RSS Feed

サイト内検索

こ ん に ち は、 崎本とし子 です

最近のコメント

最近の投稿

カレンダー

2011年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

年月別

記事分類

ページ

カウンタ

[以前のblogから通算:2011年5月14日、79958開始]

メタ情報

お気に入り

ご近所・地域

健康・看護・命

日本共産党

RSS 岡山市公式ホームページ トピックスRSS

RSS 岡山県庁RSS(新着情報)

サイト内検索

岡山市「平和の日」条例を産み出した議員の一人として・・・

2011年6月29日 崎本 とし子 とし子からの手紙

岡山市平和の日です。岡山空襲で約2000名の人が亡くなりました。岡山市の中心部は焼失し、焼け野原になりました。

市民会館では毎年慰霊祭が行われています。

「平和の日」(1999年・平成元年に条例制定)を産み出した議員の一人として欠かさず参加してきましたが、今年からは三勲・旭東九条の会の地域での取り組みに参加。

7時30分から東山電停で、「今日は岡山市の平和の日です。岡山市は66年前空襲で焼け野原になりました。平和都市宣言(昭和60年6月25日制定)をあらためて読んでください」と呼びかけながらビラを配り、パネル展示をしました。

小中学生、高校生が興味深そうに受け取ってくれました。

「おばあちゃんたちが赤ちゃんの頃の岡山市だよ・・・」と話すと、「66年前はおばあちゃんが生まれた年だ・・・」とつぶやく2年生の子がいました。

「避難所はどこですか」と聞く子もいて、大震災と重ねているようでした。

「戦争は二度としてはいけない。今日は家族でこれを読んでください」とビラを渡すと、受け取ってくれました。

9時9分からは、会の呼びかけに応じて書く寺院での「平和の鐘」の取り組みです。私は国清寺で戦災遺跡でもある鐘楼で鐘を鳴らしました。犠牲者のご冥福を祈り、平和への思いを新たにしました。鐘は、金属供出で出すことになっていたのですが、終戦になり残ったものです。鐘楼は1665年建立で戦火を免れたという「物言わぬ証言者です。

午後は「平和の日電車」が走ります。夜には若者たちが中心で取り組む「ピースキャンドル」が禁酒会館であります。

沖縄での取り組みのように、こどもたちに岡山空襲のことを語り継ぎ、「平和都市宣言」を市民に広く浸透させたい・・・。共産党市議団は「非核平和都市宣言」にバージョンアップさせようと提案しています。これからも地道な活動に取り組みたいと思います。


上関原発は計画中止を!

2011年6月28日 崎本 とし子 とし子からの手紙

中電は山口県上関町に2箇所目の原発を計画しています。豊かな瀬戸内の海を埋め立てて建設する計画です。

祝島の住民は島ぐるみで建設反対を続けてきました。

昨日、山口県議会で知事は、「埋め立て延長は申請があっても認められない」と表明し、中電は計画の大幅な見直しを迫られる可能性が出てきました。

粘り強い住民運動の結果です。まだ、計画中止が決まったわけではありませんが、福島原発事故で故郷をさらなければならなかった人々の無念を踏まえるならば、中止以外にない・・・と私は思います。

向かいの愛媛県には伊方原発があります。31年になる古い原発で、廃止を求めたい。瀬戸内の海を守るためにも譲れません。

愛媛県でもあらためて「考える会」が広く県民の議論を呼びかけています。どこでも、日本共産党の「提言」へ共感が広がっています。

被爆国である日本は原発を推進してはいけなかったのだ・・・とつくづく思うこのごろです。

それでも、電気事業者は決して推進をやめようとはしていません。あくまで「目の前の」利益優先なのです。歴代政府が献金を受け取りながらそれに寄り添ってきたことを忘れてはなりません。


暑さに負けず・・・

2011年6月27日 崎本 とし子 とし子からの手紙

おいしい夏野菜が次々と実っています。

さて、今日は資料の片付けをする日に当てていました。暑さに負けず、やりだすともう止まりません。大汗をかきながら、写真から本から片付け、模様替えまで完了!

午後3時には熱中症のような気分になり、そろそろ終了。

書斎を整理し、風の良く通る場所で「省エネ」の休憩ができるように整理しました。あとはボチボチやることにします。

環境づくりは大切ですね。気分転換とリフレッシュになります。

でも、あちこち痛くなり、片付けの後整体に出かけました。


さんかくウイーク2011・・・記念講演は堤 未果さん!

