RSS Feed

サイト内検索

こ ん に ち は、 崎本とし子 です

最近のコメント

最近の投稿

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

年月別

記事分類

ページ

カウンタ

[以前のblogから通算:2011年5月14日、79958開始]

メタ情報

お気に入り

ご近所・地域

健康・看護・命

RSS 岡山市公式ホームページ トピックスRSS

RSS 岡山県庁RSS(新着情報)

サイト内検索

7人目の孫1か月を過ぎ、体重1キロ増!

2019年7月25日 崎本 とし子 とし子からの手紙

孫息子が誕生して1か月が過ぎ、1か月健診に行きました。体重が1キロ増えていました夜間も5時間眠るときもあり、落ち着ています。

今日からおかあさんの実家へ里帰りです。

大きくなってたくましくなった子を見て喜んでくれるでしょう!

新生児の成長は本当にすごいですね。

無事に周産期を過ぎて安心しています。お母さんの体調も回復して、順調です。なにより、なにより・・・です!!

久しぶりの赤ちゃんからエネルギーをもらいました。明日からは少し時間がとりやすくなります。やりたいことを計画的に実行していきたいと思います。


改憲勢力の3分の2到達を阻止・・・・共産党躍進ならず残念

2019年7月22日 崎本 とし子 とし子からの手紙

参議院選挙が終わりました。伸びてほしいと思っていた日本共産党は1議席減で、仁比そうへいさんが落選・・・。言葉がありません。残念です。

そんな中で、改憲勢力が3分の2に到達できなかったことは不幸中の幸いでした。

史上2番目に低い投票率(50%以下)、増税は反対が多いのに

増税勢力が半数以上を取る不思議。

消費税増税が実行されれば、不況は間違いなしにやってきます。経済は落ち込むでしょう。今でも政府には思いとどまってほしいと思います。

改憲スケジュールは見直しになりますが安倍政権の執着は尋常ではないので、目が離せません。これからも地道な運動に取り組んでいきたいと思います。

沖縄は揺るぐことなく基地反対の候補が当選!すごいです!

「勝つためにはあきらめないこと」という沖縄の戦いの合言葉を見習いたいと思います。

 


投票日・・・憲法9条を変えようとする人たちが半数以下になるといいね!

2019年7月21日 崎本 とし子 とし子からの手紙

今日は参議院選挙の投票日です。

私は期日前投票を済ませました。空模様は曇り。一人ではできないことがみんなでならできた!という結果になるよう願っています。

憲法9条を変えようとする人たち(政党)を選ばない、嘘をつく人(政党)は選ばない、弱い人や少数意見を踏みにじる人(政党)は選ばないというのは私の選択基準です。

さあ、12年に一度の地方選挙と連続選挙の年の参議院選挙投票日。あなたの1票が政治を動かします。政治を動かすことをあきらめないで、投票に行きましょう!

みんなで政治を変えることはできます。


岡山に志位さん(共産党委員長)がやってくる!・・・17日、12;20~、駅西口ですよ!

2019年7月16日 崎本 とし子 とし子からの手紙

参議院選挙は終盤戦に入りました。

年金・社会保障問題は一番の関心事です。消費税増税は3位だと・・・?

先日94歳の方の声。

「70過ぎまで懸命に自営業で働いてきたけど、年金は少ない。年金を減らすのではなく増やしてほしい!共産党に頑張ってほしい」と。

これまでの介護や病気体験などの切実な話を聞きました。本当に懸命に生きてこられたのです。アベ政治は90歳代からこのような声を出させる政治なのです。

さて、共産党の志位さんが岡山に来るのをご存知ですか。17日、12:20~西口です。ぜひ話を聞きたい!あなたも聞きに行きませんか。


共産党の中小企業支援に希望・・・中小企業の社会保険料支援でがん患者の「仕事と治療の両立」が進むよ!

2019年7月14日 崎本 とし子 とし子からの手紙

選挙で中小企業支援を訴える共産党の演説を聞きました。

今の7億円しかない中小企業支援を増やして、社会保険料負担を支援する、最賃引き上げのために中小企業を支援する予算を増やすなど具体的に提案しています。

がん患者の治療と仕事の両立支援は切実な願いです。そのために産休と同じように治療中の中小企業の社会保険料を免除するの仕組みを作れば、会社の負担が減るので、解雇や退職を減らせるのではないか・・・と思います。岡山は中小企業の町です。そこに努める人が多い中で、中小企業支援が進めば「退職」の道を選ばなくても済むと私は思います。

共産党の政策に希望を持ちました。ぜひ大きくしたい!

比例代表は日本共産党がいいですね!

