RSS Feed

サイト内検索

こ ん に ち は、 崎本とし子 です

最近のコメント

最近の投稿

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

年月別

記事分類

ページ

カウンタ

[以前のblogから通算:2011年5月14日、79958開始]

メタ情報

お気に入り

ご近所・地域

健康・看護・命

RSS 岡山市公式ホームページ トピックスRSS

RSS 岡山県庁RSS(新着情報)

サイト内検索

「桜を見る会」と「大嘗祭」・・・税金を使うことに疑問

2019年11月14日 崎本 とし子 とし子からの手紙

総理大臣主催の「桜を見る会」に税金5500万円余の支出。どうやら安倍事務所は「後援会の交流企画」と位置付けているような「取り組み」をしていたようです。公職選挙法違反の疑いがあります。

そもそも税金を予算オーバーして、安倍事務所の要請に応じて支出するなど以上です。「忖度政治」がここまで・・・と情けない。

公私混同で「自分の得」のために税金を使うことに問題意識を持てない政治家の倫理欠如はない見過ごせません。

自民党の二階幹事長が「自分の後援者をんで何が問題なのか」と発言しましたが、「自民党の常識」は国民の常識と外れていますね。

今日は天皇即位の大嘗祭だそうです。夜中をまたぐ宗教行事だそうです。大規模なセットを作り、そこで「秘密」の非公開の宗教儀式が行われるのだとか・・・。この行事への税金の支出は24億5000万円余。政教分離の憲法原則に違反していると私は思います。この儀式のために明日の閣議は中止されるそうですが、本当にいいのでしょうか。

今の政府は何を優先しているのでしょうか。憲法を今一度読み直してみようと思います。

一方、庶民は増税(社会保障保険料を含め)で声も出せないほどしんどい。

先日がん教育に行った際の会話です。

「最高限度額がまた引き上げられるかもしれないね。治療費負担で治療中断をする人がまた増える・・・。」

「でも、抗がん剤はやめられても痛み止めはやめられないよね。医療麻薬も高いからね・・・。」と・・・・。

命の沙汰も金次第・・・という現実があります。税金は命のために使ってほしい。お金の心配なしに自分らしく生き抜ける国になってほしい。


今日から仲代達也さんの舞台「タルチュフ」始まる!

2019年11月12日 崎本 とし子 とし子からの手紙

市民劇場の11月例会は「タルチュフ」です。仲代達也さんの舞台です。

今日はお通し(差し入れ)のサラダや漬物をもって会場の市民劇場へ。仲間増やしをしています。年に6回舞台観劇を楽しむことができます。東京でなく岡山で東京並みの観劇ができるなんて素敵でしょう!

いつでも入会歓迎です。ぜひご入会ください。ご一緒に生の舞台を楽しみましょう!

仲代達也さんの舞台が楽しみです。


おかやまマラソン無事終わる

2019年11月11日 崎本 とし子 とし子からの手紙

10日第5回おかやまマラソンがありました。天候がよく何よりでした。

私はいつも36キロ地点でボランティアをしています。一番しんどいところで、「あと一息ですよ!」と声を掛けます。

参加されたすべての皆さん!お疲れ様でした。AED班も待機していましたが、使わなくて済み何よりでした。

 


岡山愛媛県人会の日帰り旅行・・・いやのかずら橋、大歩危小歩危、箸蔵寺

2019年11月11日 崎本 とし子 とし子からの手紙

岡山愛媛県人会が日帰り旅行を企画。9日に徳島へ行ってきました。

箸蔵寺は15番札所。300段近い階段を上りお参りしました。ロープーウェイで山へ登りそれから般若心経が一文字づつ書かれた階段を上ります。紅葉がボチボチ見られ、空気が気持ちよい山頂でした。深呼吸をいっぱいして元気に!

大歩危の景観を楽しみながら船下り。きれいな吉野川の流れを楽しみました。歴史を感じる地層のもロマンがありました。大量の雨では「四国三郎」の異名を持つ暴れ川に変身する吉野川です。それを想像すると、自然の驚異を感じました。

いやのかずら橋を孫息子たちとわたり、アマゴの塩焼きやだんごを食べて満足!鳴門金時の焼き芋は絶品でした。

快晴の一日は、思い出深い良い一日になりました。お世話いただいた役員の皆様に感謝でした。

岡山愛媛県人会で楽しく交流しませんか。ご入会をお待ちしています。


フラワーデモのこと

2019年11月8日 崎本 とし子 とし子からの手紙

ガーベラの花言葉は「希望」です。

フラワーデモをご存知ですか。

北原みのりさん(作家)の呼びかけを紹介します。

フラワーデモは「性暴力で恐怖を感じている人に寄り添いたい」と、一人一人が花をもって「共に!」の声を上げようと頑張っています。必要なのは、悼む声を受け止める場所と差別や暴力に苦しむ人に寄り添い、「あなたを信じる」という声です。そういう社会を作りたい。

(慰安婦問題の)被害者が求めているのは、謝罪のない「和解」でも金による「癒し」でもなく、「正義」と「記憶」です。今の日本は、歴史を忘れ、アジアの平和を脅かす不安要素になっています。・・・・

