RSS Feed

サイト内検索

こ ん に ち は、 崎本とし子 です

最近のコメント

最近の投稿

カレンダー

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

年月別

記事分類

ページ

カウンタ

[以前のblogから通算:2011年5月14日、79958開始]

メタ情報

お気に入り

ご近所・地域

健康・看護・命

RSS 岡山市公式ホームページ トピックスRSS

RSS 岡山県庁RSS(新着情報)

サイト内検索

岡山愛媛県人会の役員会

2020年1月15日 崎本 とし子 とし子からの手紙

1月第4土曜日は愛媛県人会の総会・新年会です。今年は25日です。

今年も12時からホテルグランヴィアで開催します。ふるさとつながりで集う人々はいろんな出会いがあり、楽しみです。

初めて参加でも大歓迎です。

今日は準備の役員会です。お楽しみの新年アトラクションは「まねきねこ」の皆さんです。津軽三味線、などの演奏と民謡も楽しみです。愛媛の民謡も用意してくださっています。

語り合い、笑って、歌って・・・楽しい時間を過ごしましょう!

 


「ワンチーム」で京都に春を!

2020年1月12日 崎本 とし子 とし子からの手紙

皇帝ダリヤが咲いています。

19日告示、2月2日投票で京都市長選挙があります。

現市長はリニアや北陸新幹線延伸には熱心でも、こどもの医療費助成は府内最低水準、中学校給食の全員実施計画も持たず、敬老乗車証制度も改悪の方向だそうで、景観保護地域に高級ホテルを作る計画やゴルフ場建設で五大の送り火の地域などが荒らされようとしているなど、京都市民には容認できない動きが続いているそうです。

「京都の歴史と文化を守れ!」「暮らしを守ろう!」という!声が上がるのは当然です。今、保守も革新も立場を超えて京都の町衆が立ち上がろうとしています。

「つなぐ京都2020」の弁護士福山和人さんが立ち上がりました。日本共産党、れいわ新鮮組推薦、新社会党、緑の党府本部支持の福山候補と自民・公明推薦の現職の事実上の一騎打ちで、大激戦の様相のようです。

京都は中学校に給食がないんだ・・・と驚きました。

岡山もまた自校方式の優れた給食をセンター方式に変えようとしています。こどもの医療費助成は県下最低です。岡山市長選挙は2021年ですが、再開発には大変熱心な現職市長に対抗する候補者がほしいなあ・・・とふっと思うのは私だけでしょうか。

京都では現職が「そんなお金がない」というと「いやお金ではなくてやる気がないのだ」と反論。(その通り!)

誠治は有権者が作るものです。京都は革新自治体だったところです。日本の政治の春がまた京都から始まることを願っています。

「ワンチーム」で福山候補の勝利目指して頑張れ!

 

 


小児がんフォーラム

2020年1月11日 崎本 とし子 とし子からの手紙

今日はJホールで小児がんフォーラムがあります。

久しぶりに会える人との再会が楽しみです。小児がんで闘病する子どもたちや家族の状況を知り、それを支える人たちの活動を知りたいと思います。訪問看護ステーションエールの平田管理者が報告する予定です。それを楽しみにしています。

今年は年頭からいろんな介護や病気に関する相談が多いです。

「妻がパーキンソン病になり、介護が必要になりよはじめたんだよ。・・・」と不安そうに話す人。

「認知症が気になる。相談に行ける場所はないか・・・」と夫のことを心配する人。

「腰痛で夫が休んでいるが、治るんだろうか…」という不安を持つ人。

「まちの看護師」を目指す私にとり、相談したいと思う時に顔が浮かぶ人になれているとしたらうれしいことです。

もう20年も前に作った歌があります。

*顔見れば ほっと涙が出るような 安心運ぶ人になりたい

たくさんの涙を見てきた私は、ほっとした時に流す涙が心を楽にすると知りました。その人の前では「ほっとする涙」が流せる・・・という「人」になれたらうれしいです。

どんな時も「一人ぼっちではない」と思える社会であってほしいですね。

 


戦争をしてはいけない!

