜日は愛媛県人会の総会・新年会です。今年は25日です。

今年も12時からホテルグランヴィアで開催します。ふるさとつながりで集う人々はいろんな出会いがあり、楽しみです。

初めて参加でも大歓迎です。

今日は準備の役員会です。お楽しみの新年アトラクションは「まねきねこ」の皆さんです。津軽三味線、などの演奏と民謡も楽しみです。愛媛の民謡も用意してくださっています。

語り合い、笑って、歌って・・・楽しい時間を過ごしましょう!

 


「ワンチーム」で京都に春を!

2020年1月12日 崎本 とし子 とし子からの手紙

皇帝ダリヤが咲いています。

19日告示、2月2日投票で京都市長選挙があります。

現市長はリニアや北陸新幹線延伸には熱心でも、こどもの医療費助成は府内最低水準、中学校給食の全員実施計画も持たず、敬老乗車証制度も改悪の方向だそうで、景観保護地域に高級ホテルを作る計画やゴルフ場建設で五大の送り火の地域などが荒らされようとしているなど、京都市民には容認できない動きが続いているそうです。

「京都の歴史と文化を守れ!」「暮らしを守ろう!」という!声が上がるのは当然です。今、保守も革新も立場を超えて京都の町衆が立ち上がろうとしています。

「つなぐ京都2020」の弁護士福山和人さんが立ち上がりました。日本共産党、れいわ新鮮組推薦、新社会党、緑の党府本部支持の福山候補と自民・公明推薦の現職の事実上の一騎打ちで、大激戦の様相のようです。

京都は中学校に給食がないんだ・・・と驚きました。

岡山もまた自校方式の優れた給食をセンター方式に変えようとしています。こどもの医療費助成は県下最低です。岡山市長選挙は2021年ですが、再開発には大変熱心な現職市長に対抗する候補者がほしいなあ・・・とふっと思うのは私だけでしょうか。

京都では現職が「そんなお金がない」というと「いやお金ではなくてやる気がないのだ」と反論。(その通り!)

誠治は有権者が作るものです。京都は革新自治体だったところです。日本の政治の春がまた京都から始まることを願っています。

「ワンチーム」で福山候補の勝利目指して頑張れ!

 

 


小児がんフォーラム

2020年1月11日 崎本 とし子 とし子からの手紙

今日はJホールで小児がんフォーラムがあります。

久しぶりに会える人との再会が楽しみです。小児がんで闘病する子どもたちや家族の状況を知り、それを支える人たちの活動を知りたいと思います。訪問看護ステーションエールの平田管理者が報告する予定です。それを楽しみにしています。

今年は年頭からいろんな介護や病気に関する相談が多いです。

「妻がパーキンソン病になり、介護が必要になりよはじめたんだよ。・・・」と不安そうに話す人。

「認知症が気になる。相談に行ける場所はないか・・・」と夫のことを心配する人。

「腰痛で夫が休んでいるが、治るんだろうか…」という不安を持つ人。

「まちの看護師」を目指す私にとり、相談したいと思う時に顔が浮かぶ人になれているとしたらうれしいことです。

もう20年も前に作った歌があります。

*顔見れば ほっと涙が出るような 安心運ぶ人になりたい

たくさんの涙を見てきた私は、ほっとした時に流す涙が心を楽にすると知りました。その人の前では「ほっとする涙」が流せる・・・という「人」になれたらうれしいです。

どんな時も「一人ぼっちではない」と思える社会であってほしいですね。

 


« 以前の日付