RSS Feed

サイト内検索

こ ん に ち は、 崎本とし子 です

最近のコメント

最近の投稿

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

年月別

記事分類

ページ

カウンタ

[以前のblogから通算:2011年5月14日、79958開始]

メタ情報

お気に入り

ご近所・地域

健康・看護・命

RSS 岡山市公式ホームページ トピックスRSS

RSS 岡山県庁RSS(新着情報)

サイト内検索

宮城に行ってきました。・・・7年2か月後、まだ仮設住宅で暮らす人がいる・・・

2018年5月23日 崎本 とし子 とし子からの手紙

毎年訪問している宮城へ行ってきました。19日は坂総合病院友の会の皆さんや蜂屋食品の蜂屋社長と共に交流会。「10年通うと言ってたけど、本当に実行してくれるのはスゴイ!」と。(大したことはできません)

20日は浦戸諸島の桂島と野の島へ。2011年に避難所だった廃校と体育館が漁業体験施設(宿泊のできる)になっていました。そこの管理をしている人は、内海さんという避難所の運営委員会の役員でした。「顔を覚えているよ…」と私のことを覚えていてくださって、私も懐かしく、7年前のことを話し合いました。

桂島の世帯数は100から54軒へ(人口は160人が60人程度に激減)。島の復興住宅の皆さんを訪問して対話することができました。復興住宅は激変緩和時期が過ぎ、収入により入居費が変わります。1.5万円から6.5万円になった(子どもが働きだした)という人もいて、生活は大変そうでした。

次回の訪問では「岡山の米」を届けたいと思い、帰ってから60キロの玄米を調達したところです。

野の島は市立病院の診療所がありました。多くの人がそこに通院(週3回開院)しており、血圧管理などはできているようでした。新築中の家があり、海の近くですがやはり「住めば都」とのこと。資材の海上運送が必要なので建築費は高いようです。

21日の夜は南三陸町のホテルで宿泊。当時避難所になった南三陸ホテル観洋です。実体験を伝えたいと宿泊客向けの「語り部バス」を毎日運行。被災後1日も休まず頑張っています。「なかったことにしたくない!」と。今回ももちろん語り部バスへ乗車。

「生かされている自分」を思うと伝えることの役割を感じる、災害の時は生き残ること、生き延びること、どうその体験を生かすかを考えることが大事・・・と話されました。「生きて、愛する人を守ってください」という言葉を何度も何度も聞きました。

南三陸町は町が10メートルかさ上げされ、元のまちの姿は変わりました。海も川も10メートルの堤防で固められています。「津波を奥まで導く堤防になるのではないか・・・」と懸念の声も。

住宅は商店街の近くには多くありません。人の住まない場所にできた「さんさん商店街」です。でも月曜日でもにぎわっていました。ここでしか食べられない「キラキラ丼」(ウニとイクラの丼」)を堪能。本当においしかったです。

仮設住宅をいくつも見ました。7年2か月たってもまだ仮設住宅に住んでいる人がいるのです。涙がこぼれました。復興住宅に移った時、洗面所があることに感激した・・・という話も聞きました。仮設住宅は決して安楽な住宅ではないのです。

やはり10年は通わなくてはなりません。「忘れないで東北!」福島も含め、訪問する計画を毎年呼び掛けていきたいと思います。「蜂屋の餃子」を食べて東北支援をします。ご注文お待ちしてます。

 


訪問看護

2018年5月17日 崎本 とし子 とし子からの手紙

16日に仕事に行くと、訪問の担当予定表で私も利用者さん宅へ訪問看護へ。久しぶりの訪問でしたが対話ができて、近況を知ることができうれしくなりました。

訪問看護の利用者はいろいろな方がおられます。どの人にとっても「その人らしく生きることのサポート」をすることが看護師の役目です。

「必要なこと」を「必要なだけ」判断しながら実施していきます。その人にかかわるチーム全員が情報を共有し、同じ方向でかかわり、サポートできれば「一人暮らしでも我が家で旅立つことができる」と私は考えています。

