RSS Feed

サイト内検索

こ ん に ち は、 崎本とし子 です

最近のコメント

最近の投稿

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

年月別

記事分類

ページ

カウンタ

[以前のblogから通算:2011年5月14日、79958開始]

メタ情報

お気に入り

ご近所・地域

健康・看護・命

RSS 岡山市公式ホームページ トピックスRSS

RSS 岡山県庁RSS(新着情報)

サイト内検索

訪問看護

2018年5月17日 崎本 とし子 とし子からの手紙

16日に仕事に行くと、訪問の担当予定表で私も利用者さん宅へ訪問看護へ。久しぶりの訪問でしたが対話ができて、近況を知ることができうれしくなりました。

訪問看護の利用者はいろいろな方がおられます。どの人にとっても「その人らしく生きることのサポート」をすることが看護師の役目です。

「必要なこと」を「必要なだけ」判断しながら実施していきます。その人にかかわるチーム全員が情報を共有し、同じ方向でかかわり、サポートできれば「一人暮らしでも我が家で旅立つことができる」と私は考えています。

私自身が「我が家で旅立ちたい」と考えています。そのためにどんな環境や条件が必要か・・・を考えています。2度のがん闘病の経験は私の終活に現実味を与えてくれましたから。

在宅主治医と訪問看護師、介護など使える制度を知り、元気な時から制度を知る努力をして、つながっておくことが大切です。

訪問看護ステーション晴がつくった「つながって安心~わたしの手帳」をご活用ください。何と、だれとつながればよいのかがわかりますよ。

あなたは自分の終活をどう考えていますか。