RSS Feed

サイト内検索

こ ん に ち は、 崎本とし子 です

最近のコメント

最近の投稿

カレンダー

2015年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

年月別

記事分類

ページ

カウンタ

[以前のblogから通算:2011年5月14日、79958開始]

メタ情報

お気に入り

ご近所・地域

健康・看護・命

日本共産党

RSS 岡山市公式ホームページ トピックスRSS

RSS 岡山県庁RSS(新着情報)

サイト内検索

戦争立法は慎重に議論を!…今国会成立に反対は49,8%(賛成は38,4%)

2015年3月31日 崎本 とし子 とし子からの手紙

集団的自衛権行使の安保法案が審議中です。共同通信の調査では、今国会成立に反対が半数となり賛成を大きく上回りました。戦争立法の動きに反対は45%(賛成は40,6%)、国会の事前承認は77,9%が必要と答えたようです。

あなたはどう考えていますか。

今年の一斉地方選挙は、まさに戦争立法の審議がされているさなかの選挙となります。反対なら「反対」の1票を投じましょう。自民党と公明党は、沖縄の基地問題でも原発問題でも、この戦争立法問題でも前のめりです。国民の声を聴こうとしない政党の候補者にあなたの1票を託せるでしょうか。地方選挙といえど、態度表明にはもってこいの機会が今回の地方選挙です。

まず投票に行きましょう!どこの政党がブレずに戦争立法反対を貫いてくれるのか吟味しましょう!主権者としての自覚を持ちましょう!

私は共産党を応援しています。戦争反対を貫く共産党の歴史と今の政策に信頼を持てるからです。自民党や公明党に入れることは戦争立法に賛成することなのだ、そのリスクは子や孫が担うことになるのだ・・・と自覚しておかなければなりません。

私はこの国を戦争する国にさせたくない!選挙のたびごとに大人の責任を果たしたい…と思います。


故郷は春爛漫

2015年3月30日 崎本 とし子 とし子からの手紙

おひぎりさんの桜は満開状態です。(きれい!)

故郷は新芽が吹き出し春爛漫瀬戸内の海はおおなぎ・・・・。美しい鏡のようで、水もきれいです。

久しぶりに会った孫娘は8か月になりました。お座りができるようになり、よく話をします。(アーアー・・・ですが)抱っこをして、歌を歌って、楽しいひと時を過ごしました。(満足!)息子夫婦も仲良く、元気そうで安心しました。

母は膝は痛いようですが、自分のことは自分でできるし、認知も問題ありません。4月28日に85歳になります。いろんな話をしました。そういう時間は大事ですね。84歳の母、61歳の私、36歳の息子、8か月の孫娘は4代午年です。84歳違いだねえ…と笑いながら記念写真を撮りました。(命がつながっているのだ・・・とおもいました)

新芽が出て、花が咲き乱れて、温かくまさに春爛漫の故郷でした。散歩するだけでもリフレッシュです。

しかし、頭の中は選挙のこと、息子の店の人の確保のことなどで大忙し!愛媛にいても選挙の人の段取りを考えている私です。

愛媛の秘蔵の酒「京ひな 大吟醸」(酒六酒造)のお酒をゲットし、じゃこ天を買って、岡山へ帰ってきました。

早速、選挙事務所に立ち寄り、差し入れをし、打ち合わせを開始。いよいよ本番は金曜日からです。候補者カーの運航の準備に万全を・・・とがんばっています。帰ってきて、みんなの顔を見て、ホッとしました。さあ、頑張ろう!!