私は共感をもって、この呼びかけを受け止めました。岡山でのフラワーデモに参加したいと思っています。

12月1日(日)に予定されています。

「あったことをなかったことにしよう」とする都合のよい理屈は通りません。性暴力をなくそう!の声はやむことはない・・・と私は思います。


玉野高校でのがん教育へ

2019年11月6日 崎本 とし子 とし子からの手紙

11月に入り、急に朝晩が冷え込むようになりました。お変わりないですか。

がんを正しく知って命を守る!・・・私の活動のテーマの一つです。

がんと向き合って、正しい知識を持つと、いらない不安を持たなくていい。わからないから不安になる・・・ということを減らせます。がん教育が学習指導要領に位置付けられ、近年取り組まれるようになりました。

患者ではないときにいろんな知識を持てば、予防できるものは予防できる、たとえがんになっても命を落とさなくて済むかもしれない・・・。

がんを遠ざける暮らし方(食事や検診を受ける習慣、タバコを吸わない、受動喫煙を受けないなど)を知ることで、自分の命を守ることができます。そしてたとえがんになっても自分らしく生きることをあきらめない生き方を伝えたい。がん教育の必要性を発信してきたものにとって大切にしたい活動の一つです。

玉野高校のがん教育は熱心に取り組まれてきました。その場にかかわれることは私の喜びです。生きているからこそかかわれるのですから。今年はどんな生徒さんと出会えるのかを楽しみに参加します。

 

 


第8回メッセンジャーナース総会・・・活動報告にパワーもらう

2019年11月4日 崎本 とし子 とし子からの手紙

第8回メッセンジャーナース総会が日本赤十字秋田看護大学を会場に開かれました。

全国から参加した仲間は45名。メッセンジャーナースは34都道府県に126名になりました。岡山から4名が参加しました。

4名の活動報告はそれぞれに興味深いものでした。新潟、愛媛、福島、北海道の取り組みでした。病院、起業しての在宅ケアサポート、行政など、立ち位置は違いますが、「つないで紡ぐ」興味深い活動報告でした。

村松静子先生(在宅看護研究センターLLP代表)の講演も「看護の原点」を考えさせてくれる内容でした。ふるさとである秋田での友人や知人の参加があり、うれしそうに話をされていたのが印象的でした。

私は「何をつないで何を紡ぐのか」。やりたいことを整理するいい機会になりました。

3日の秋田は最低気温5度、最高気温13度。紅葉真っ盛りで、乳白色の秘湯「黒湯温泉」は11月11日から4月中旬まで雪深いために冬休業とのことでした。初冬の風景に湯けむりが上がる光景にどれほど癒されたことか・・・・。交流会では民族歌舞団「わらび座」の若いスタッフのライブもあり、感激でした。

来年は神奈川です。実践を重ねて、来年の再会を楽しみにしたいと思います。


秋田へ行ってきます!

2019年11月1日 崎本 とし子 とし子からの手紙

メッセンジャーナース総会へ参加するため、秋田へ行ってきます。

岡山空港から東京経由で秋田空港へ。

全国で活動しておられる皆さんとお会いすることが楽しみです!東北の紅葉も楽しみたいと思います。


メッセンジャーナース総会は秋田で!・・・11月2日

2019年10月29日 崎本 とし子 とし子からの手紙

2013年12月24日に私はメッセンジャーナースの認定をいただきました。ナイチンゲール記章を受賞された村松静子先生などが立ち上げられた認定協会が民間認定しています。全国で100人を超える認定看護師がいます。

医療の受け手と担い手のギャップを「受け手」の立場に立って、対話を重視してただし、その人らしい生を全うできるように寄り添う看護師がメッセンジャーナースです。

2か月に一度、開催する研鑽セミナーは、自分の未熟さを思い知る大切な機会です。

私は2度のがん体験から「医療の受け手」としての思いを大切にして、「受け手」の立場に立ち寄り添う看護師でありたいと思っています。患者当事者が患者力(自分のことを自分で決められる力)をつけていけるように一緒に考えることを大切にしています。

がんサロンの運営、まちの看護師としての相談活動など身近な看護師として体力が続く限り人の役に立ちたい・・・と思います。

全国にいるメッセンジャーナースが集まる総会が11月にあります。今年は秋田です。

岡山からも4人が参加する予定です。全国でいろんな活動をしている看護師たちからエネルギーをもらって帰ってきます!


小さな成功体験を積み重ねる大切さ

2019年10月27日 崎本 とし子 とし子からの手紙

子ども会にかかわり始めてもう30年ほどになるかしら。地域に子どもが少なくなりましたが、町内のなかよしこども会は引っ越ししてきてすぐに作った子ども会です。

できるだけ子どもたち自身に運営してもらうように意識してきました。

できることをする・・・という体験が大切です。

年間何をするか計画し、広報、買い物(昔は子どもと一緒にしました)、準備、ゲームの進行などに子どもたちは力を発揮します。

その年の子どもたちのできる力を見計らってサポートすることが大人の役割です。

子どもを育てるのは「ありがとう!」の言葉です。楽しい時間を作ってくれてありがとう・・・という心からの言葉が子どもを育てる・・・と私は思います。

町内の取り組みでささやかな成功体験を積み重ねて、楽しい体験を増やしたい!だからまつりはやめられません。


« 以前の日付