RSS Feed

サイト内検索

こ ん に ち は、 崎本とし子 です

最近のコメント

最近の投稿

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

年月別

記事分類

ページ

カウンタ

[以前のblogから通算:2011年5月14日、79958開始]

メタ情報

お気に入り

ご近所・地域

健康・看護・命

RSS 岡山市公式ホームページ トピックスRSS

RSS 岡山県庁RSS(新着情報)

サイト内検索

旭東学区社協主催の健康ウオーク大会

2018年11月24日 崎本 とし子 とし子からの手紙

ええとこ発見図を作成して以来、それを活用して健康ウオークに学区で取り組んでいます。

今日はウオーキング大会でした。

愛育委員会は健康チェックを担当。骨密度測定や血圧測定をして検診の呼びかけをさせていただきました。

国保連合会からお借りした國密度測定器で測定し、私が結果説明をさせていただきました。

お試しに測定した夫の骨量は判定1で「十分」、私も判定2で「平均的」でした。運動量の差で判定が分かれたと思います。週2回のテニスが良いのでしょうね。

私も何か運動を始めるといいかも・・・と考えているところです。

旭東コミュニティーハウスの隣の国清寺の紅葉が素晴らしく、心静まる美しさです。季節の移り変わりを楽しみながら、河川敷を歩き、街中歩きを楽しむウオーキング大会は無事終えることができました。

最高のお天気で、気持ちの良い一日になりました。


たんぽぽカフェが山陽学園大学で公開講座・・・テーマ「がんとともに生きる」

2018年11月21日 崎本 とし子 とし子からの手紙

今日は地域がんサロン・たんぽぽカフェが開催する公開講座の日です。今年最後の公開講座です。

看護学生とともに、がん患者体験を聞き、家族の話を聞き、専門家の話を聞いてグループワークをします。

看護学生にとって当事者の話はとてもいい学習になるようです。合わせて家族も「第2の患者」だということを知ることができます。それに寄り添うために看護師はどうすることが必要か・・・を専門家の実践から学びます。今日は訪問看護ステーション晴の赤瀬佳代さんが参加してくれます。

私はグループワークが楽しみです。学生の素直な感想を聞きながら、私の体験から看護師になっていく学生へのメッセージを伝えたいと思います。

ささやかな活動ですが、意味のある活動だと受け止めています。ニーズがあるならばこれからも継続していきたいと思います。


認知症当事者が当事者の話を引き出すオレンジカフェ・・・三豊市立西香川病院の取り組み

2018年11月18日 崎本 とし子 とし子からの手紙

17日、医療生協主催の認知症学習会がありました。丹野さん(若年性アルツハイマー病・仙台市在住)の話も興味深く聞いたことがあります。

今回は脳血管性認知症と診断された渡辺康平さんとお連れ合いの話を聞きに行きました。ご夫婦は西香川病院で非常勤の認知症相談員をしておられます。週1回開く院内オレンジカフェにかかわっておられるのです。

病名を知った時の衝撃、うつ状況になった時の苦しみを体験し、妻の支え(大切な夫だからとにかく尊厳を尊重して寄り添う)で、自分を取り戻していった様子が語られました。正しい病気の知識を持つこと、できないことよりできることに目を向けること、近所にも知り合いにもオープンにして協力を得たこと・・・など、共感できることばかりでした。

がんという病気もそうですが、病気は隠すことではありません。しかし、世の中の偏見や間違った知識のもとで、自分たちだけで抱えてしまいがちです。

みんながきちんとした情報や知識を持ち、たとえ病気になっても自分らしく生きていける社会が作れたらいいなあと思います。私はそのために微力を尽くしていきたい・・・。

病気を持った時こそ、その人の生き方や人間力が試されます。どう生きてきたのか、どう生きていくのか・・・。「自分らしい生き方」をしっかり持って、どんな時も自分の人生の主人公は自分でいたいものです。


18日はミカン狩り(共産党中区後援会主催)へ

2018年11月14日 崎本 とし子 とし子からの手紙

毎年この時期になるとミカン狩りがしたくなります。私は愛媛出身ですから。

毎年、共産党中区後援会(ハンドの会)主催でミカン狩りが企画されています。恒例になったこの行事には家族連れが参加します。家族連れ行事で共産党の議員さんを身近に感じてほしいと思います。

「ミカン狩りはしたことがない」という人が多く、一度行くとすごく楽しかっ!と評判に!