2020年1月8日 崎本 とし子 とし子からの手紙

寒さの中で「アンネのバラ」が咲き、風に揺れています。

「アメリカがイランの司令官を殺害した」「報復としてイランが米軍施設を爆撃・・・」

新年早々緊迫した情報からがラジオがから流れてきました。戦争が始まる・・・という恐ろしさで背筋が寒くなりました。日本はどんな外交努力をしているのでしょうか。

イランの司令官をイラクで殺害するなどというアメリカの暴挙をのなぜきちんと批判しないのでしょうか。報復はするべきではない、武力ではなく外交努力で解決を・・・と憲法9条を持つ日本らしい外交努力はできないのか・・・。

安倍総理の中東訪問は中止されたらしいけれど、年末に閣議決定された自衛隊の中東派遣はどうなのか。なぜ中止しないのか・・・。

すぐに自衛隊派遣を中止すべきです。安倍内閣の外交対応から目が離せないですね。

戦争はいけません。国連機関をはじめ世界のあらゆる国は、「戦争するな!」と声を上げ、外交努力で解決する道を見つけ出してほしい。

いつもいつも苦しむのは子ども、女性、高齢者などそこに暮らす人たちです。戦争しないでください。祈るしかできることが見つからない私です。


6日から仕事始め

2020年1月5日 崎本 とし子 とし子からの手紙

訪問看護ステーション晴で作った在宅療養支援のパンフです。

私の今年の仕事始めは6日です。

今年も一年元気に頑張れますように!

看護師という自分を活かしきって人生を全うしたいと願っています。看護師は私の天職だったといえることができれば幸せです。

たった一つの命、たった一度の人生を自分らしく生きることのお手伝いをする看護の仕事に私は生きがいを感じています。

若いスタッフとともに、新しいチャレンジをする年になると嬉しいです。笑顔で職場に行けることに感謝です。

 


立石憲利さんの「おかやまと桃太郎」を語る会

2020年1月5日 崎本 とし子 とし子からの手紙

保育園で絵本の読み聞かせをしている私です。

岡山シティミュージアムで「おかやまと桃太郎展3」が開催されています。

今日は立石憲利さんが調査した岡山に残された様々な桃太郎噺(はなし)の中から語り聞かせをする講座がありました。

一般的なものだけでなく瀬戸内周辺で語られている山行き型、完結型(めでたしめでたし!)、サルカニ合戦型など、いろんな桃太郎話を語ってくださいました。すごくおもしろかったです。

桃の流れる擬音語は、県内では15種類、中国地方では58種類もあるそうです。(驚きです!)

私は「どんぶりかっしりすっぱいぽー」をよく使いますが、「どんぶりこ」「どんぶりこっこ」「どんぶりこっこすっこっこ」など、リズムのよい、楽しい擬音語があります。私は孫に語り聞かせたくて昔話の語りを始めましたが、もはや地域の子どもたちはみんな「孫」です。桃太郎の話を聞いたことがある子どもの数が増えるといいなあと思います。絵本の読み聞かせとともに今年もコツコツ取り組みたいと思います。

今月9日には福祉団体の集いで民話を語ることになっています。(私は欠席)

24日には他のグループとの民話の語りの会で交流も予定しています。24日私は「ねずみの振袖」を語る予定です。今年もいきいきサロンや子どもたちの会で楽しい時間をたくさん持てますように!

ご希望があればご連絡ください。


孫たちの成長を感じた3が日

2020年1月4日 崎本 とし子 とし子からの手紙

1日から3人の子どもたち家族が集い、にぎやかにお正月の3が日が過ぎました。7人の孫たちも元気に集いました。

仏さんに手を合わせ、新年のあいさつができました。夫が元日の誕生日なので、お祝いをしました。歌を歌って、ケーキをいただき、寄せ書きのメッセージカードをもらいました。16日が誕生日の私にも「少し早め」のバースデーカードをくれました。(感謝!)

「ばあば、公園に行こう!」公園では、「ヨーイ、ドン!」でかけっこ開始。久しぶりに走りました。(つかれたよ~!)

大人は箱根駅伝を楽しみながら、子どもたちは折り紙、福笑い、すごろく、トランプでは様々なゲームを楽しみました。中でも盛り上がるのは「大富豪」。5歳、3歳の孫たちが帰宅して、6か月と3歳が昼寝すればもはや「大富豪大会」です。私は、しばし休憩。とにかく14人分(一人は乳児)の食事を用意しながら、遊んで、あっという間の3が日でした。

今年は夫が大活躍で、おでんの仕込みからビーフシチューの仕込みなど準備で頑張りました。おかげで私は孫たちと遊ぶ時間ができました。片付けもいろんな人が助けてくれ、おやつ作りも孫たちが手伝い、それぞれに成長した姿を確認できました。孫息子の味噌汁は上出来でした。(宿題だったらしい)

小さい人を大きい人が見たり、遊んであげたり、我慢したり、ケンカをしても自分のいやなことをちゃんと伝えたり・・・。みんなそれぞれに大きくなったね。(うれしいです!)

私が子どもたちに伝えているのは「笑顔で暮らしてください」ということ。いろんなことがあっても健康で、笑っていればいいことがある・・・と思います。笑門来福、今年がいい年になりますように!

