RSS Feed

サイト内検索

こ ん に ち は、 崎本とし子 です

最近のコメント

最近の投稿

カレンダー

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

年月別

記事分類

ページ

カウンタ

[以前のblogから通算:2011年5月14日、79958開始]

メタ情報

お気に入り

ご近所・地域

健康・看護・命

RSS 岡山市公式ホームページ トピックスRSS

RSS 岡山県庁RSS(新着情報)

サイト内検索

結婚記念日・・・45年です。

2021年10月11日 崎本 とし子 とし子からの手紙

10月10日、私たち夫婦は結婚して45年になりました。

娘がお祝いケーキを届けてくれました。そうだった・・・と笑いながら、2人で思い出した次第です。

45年も経ちましたか。お互いに認め合いながら生きてきました。やりたいことはやりながら、それぞれに健康で長生きしましょう!

来年4月には、8人目の孫が誕生することがわかり大喜びです。私たち2人の命3人の子どもを生み出し、8人の孫の命につながっています。幸せです。

いろんな子がいるけれど起きていることが一番です。これからも笑って暮らせますように!

 


素敵な共産党の政策チラシ

2021年10月11日 崎本 とし子 とし子からの手紙

「視野を広げて、外の世界を見てみよう。きっとあたらしい発見がある。」

という見出しの素敵なチラシがあります。

日本共産党の政策チラシです。

気候危機、コロナと暮らし、ジェンダー平等、平和のこと、高い学費、選択的夫婦別姓、資本主義ってゴール?、給料のこと・・・の見出しに続き、共産党の政策はどうなっているのかの政策につながります。

選挙に行こう!そのためには知ることが大事。やっていることも知らないといけないけれど、知ろうとするはじめの一歩になるといいなあ・・・と思います。今日は、配布に出かけます。

この素敵なチラシを作ってくれた若い仲間に感謝です。


お話が上手になってきた2歳の孫息子

2021年10月10日 崎本 とし子 とし子からの手紙

2歳はお話し上手になる年ごろです。

活舌がよくなり、お話ができるようになります。我が家の2歳もまさにその時期です。

まん延防止措置が終了し、お父さんがお店を通常営業にしたので、夕食を一緒に食べる機会が増えてきました。

お母さんは看護師さん。夜勤もあるし、忙しい・・・。サポートが必要になります。1か月余は感染拡大で終日休業していたお父さんがいたので保育園の送り迎えから、食事の用意までお父さんがしていました。できる人がするのはいいことです。

しばらく会わなかった孫たちですが、久しぶりに会うと、少し背が高くなったようだし、お話が上手になったようです。

「日本語」で話せるようになりました。まだごにょごにょという時もありますが、うれしいね。いろいろ話ができるようになると、一緒に楽しめることが増えますから。

孫たちを見ると、この子たちが幸せに暮らせる環境を作りたいと思います。「自分のしたいこと」を見つけて自分らしく生きることができますように…と思いながら、ばあばは「今」世の中を少しでも良くするためにがんばります。

 


衆議院選挙の選択の物差し・・・政党助成金を受け取ってい受け取って受け取っているか

2021年10月9日 崎本 とし子 とし子からの手紙

衆議院選挙です。31日投票です。

比例代表選挙では政党名を選びます。信用できる政党はどこか。

私は政党助成金の受け取りをしているかしていないかは一つの基準だと思います。

政党助成金とは議席の数により配分される政党への税金のことです。政党が税金で活動する仕組みが日本にはあるのです。その総額は年間約360億円・・ぐらいだったと記憶しています。

この仕組みができたとき、企業献金を禁止する・・・という触れ込みでしたがそれは実現していません。自民党は1年間で使い切らなかった税金を返さず貯金して選挙などの時に使っているようです。(税金は使わなかったら返せよ!)