 


蝉の声

2019年7月9日 崎本 とし子 とし子からの手紙

車で走っていると蝉の声が聞こえてきました。まだ梅雨明けでもないのに、セミが鳴き始めた・・・と思い、今年も何やら異常な気象状況が気になるこの頃です。

先日プラスター宣伝をしていた時のことです。年配の男性が近づいてこられました。

役に立たない国会議員はいらない・・・と怒りを口にされ、「あんたんところ(共産党)に天下を取ってほしい!」と。

国民の役に立ち、国民のためによく働く国会議員がたくさんほしい!・・・というはみんなの願いです。

元維新の会所属の丸山議員はまだ国会議員を辞めていません。憲法違反の言葉を口にして国民から批判を浴びても、議席にしがみついている・・・!自分の言ったことの問題点に気づくことができない人のようです。税金で年間2370万年余の給与を手にしている議員にふさわしいのかどうか・・・。私の答えは否です。

選挙の時には、見極めないといけないことがありますね。有能なことと何ができるかは別問題です。政治とは弱きを助け、強きをくじくものだと私は思います。憲法の理念を信念とする国会議員が増えることを願っています。共産党は綱領で「憲法の理念を活かす」「と明記しています。信用できると思います。


共産党「減らない年金を!」・・・いいね!

2019年7月8日 崎本 とし子 とし子からの手紙

参議院選挙の争点の一つは年金問題。

今の日本の年金は少なすぎて暮らせない、しかも減り続ける・・・というもの。「マクロ経済スライド」という仕組みです。

制度は「100年安心」だけど、暮らしてはいけません・・・という制度。制度だけ残して、役に立たない制度にしたのでは何にもならないですよね。

そこに切り込んでいるのが「減らない年金に!」という共産党の政策です。まずは減らない仕組みにしてに、上乗せをしていく・・・というものです。財源の確保の仕方も提案しているのが共産党らしいところです。詳しくは共産党のホームページへアクセスを!

選挙に関心を持ち、投票に行くことから始めませんか。

どの政党の政策が「希望」を感じるのか。そこを選んで投票しましょ!


選挙に行こう!

2019年7月7日 崎本 とし子 とし子からの手紙

参議院選挙の期日前投票が始まりました。

今回の争点はわかりやすい!

みんなで投票へ行きましょう!

私は新生児がいるのでこれまでのように選挙運動ができませんが、家族や訪ねてくれる人といろいろなことを話す時間は増えています。携帯電話で友人と話したり、相談事で電話のあった人にお願いしたり、「動かなくてもつながっている人とはなすことはできるなあ」と。

一人でも多くの人に日本共産党と政党名を、選挙区は原田ケンスケと書いてほしい!

一人の声は小さいけれど、みんなの声を合わせれば声は届く!

8日には中区役所前でプラスターを掲げて、声を上げようと共産党後援会が呼び掛けています。我が家も夫か私のどちらかが参加予定!

自分の問題として選挙を受け止め、選挙に行きたいと思います。


崖から落ちたくない!・・・日銀短観で2期連続悪化

2019年7月4日 崎本 とし子 とし子からの手紙

7月1日に日銀短観が報じられました。結果は「2期連続の悪化」です。米中の貿易摩擦の影響も懸念されています。

この状況で自民党と公明党は消費税を上げると公約!信じられません!

いつだったか総理補佐官が「国民を崖に連れていくわけにはいかない。7月1日の日銀短観の結果を注目・・・」と発言していましたね。

注目の日銀短観が悪化したことを安倍政権はどう考えるのか。

経済のどの指標もよくはありません。こんな状況での消費税増税は「自殺行為」です。

私は崖から落ちたくない。安倍政権との心中はまっぴらごめんです。選挙で決着をつけましょう!

いよいよ参議院選挙が始まりました。私は「暮らせる年金」「減らない年金」「消費税10%増税NO!]「国保料引き下げ」「憲法9条を変えることNO!]の思いから、日本共産党に大きくなってほしい!!!

微力ながらそのために頑張ります!

 


今年も半年過ぎました

2019年7月2日 崎本 とし子 とし子からの手紙

7月です。予定通り誕生したベビーはすくすく育っています。

お姉ちゃんの赤ちゃん返りも予定通りです。おまけにアデノウイルス感染で保育園に行けなくて家にいるので、遊びたいのに遊べない・・・とストレス状態?明日からは保育園に行けそうですが・・・。

人として育つということは人とのかかわりの中で育つということです。兄弟はいいものです。これからが楽しみです。

さて、今日は児童センターの幼児クラブで「がん検診を受けましょう」のミニ講話をさせていただきました。15人ほどのママたちに伝えました。

「お母さんは太陽だからね。どうぞ自分の体を大切にしてほしい」と。

検診を受けている人は少なく、乳がん自己検診をしている人も多くはありませんでした。


« 以前の日付

新しい日付 »