 

 


松山へ・・・孫の初節句と母に会いに行きます

2015年3月29日 崎本 とし子 とし子からの手紙

松山へ行ってきます。長男のところの孫娘は初節句です。もう8か月だね・・・。お座り上手になったかな・・。離れているとなかなか顔を見ることができません。お雛様の出ているうちに…ということで、今日は「忙中閑あり」で思い切っていくことにしました。(一人旅です)

愛媛は近くなりましたが、我が家へ行くまではやはり3時間半はかかります。松山まで行って、母の顔を水に変えるのは残念なので、息子たちと一緒に行くことにしました。4世代(母、私、息子、孫)の「午年」の写真が撮れそうです。母と孫の年の差は84歳です。命は順繰り、命のリレーですね。命をつなげられたことがうれしいと思います。

さあ、みんなの顔を見るのを楽しみに出かけましょう・・・。帰ってきたらいよいよ選挙本番です。


孫の卒園式

2015年3月28日 崎本 とし子 とし子からの手紙

今日は2番目の孫のよしくんの保育園の卒園式です。「あと3日寝たら卒園式で、そのあと3日寝たら小学生・・・」とはなしていた孫です。卒園式の練習をするたび、友との別れが実感されているようです。(少し寂しそうでした)

弟の健ちゃんは、兄に毎日「刀作って!」とせがみ、保育園にいくとお兄ちゃんと一緒に遊べる日は上機嫌でした。そのお兄ちゃんが卒園していなくなるのです。

さあ、兄と弟もどちらにとっても節目です。

人生は出会いと別れの繰り返しです。保育園での体験はまさにたくさんの出会いの連続でした。友との別れはきっとまた「心の育ち」となり、新しい環境へ挑戦する力の「種」なのだと思います。

元気にやさしく育っている嘉君!卒園おめでとう!(夕食は本人の希望により、コーンのいっぱい乗ったお寿司を食べに行く予定です)

この孫たちが生きるこれからの時代はどんな時代でしょうか。戦争する国づくりを進める自民党と公明党の政権の下で、戦争立法や憲法改悪がたくらまれています。私は命を懸けてでもこの子たちを戦争にはいかせたくない・・・。今、まさに日本は「戦争か平和か」の分かれ道に立っています。選挙のたびごとに「駄目なものはダメ」という態度表明をしましょう。

この国で戦争反対を命がけで貫ける政党は日本共産党しかありません。共産党の候補者を当選させたい・・・と、私は応援の毎日を送っています。


春が来た!・・・こぶしの花が咲きました

2015年3月26日 崎本 とし子 とし子からの手紙

我が家のこぶしの花が咲きました!たくさんの花をつけ、今年は華やかです。ハナミズキもたくさんの花芽をつけています。春ですね!

冬を過ごし,堪えて花を結ぶ樹木たちです。人の世もそうであってほしい・・・。つらいことや悲しいことを乗り越えた人には必ずいいことがある・・・と。「花は咲く!」です。

昨日はたんぽぽカフェの日。初めて参加の人が2人おられました。新しい出会いに感謝です!「がん」という病気と向き合って生きる日々を過ごした私たちです。(現在進行形の人も含めて・・・)そのことに意味があるはずです。

私は「自分と同じ苦しい思いをする人を減らしたい。流す涙を一粒でも減らせたら・・・」とたんぽぽカフェの誕生秘話を話しました。当事者が「伝えること」の大切さを改めて思いました。また、ひと月を過ごし、来月お会いしましょう!4月は22日です。


パソコンが「退院」して戻ってきました!

2015年3月23日 崎本 とし子 とし子からの手紙

珍しいトラブルで、不調であった私のパソコンが「退院」してきました。久しぶりに自分のパソコンを使っています。

いやあ、なんだかとてもうれしい!「おかえり!」です。

これからも日頃の思いを発信していきますので、今後ともよろしくお願いします。


友、遠くより来たりて・・・楽しいひと時

2015年3月22日 崎本 とし子 とし子からの手紙

忙中閑あり・・・。かつて岡山に住まい、ともに活動していた友が東京から来てくれ、20年ぶりに再会!本当に懐かしく、楽しいひと時を過ごしました。

今仕事は何してるの?子どもたちは元気?孫は何人?何人暮らし?・・・・話が尽きない・・・。

同世代の私たち・・・。子育てしながらがんばっていたころを昨日のように思い出しました。元気そうな様子にホット安心。

私は無事に(がん再発なしに)過ごしていること、看護学校の非常勤講師をし、愛育委員会の会長さんで、がん患者団体の世話もしていること、メッセンジャーナースになったこと、がんの患者さんや家族のサポートをしたいのでこのたび会社(岡山在宅看護センター晴)をつくったこと、素敵な若き看護師と出会ったこと、東北に通っていること、東北のことを忘れないようにするためにフォークグループを作り歌っていること・・・・など私の近況も語りました。「そりゃー、忙しいね・・・!」と友人。アハハ・・・と私・・・。(自分でもやりすぎ?と思うけど、せっかく生きているんだから・・・ね)