 

 


あけましておめでとうございます。

2020年1月1日 崎本 とし子 とし子からの手紙

2020年のなりました。あけましておめでとうございます。

夫の誕生日です。73歳おめでとう!今年もお互いに元気に過ごせるようにとあいさつを交わしました。

2021年6月の「リレーフォライフ岡山」実現を目指して、今年は邁進します。2021年は岡山市がん対策推進条例が施行されて10年目に当たる記念の年です。私は10年生かされていることに感謝し、亡くなった人たちを追悼し、社会全体でがん対策を推進する行事として岡山でのリレーフォーライフを実現したいのです。

メッセンジャーナースとして、いろんな人をつなぎ、がん患者の流す涙を一粒でも少なくするためにがん対策を推進したいのです。

新しい年、新たな目標に向かいワクワクしています。

政治分野では、総選挙で日本共産党大躍進!という年にできたらいいなあ・・・と。自分のしていることが微力ながらも無力ではないと信じて、あきらめずに自分らしく歩き続ける年にしたいです。今年もよろしくお願いします。


手作りおせちを43年間続けています。

2019年12月30日 崎本 とし子 とし子からの手紙

結婚して今年で43年。結婚してから義母と一緒に、年末には手作りおせちを作るのが我が家の習慣でした。

協立病院で看護師をしていた時から正月は働いても年末はおせちづくりをする・・・というのが私の恒例行事となりました。

議員になり、年末警戒の消防団訪問を終えると、夫の実家へ家族みんなで泊まり込みでの正月準備に行きました。(2日からはあいさつ回り)

31日の昼はお好み焼きが定番で、夕飯はぶり大根(正月用を取ってからぶりのアラを使う)を炊いてみんなでいただいたものです。おせちの前倒し試食もしました。義母と「おいしくできたね」と微笑みあいながら・・・。

義母とのおせちづくりは、すごく楽しみでした。練炭火鉢でほうろくを使い作る田作り、きんぴらごぼう、手綱こんにゃく、高野豆腐の含め煮、黒豆、酢レンコン・・・。わが子たちは煮物が大好きになりました。私がどんなに忙しくても一緒におせちを作ることを義母はとても喜んでくれました。「今年もできたね。」と笑う笑顔を私は忘れません。いろんな話をするのも楽しくて、小さいときの話から最近の出来事までいっぱい話を聞きました。(私も楽しかった!)

義母が健在な頃は、3人の子どもとその家族、孫やひ孫が1日に実家へ集まるのが習慣で、総勢30人を超えるようになりました。その賄を私はしてきました。義母が亡くなって、その習慣はそれぞれの家族に分かれてすることにしました。(人数が多すぎて部屋に入らない)

今、我が家は3人の子どもと家族が集まり、総勢15人(今年1人孫が増えた!)です。集まれるようにと今年はリビングをリフォームしました。

今年もおせちを作りながら義母との楽しい時間を思い出しています。おせちづくりは夫と2人でしています。孫たちが大きくなれば誰かが一緒にしたいというかも・・・です。

3が日のメニューを考えて準備しています。2日には15人がそろって新年のあいさつができることを楽しみにしています。


がん患者団体と市議会議員さんとの懇談会します。・・・2月7日(金)、15:00~

2019年12月29日 崎本 とし子 とし子からの手紙

ほぼ毎年度行っているがん患者団体と市議会議員さんとの懇談会を2020年2月7日(金)15:00~、市議会内で行いことになりました。保健福祉委員長の林敏弘議員とご相談してきましたが、先日日程が決まりました。

2011年に政令市ではじめてがん対策推進条例が議員提案で成立しました。全会一致での成立の時、議場にいた私はどれほど胸が高鳴ったことか・・・・。、その後は条例に魂を吹き込むのはがん患者当事者の活動だ‥‥と考え、コツコツと当事者としての活動を続けてきました。がん患者の生の声を直接議員さんに届けるのも大切な活動の一つだと考えてきました。そして議会でがん対策はいろんな議員さんにより取り上げられてきました。本当に感謝です。

もちろん当局の支援を忘れたことはありません。移動がありますが、都度お話してきました。

2021年はがん条例が施行されて、10年の節目です。市民、行政、メヂィア、企業、専門家、教育関係者、そしてがん患者関係者(サバイバーや家族、遺族)などがともに作る「リレーフォーライフおかやま」を誕生させたい!!

毎年、生きていることを喜び、亡くなった人を追悼し、がんと向き合う社会(岡山)を作っていくイベントを定着させたいのです。がん条例を「体現」するものになると思います。

がんになっても一人ぼっちじゃないよ・・・というメッセージを発信していきたいのです。今回の懇談でまず議会との認識を共有したいと思います。議員さん方とお会いするのを楽しみにしています。よいお年を!


« 以前の日付

新しい日付 »