RSS Feed

サイト内検索

こ ん に ち は、 崎本とし子 です

最近のコメント

最近の投稿

カレンダー

2021年2月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

年月別

記事分類

ページ

カウンタ

[以前のblogから通算:2011年5月14日、79958開始]

メタ情報

お気に入り

ご近所・地域

健康・看護・命

RSS 岡山市公式ホームページ トピックスRSS

RSS 岡山県庁RSS(新着情報)

サイト内検索

森喜朗会長の発言に怒り・・・黙って見過ごせない!

2021年2月5日 崎本 とし子 とし子からの手紙

東京五輪・パラリンピック組織委員会の森委員長の発言についてです。

この発言は日本オリンピック委員会(JOC)の女性理事を増やす方針について議論していた時にされた発言のようです。

「女性がたくさん入っている会議は時間がかかる」「女性の発言を制限する必要がある」と。

会見では「女性の理事を増やすと会議の運営が難しくなるという話を、様々な教会や連盟から聞いている」・・・と。

過去にさかのぼれば「日本は神の国」「子供を一人も作らない女性の面倒を、税金で見なさいというのはおかしい」などの暴言がいっぱいある人物です。

「ジェンダー平等の時代に国際的な人権感覚水準ではないのになあ」とJOC委員長就任のとき驚いたことを思い出しだしました。

ジェンダー平等指数121番目の日本、取り分けて意思決定過程への参画の低さが指摘されています。SDGsが提唱され、日本政府も取り組んでいるときに、この発言は見過ごせません。

森会長の発言は女性蔑視・偏見そのものです。「いかなる種類の差別も受けることなく、確実に享受されなければならない」というオリンピズム精神にも反することです。

会見での様子は、本質を理解している人とは到底思えない状況でした。今コロナ禍での開催に疑問を持つ国民が増えています。各国のアスリートの条件格差があらわになっているからです。東京オリンピックのための必要な医療体制も確保できません。

日本婦人団体連合会や新日本婦人の会などの女性団体は辞任を求めています。女性がうなづくだけの時代はもはや終わっています。

さて、菅総理はこれもまた不問にするのでしょうか。日本政府の人権感覚が問われています。