息子の店「宴屋」でおいしい料理に舌鼓を打ちながら、本当に楽しいひと時でした。

これからも元気でいようね!また会おうね!といって別れました。友は宝です。本当にうれしい時間でした。ありがとう!


公明党が妥協し、自民党と安保法制で基本合意!?

2015年3月21日 崎本 とし子 とし子からの手紙

公明党という政党は、ついに安保法制で自民党と基本合意したようです。公明党はやはりこの1ヶ月妥協に妥協を重ねて、「平和の党」の看板を投げ捨てました。

いよいよ自衛隊を戦闘地域に送れるようにし、アメリカの戦争に協力する態勢です。

日本の若者を戦場に送るな!孫や子を戦争にはやらない!

本気になりましょう!自民党と公明党は本気なんですから・・・。

関係法令がつくられる最中で行われる一斉地方選挙は、「戦争する国づくり」への審判を下すチャンスになりそうです。

今日は街頭演説を久しぶりにやりました。(20回も・・・!)できる事をして共産党の議席(氏平県議と林潤市議の議席)を確保したい・・・!と思います。共産党が大きくなることは「戦争する国づくり」をとどめることにつながります。


卒業の季節

2015年3月20日 崎本 とし子 とし子からの手紙

18日は幼稚園、昨日は小学校の卒業式でした。旅立ちの季節です。

子ども会で活躍してくれたAちゃんに、子ども会からの卒業祝いと私から花束を届けました。「おめでとう!ありがとう!これからもよろしく!」の思いです。

届けたときには留守だったので、おばあちゃんの預けたのですが、その後お母さんと一緒にわざわざ挨拶に来てくれました。これから思春期、体とともに心の成長のときです。

「どの子もわが子旭東の子」です。地域の見守る目を持ち続けたい・・・・。

いろんな節目で旅立つ皆さん、おめでとうございます。


「沖縄の負担軽減」のウソ・・・山下参議院議員(共産党)の質問で明らかに!

2015年3月18日 崎本 とし子 とし子からの手紙

沖縄の新基地建設問題は、国のひどい対応(強権的で独裁的)が続いています。環境アセスメントはそっちのけです。サンゴを壊し、県の許可権限を無視し、説明もしません。本当にひどい安倍政権です。

昨日山下議員が明らかにしたのは、今回の辺野古の基地建設が陸、海、空のすべての分野での出撃機能を強化するものであり、「沖縄の負担軽減」どころか間違いなく「負担強化」となるものである・・・ということです。

そして、安倍政権が進める「安保体制」は、与党協議(自民党と公明党の密室審議)では、まさにアメリカだけでなく地球のどの国の戦争にも「自国の危機」を認識すれば、「国会の承認なしに出撃できる・・・」というものです。公明党は「国際連合の・・・」とか「すべての国会承認を・・・」とか言っていますがきっとどこかで適当な「お年どころ」ウィつくり妥協するに違いありません。(本当に頼りない政党です)

沖縄の基地を増強し、戦争できる法整備をし、武器輸出を認め(軍事産業を支援)抵抗としていることがはっきりしています。この現実を受け止め、しっかり考えましょう!!

ウソをいいながら、支持を集め、選挙で勝って政治を危うくするやり方は「ナチス」のやり方そのものです。

今度の地方選挙で、自民党と公明党は増やさせてはいけない・・・と強く思います。共産党の議員を増やしてこの国の平和を守りたい・・・とつくづく思っています。


« 以前の日付