その税金を党が配分するので党幹部には歯向かえない?・・・のかな。公認されないと当選できないと思うのかおかしなことにも目をつむる・・・・。そして政党が腐っていく・・・。自民党は憲法を変え、うそをつき、都合の悪いことは平気で隠し、公文書を改ざんして官僚を自殺に追いやっても平気な政党になってしまいました。

さて、政党助成金を受け取っていない政党が1つだけあります。日本共産党です。思想信条にかかわる政党活動に税金を分配することは憲法に抵触するというかんがえです。。

私は私の払う税金が自分の支持しない政党の活動に使われるのは納得できません。

政党は自分で党費や募金などを集めて活動できます。小さな日本共産党ができることを大政党にできないはずはありません。やる気がないだけだと思います。コツコツと頑張り、苦労して活動資金を作ることなしに国民の苦悩に共感できるでしょうか。

共産党がどこに遠慮することなく発言し、スクープをすることができるのはそういう体質から生まれるものだと思います。自立していることは政党として大切です。

維新の党などが議員歳費に削減などを口にしますが、それより先に政党助成金を廃止するほうがよほど財政効果があります。

税金の使い方を決める国会議員の選択に「政党助成金の受け取り」を物差しにするのはわかりやすいと思います。やっぱり共産党がいいね!共産党は「に幸せをみ出す」ですから!

政党助成金よりコロナ禍で苦しむ国民の暮らしへ税金を使ってください!

 


岸田総理への手紙・・・サーロー節子さんと赤木雅子さんの心が届きますように。

2021年10月8日 崎本 とし子 とし子からの手紙

旭東学区の氏平三穂子事務所(兼共産党後援会事務所)です。看板は引き続き設置しています。

さて、岸田総理は「聞く力」がある・・・とか。

岸田総理に手紙を出した2人の人がいます。核兵器禁止条約の批准を求めた被爆者のサーロー節子さんと森友改ざん問題で自殺に追い込まれた赤木俊夫さん(岡山出身)の妻雅子さんです。

サーロー節子さんは広島出身の岸田総理に核兵器禁止条約の批准をしてほしい。来年の締約国会議にオブザーバー参加してほしいと求めました。当然です。切実さがわかる気がします。

赤木雅子さんは「再調査」を申し入れ、「自分の夫がなぜ死ななければならなかったのか」を置きらかにしてほしいと・・・。これも切実で当然のことです。

「聞く力」を持つという岸田総理。さて、この二人にどう変身するのでしょうか。

聞置くだけで聞くふりをするだけなら安倍総理と同じです。「聴く力」で受け止めて総理という権限を活かして実行に移してほしい。それができるポストにつかれたのですから。

聴くのは「あ」のつく人だけ・・・なんて、国民は納得できません。

日本の政治を壊した自公政治(隠す、うそをつく、説明しない)は、法治国家を壊し、命をうばい、貧富の格差を広げました。

もう自公政治はごめんだ!総選挙は大切な選挙になってきました。

私は政党助成金を受け取っていない日本共産党を応援します。


叱られてばかりはしんどいよね。・・・10歳の孫息子のこと

2021年10月7日 崎本 とし子 とし子からの手紙

10歳の孫息子は大規模校へ通っています。3年生のころから、なんだか「よくしかられる」と言っていました。それでも元気に登校していました。

コロナ禍で4年生になって、学校を休むことが増えてきました。私はその様子が気になっていました。2学期の目標は「休まず学校へ行くこと」でした。でも10月に入り、朝になると「学校やすむ」と。夜になると「明日は学校へ行きます。」というけれど、朝になると「やはりやすむ・・・」と。

自分でもよくわからない「心情」なのだろうと思います。

さあ、どうするかな・・・。

私は「大規模校の弊害」を気にしていました。姉や兄は勉強が得意だったり、スポーツ万能だったりで自己肯定感が強いのですが、末っ子の孫息子は「普通」の子です。私はいいところがいっぱいあるので、ほめ育てをしてきましたが、本人はどうなのだろう・・・。

「ゲームがしたくて学校にいかない」だけじゃない・・・と思えるのです。ゲームよりもっと楽しいことをいっぱい体験できるといいのにね・・・・。

私には7人の孫たちがいますが、一人一人違うその子たちが困難にぶち当たったときにどう乗り越えるのか。それが成長だと見守ってきました。10歳の孫はこれから私の楽しい孫育てを体験させてくれるのではないか・・・と思います。

どの子も必ず成長します。私はその子にいっています。「よく寝て、よく食べて、朝はきちんと起きる。それだけしてね。そしたら大丈夫だから・・。」と。

人として生きていることが大切です。いろんな子どもがいていい。愛して、信じて、待つ。

孫育ても自分が試されている気がします。神様は乗り越えられない試練は与えない・・・と思える人になってほしい。


真鍋淑郎氏(愛媛県四国中央市出身)がノーベル物理学賞受賞!・・・すごい!

2021年10月6日 崎本 とし子 とし子からの手紙

愛媛県四国中央市出身の真鍋淑郎氏がノーベル症物理学賞を受賞されました!