毎年行くから誘ってください!・・・という人も出て、企画する側としてはうれしい限りです。うれしいです。

今年は18日(日)に実施予定。ミカン畑で、ワクワクしながらミカンを取る子どもたちの様子に、「食育になるな」と私はニンマリ。果物がどういう風になっているかを知るいい機会ですから。

自然はいろんなことを教えてくれます。これからも続けていきたいと思います。辻津10:30に黒井山駐車場(こちらから左側のほう)に集合です。大人1000円、小学生以上の子どもは500円です。

当日集金します。現地集合で現地解散なので、気楽にご参加ください。

お天気はまずまずのようです。ご参加をお待ちしています。連絡先:崎本(090-5263-1275)


愛育委員会中区会長会と「乳がん」研修会(土居原先生の講演)

2018年11月12日 崎本 とし子 とし子からの手紙

今日は愛育委員会の活動日です。

朝から中区会長会、午後は愛育委員さんにも参加いただいて、乳がんの研修会です。岡山大学の土居原教授が講演をしてくださいます。

乳がんはまだ子宮がんとともに検診受診率が低く、若い世代から罹患するために社会問題となっています。乳がんという病気で命を落とさないためにするべきことを学びます。

12月末までががん検診の期間です。

もう受診はお済ですか。まだの方はぜひ今からご予定ください。

がんは「がんになったよ」とは教えてくれません。自分が見つけに行かなくてはならないのです。がんは早期発見で平均約70%の生存率(5年)です。早く見つけて命を守りましょう!!


岡山マラソンのボランティア

2018年11月11日 崎本 とし子 とし子からの手紙

今日は岡山マラソンの日です。

私は旭東学区の愛育委員会からボランティアに参加します。毎年恒例のことになってきました。

マラソンの沿線学区はどこも各種団体が食事の提供や救護などのボランティア参加をしています。

旭東でも東山中学校のブラスバンド演奏をはじめ、沿道から声援を送ります。

天気は上々です。朝は少し寒いようですが昼間は21度とか・・・・。昨日「まちの保健室」に、兵庫県から参加の方がお見えになり、健康チェックをさせていただきました。「35キロ地点のあたりでボランティアしていますよ」と話すと、「35キロのあたりですね。」と念押し。再会できたらうれしいです!

今日も無事に完走できる人が多いことを願っています。どうぞ無理をしないで、楽しんで走ってください。


看護協会の「まちの保健室」へ

2018年11月10日 崎本 とし子 とし子からの手紙

看護協会は毎週土曜日に、高島屋の地下2階の一角を借りて「まちの保健室」を運営しています。

私は開設当時からボランティアをしてきました。今日はその日です。12:45~16:00まで血圧を測ったり、骨密度を測ったり、健康相談にのったりします。

知人と必ずと言っていいほど出会います。

「何してるの?」

「看護協会のボランティアだよ。私は看護師だから・・・!」と答えます。

話している暇がなく残念ですが、議員をしている時からずっとしている活動で、看護師という職の自覚をもって参加してきました。

さあ、今日もどんな出会いがあるでしょうか。楽しみです。

 


玉野高校のがん教育へ参加

2018年11月7日 崎本 とし子 とし子からの手紙

がん教育が中学、高校で始まっています。

私は毎年玉野高校のがん教育に参加させてもらっています。自分の体験(告知の時の受け止め方、向き合う時に必要なこと、今をどう生きているか)を踏まえて、「困難にぶつかったとき、どう向き合い、乗り越えるか…」を伝えています。「正しい情報を持つことの大切さ」を伝え、予防のためにできることを知る機会になればうれしいです。

今日は「がん教育」へ行く日です。心を込めて自分の言葉で伝えたいと思います。

 


DV防止サポートシステムをつなぐ会・岡山がDV啓発パネル展と被害者支援バザー

2018年11月6日 崎本 とし子 とし子からの手紙

めずらしい青いバラです。

5日、岡山市役所のロビーで毎年恒例となったDV啓発パネル展と被害者支援バザーを行いました。

党派を超えた県下の女性議員と市民の共同でDV対策を続けています。

バザー用品を提供してくださった皆様、買い物をしてご協力いただきました皆様、ご支援いただいたすべての皆様に感謝です。ありがとうございました。

いいパネル(沖縄県のもの)ができたので、これからの啓発に役立てていけるといいなあと思います。

いろんな暴力に苦しむ人が減るように心から願っています。暴力を許さない社会環境を作り、一人一人の人権感覚を磨いて、理不尽なことに向き合っていかなければなりませんね。そのためにこつこつ頑張ることも私のライフワークの一つです。


3日はメッセンジャーナース総会・・・姫路日赤病院で

2018年11月1日 崎本 とし子 とし子からの手紙

年に一度のメッセンジャーナース総会があります。私は2013年12月にメッセンジャーナースの認定をいただきました。がんサロンの運営をしていた私に、患者に寄り添う看護師になってほしいと背中を押してくれた人がいたのです。医療者と患者さんの認識のギャップを埋めて「たとえがんになっても自分らしく生き抜くことができる岡山にしたい」と思い、今では社会的な環境もよくしたいと活動をする看護師を目指しています。

今年は姫路日赤病院で行われます。私は受付担当です。皆さんに一番にお会いできます。うれしい!

午後は市民公開講(13:30~16:10)です。

樋野先生(順天堂大学・がん哲学外来)の講演、がん患者当事者としてライオンハート岡山(肺がん患者会)の田中さんの話、私は田中さんとのトークを担当します。

そのあとグループワークをして村松先生(メッセンジャーナース認定協会)のまとめです。報道の取材もあるようです。どなたでも参加できます。

年に一度、元気な仲間との出会いにを楽しみにしています。看護師としての自分を生かすために、もうひと頑張りしたいと思います!


« 以前の日付

新しい日付 »