2011年6月26日 崎本 とし子 とし子からの手紙

今年も岡山市男女共同参画推進週間が始まっています。

今日は記念講演で堤 未果さんの話をききました。テーマは「アメリカが見えると世界が見える・・・性差超えて新しい未来を!」でした。

貧困大国アメリカの姿を、徹底した取材を元に発信し続けている未果さんの活動にはいつも注目しています。2度目ですが、とても新鮮でいい話でした。

「3,11」を経験して、今考えなければならない大切なことが満載でした。

国として市場化してはいけないもの・・それは教育、医療、保育、福祉,食の安全だ・・と明快に述べて、民主党政権はその大事な分野に市場化路線のレールを引こうとしている・・と指摘。

たとえば、保育は「待機児解消」が言われるが、大切なのは「質」の保証です。子どもは荷物じゃないのです。どっかに入れたらそれでいい・・というわけじゃない。

彼女は「3つの敵」と闘い、真実を見極めて声を上げていこう、女性が笑って暮らせる国を作るために声を上げながら進もう・・!と呼びかけました。

「3つの敵」とは1)メディアの嘘、2)市場化問題(人を商品扱いする考え方)、3)無関心や沈黙。

本当のことを自分で知る努力をして、考えることの大切さや知ったら行動すること、おかしいことにはおかしい・・ということなどいつも私が心がけていることです。共感しながら聞きました。

前回聞いたときよりもより鋭く、コンパクトで明快でした。大切なことはワイドショーやNHK報道の裏に隠されることが多いから、自分で国会の審議を直接知る努力をしよう・・との呼びかけはそのとおり!

「AKB48の総選挙」報道で国民の目くらましをしておいて、「原発の瓦礫処理を民間業者に委託できる法律」が国会で通過した・・・という事実は、その1例・・・。

堤さん、ステキなメッセージをありがとう!そして、さんかく実行委員会のセンスのよさに拍手!いい講演会をありがとう!知的刺激をうけて大いに元気をいただきました。


6月・・・あらためて平和を考える月

2011年6月25日 崎本 とし子 とし子からの手紙

6月29日は「岡山市平和の日」。共産党の提案で「平和都市宣言」もできた。今、「非核平和都市宣言」へのバージョンアップを求めている。大賛成である。

今年も29日に慰霊祭が営まれる。三勲・旭東九条の会は、東山電停でパネル展と署名に取り組む予定 だ。地道に活動している。

市民は、平和運動を続けてきた。「市立へいわかん」をつくる運動は、NPO法人などが自前で勤労者福祉センターに「民間へいわかん」をつくり、運営しながら求め続けてきたものだ。私は当初よりかかわってきた。共産党市議団が深く寄り添ってきたことは言うまでもない。市議会は全会一致で「市立へいわかん」の必要性を採択している。

6月議会で、共産党だけでなく公明党なども取り上げ、市長は「今年中に場所を決める」と明言。やっと動くこととなる。楽しみである。

6月23日は沖縄の「慰霊の日」だった。折りも折り、沖縄戦終結66年目の今年、21日には、辺野古新基地の日米合意が報道され、沖縄の憤りがにじむ発言が相次いだ。

米軍基地はいらない・・・の声を民主党政府は踏みにじっている。

しかし、平和の礎の前で、3世代が手を合わせる姿をみて、道理ある住民の運動は絶対に勝利する・・・!と私は確信している。

岡山市でも石山公園に戦災犠牲者の礎をつくろう・・。平和の日には3世代で手を合わせる「平和公園」にしよう。実現したい・・!と私は思う。岡山空襲の犠牲者は約2000人といわれている。

29日の夜は、ピースキャンドルが禁酒会館で行われる。


島根がんサロン支援塾(7月23、24日)に行ってきます。

2011年6月23日 崎本 とし子 とし子からの手紙

島根県は、地域がんサロンが盛んです。今回、その活動を全国に広げたい・・と行政も入った実行委員会で「支援塾」が企画されました。

私は早速応募し、めでたく参加できるようになりました。

岡山県では地域がんサロンはほとんどなく、これから・・・というところです。

私は仲間3人で、小さな「がんサロン・たんぽぽカフェ」を始めました。手探りですが、必要性は感じています。

先進地に学んで、岡山でも地域でのがんケアサロンを広げたい・・と思います。

岡山市は、がん対策推進条例をつくり、今年ははじめて「フォーラム」が予算化されました。患者会が当事者としてしっかり声を上げ、行政とも一体になってがんケアの仕組みづくりが進むことを願っています。