愛媛県出身・・・という報道を聞いて、同県人としてはまるで親戚の人が受賞したような気分になり、うれしくて仕方がありません。

先生の出身地である旧新宮村はお茶の産地で、濃い霧が目に浮かびます。自然豊かで空気のおいしいいいところです。

地球温暖化の先駆的な研究ということで、時代を先取りした研究であったのだろうと感じています。内容については学んでみたいと関心を持ちました。

90歳とのこと。お元気で、「妻がいてくれたから続けられた」と語る言葉も印象的です。基礎研究費が削減されて、日本の研究者の現状は厳しいですね。政治を変えて必要な学術研究費の確保を!と願っています。

とにかく、おめでとうございました。


山陽学園大学の学生支援に76人来場

2021年10月5日 崎本 とし子 とし子からの手紙

ハンドシェイクプロジェクト岡山で、山陽学園大学での学生支援を続けています。

4日に学生ホールを貸していただき、実施しました。

学生は久しぶりの登校だったようで、76人の学生が来場しました。50キロのお米はあっという間になくなり、日用品から消耗品まで開始30分でほぼなくなりました。病院のアルバイトの紹介チラシも配布したところ、関心を持つ人がいました。飲食だけでなく病院などでもアルバイトができることを知らせることができてよかったです。

貧血だという学生もいて、健康が気になりました。個別支援もできることを知らせました。

大学の協力もいただいて、次回は11月8日、14:30~実施することにしました。引き続き、皆様のご支援をよろしくお願いします。

支援をしながら、目の前の学生の難渋認可は支援できるけれどやはり政治が支援の仕組みを作ることが必要です。コロナ禍はまだまだ続きます。早くこのような支援が必要なくなるときが来てほしいと願っています。


いよいよ総選挙・・・今日は朝から「なにより いのち」の政策チラシを配布

2021年10月5日 崎本 とし子 とし子からの手紙

岸田内閣が発足しました。あまり支持率がよくないようです。「期待できない」と思う人が多い理由は、自民党人事や閣僚の顔ぶれ・・ですかね。安倍、麻生、甘利の3人衆が陰で操る政権はいただけません。国民はそれを見抜いているのだと思います。

総選挙は31日投票と決まりました。

私は比例代表で日本共産党と書く人を増やしたい!政治を変えて命を大切にする政府を作りたい!政治は変えることができると信じています。みんなで投票に行って政治を変えましょう。

今朝は「なにより いのち」の日本共産党の政策チラシを配布しました。心を込めて「読んでくださいね」と願いながら・・・。

日本の政治をよい方向へ変えたいです。「困った人にやさしい政治」がいいですよね。


中区市議補欠選挙・・・やどめさん当選ならずも、過去最高の得票!(11297票、得票率29.9%はすごい!)

2021年10月4日 崎本 とし子 とし子からの手紙

市長選挙と中区市議補欠選挙が終わりました。やどめさんの得票は11297票、得票率29.9%で中区の共産党公認候補の得票としては最高です。3人に一人がやどめさんを入れたことになります。すごいです!!私はこれからも「女性議員を増やそう!」と応援を続けようと思います。

投票率は35%の足らず、低投票率でしたね。これが残念です。市民の3人に一人しか選挙に行かないのですから。

税金は払うだけ・・・という人が3分の2もいるんです。

こんなに命を痛めつけられているのに、投票に行かないのはダメ!ダメ!

今度は衆議院選挙です。11月7日投票か・・・と予想されています。

自分の命を自分で守るための選挙です。

自民党は自浄作用がないことを示しました。安倍、麻生、甘利・・・という古い体質そのままの政権が今日生まれそうです。

広島出身でも岸田総裁は核兵器禁止条約採択の時に政府として代表を送らなかった当時の外務大臣。黒い雨裁判の40年の闘いにあたっては「気のせいだ・・・」と被爆者の声を全く聴こうとしなかった人です。「聴く力」を持ち合わせているのかどうかどの声を聴こうとしているのか・・・ということですね。

同じ広島出身ですが、大平よしのぶさんは「寄り添う」ことができる人。40年の闘いの寄り添いながら決して自分がやったとは言わない・・・。

日本共産党は、「日本の政治がよくなればいい」とひたすら献身する政党です。こういう政党を大きくしないと命や暮らしは守れないですね。


« 以前の日付

新しい日付 »