暑い夏至

2011年6月23日 崎本 とし子 とし子からの手紙

22日は夏至。暑い一日でしたね。

私はこのところ夜が忙しく出かけることが多かったので、バテ気味だったところに真夏日の暑さ・・・。とうとうダウンしてしまいました。

夜9時前から休んで、朝6時までぐっすり・・!これで元気を回復したようです。

我が家の省エネ暮らしの工夫は、緑のカーテンの代わりに農業用遮光シートを導入。

そして、風鈴を出しました。ずっと前に仙台で買った「みちのく風鈴」がいい音で揺れています。仙台に思いを寄せて「元気ですか」と声をかけています。

じっとしていても汗がじっとり・・と出る季節、熱中症には要注意です。


氏平県議の初質問

2011年6月21日 崎本 とし子 とし子からの手紙

県議会の傍聴に行った。10時30分過ぎから氏平議員の初質問が始まった。

傍聴席は満席。

質問項目は8項目。原発問題、防災計画の見直し、米軍の低空飛行問題、介護保険制度、高齢者施設についてなど公約実現のための質問構成だった。

新人とは思えない堂々とした態度で、よく準備されていたいい質問だった。

石井知事は原発問題で、「原発は減らす方向に転換すべき」「今の原発に80%を依存する事態からすれば、安全性の確保が重要・・」などと答えた。

危機管理監は、現在の液状化被害では岩盤構造は考慮していないことを認めた上で、「今後、最新の知見で液状化被害想定を示す・・・」と国の専門家の検討結果を踏まえる・・・とした。

岡山県内の液状化被害想定が真剣なものになるように、共産党議員団に引き続きがんばって欲しい。期待できる・・・と思う。

法人税の引き下げについての質問で、H12年からH20年までで岡山県では総計1300億円の減税になっているとのこと・・・。財源がないから・・・とあちこちの駐車場を有料にしている県がじつは国の方針だから・・と企業の法人税減税をしていることは、納得しがたい・・と思えた。復興財源を今年も法人税は引き下げておいて消費税引き上げでやろうとしていることを思い出し、矛盾を感じたのは私だけではないと思えた。

さて、県議会の答弁席に女性は・・・1人。議員席には女性議員が6人。

氏平質問のときにはブツブツと独語のようなヤジがあり、ザワザワしていたが、自民党の男性議員の質問は静かだった。かつて、近藤さちこさんの質問をききに言ったことがあるがそのときはひどいヤジだった。県議会の品格をこれからも注目していきたい。

これからも県政にしっかり関心を持っていこう!あなたもぜひ傍聴を!


トトロが我が家にやってきた!

2011年6月21日 崎本 とし子 とし子からの手紙

スタジオジブリの作品が大好きです。「となりのトトロ」は、自然が美しく、こどもたちがイキイキと描かれ、トトロにどれだけ癒されたことでしょう・・・。

トトロのぬいぐるみをたくさん持っておられたHさんから、ひとつぬいぐるみをいただきました。

その表情のかわいいこと!気持ちが癒され、のんびりしてきます。

わが孫たちもトトロが大好きです。Hさんが協立保育園に「トトロの家族」を持っていってくださって、保育園は、さながら「トトロ保育園」となっています。

それを喜んでくださるHさんの気持ちに感謝です。ありがとうございます。


100歳を祝う会

2011年6月19日 崎本 とし子 とし子からの手紙

今日桜橋町在住のOさんが100歳になられたことをお祝いする会があった。手作りの心をこめたお祝いの会である。

わたしも大変ご縁のある、いやご恩のあるOさんである。企画からかかわらせていただいた。地縁の懐かしい方と再会をして、とても和やかないい会となった。Oさんの笑顔がなによりだった。

Oさんは5人のこどもを育て、7人の孫に恵まれ、曾孫さんは9人おられるとか・・・。

今も毎日、新聞を2時間かけて読み、社会への関心も強く、頭も体もお元気である。今日も杖をついて、会場に姿を見せてくださった。耳が遠いくらいで、あとは自分のことは全部できる。

Oさんは、顔のつやがよくて、みんなの目標である。これからもOさんらしく人生を全うしていただきたい。いや全うされるに違いない。Oさんの100歳万歳!!

私の目下の目標は70歳まで生きること・・。そうすると、議員より看護師が1年長くなる。「ばーばはね、看護師さんだったんだよ・・」と孫に伝えたい・・。徳のある人にはなれそうにはないが、人をほっとさせることのできる「笑顔」の人になりたい・・・。

「和顔施」は私の大好きな言葉のひとつである。


« 以前の日付