私自身が「我が家で旅立ちたい」と考えています。そのためにどんな環境や条件が必要か・・・を考えています。2度のがん闘病の経験は私の終活に現実味を与えてくれましたから。

在宅主治医と訪問看護師、介護など使える制度を知り、元気な時から制度を知る努力をして、つながっておくことが大切です。

訪問看護ステーション晴がつくった「つながって安心~わたしの手帳」をご活用ください。何と、だれとつながればよいのかがわかりますよ。

あなたは自分の終活をどう考えていますか。

 


5月19日~21日は宮城へ

2018年5月14日 崎本 とし子 とし子からの手紙

震災後7年が経過。毎年宮城訪問を続けています。今回は、19日から21日に訪問します。坂総合病院友の会のみなさんや蜂屋食品の蜂屋社長が今回も受け入れを準備してくださいました。

桂島や野の島の訪問活動や南三陸町の語り部バスへの乗車を予定しています。今回は看護師3人旅です。

東日本大震災から7年目の宮城を見てきます。しっかり皆さんの話をお聞きしたいと思います。

 


安倍政権は嘘をつくのをやめ、「不公平行政」に終止符を!

2018年5月14日 崎本 とし子 とし子からの手紙

アンネのバラです。

国会は安倍政権が嘘をつき、隠すために真相が明らかにされないままです。野党が事実をもとに、追及していますが、恥を忘れた安倍政権はしらを切って終わらせようとしています。しかし、他の国では、「不公平行政」は許されません。韓国では大統領が有罪判決で投獄される事案です。そうしてでも政治の劣化を防ごうとしているのです。

「無理が通って道理が引っ込む」と、ますます政治は腐ります。

自民党はどうしてこういう事態を許すのでしょうか。自浄作用は働かないのでしょうか。政権を持つ政党の劣化は日本の政治の劣化につながります。

隠し、嘘をつくのをやめ、真相を明らかにする責任は政権側にあります。真相を自ら明らかにすることで「信頼」を取り戻す道を選ぶべきです。

「安倍晋三という人」ができる総理大臣なら、変われる人はいる・・・と私は思います。少なくとも「道理」を知る、国民の人権を守る感覚だけは持っている人、「嘘をつくのは悪いこと」と知る人がいいと思います。「官僚が恥ずかしい仕事」だと子どもに誤解させたくないですね。

自分のことだけ考えるのはもうやめよう!安倍政権は退陣させて、恥ずかしくない政権を誕生させたいものです。

私も主権者として「不断の努力」をしたいと思います。


母の日

2018年5月13日 崎本 とし子 とし子からの手紙

今日は母の日です。

昨日孫たちは、母の日メッセージカードを作りました。マッサージ券がついていたようです。

1年生の孫は、たどたどしい文字で「ママありがとう」と書いていました。こういうプレゼントが一番うれしいですよね。

私には、息子夫婦から心のこもった花が届きました。うれしいです!!

子どもたちがみんな元気で、笑顔で暮らしていることが何よりです。私から子どもたちへののメッセージは「いつも笑顔で暮らしてください」です。

母には旬の佐藤錦を送りました。旬の味を楽しんで、元気でいてください。

 


麻生大臣は大臣をやめてください。人権感覚がおかしい!国民の権利を守れません!

2018年5月12日 崎本 とし子 とし子からの手紙

「セクハラ罪はない」「はめられたという声もある」・・・とセクハラ被害者への2次被害発言を続けている麻生大臣。副総理でもあります。

日本のトップの政治家として恥ずかしい人権感覚です。セクハラは犯罪です。人権を壊す犯罪です。性暴力は魂の殺人です。

女性を対等の人間としてみていない感覚に嫌悪感を感じます。長く日本社会は男女の役割分担意識の中で、女性の「我慢」と「不自由」の上に社会がつくられてきました。「家制度」で女性を縛ってきました。でも女性が選挙権を持ち、主権者となって71年です。おかしいことはおかしいと言わなくてはなりません。次の世代がまた同じ苦労をしないために・・・・!

セクハラを容認する大臣はいりません。それをかばう総理大臣もいりません。このままではもっと政治が腐ります。麻生大臣は国会議員を辞めてください。これをとがめない安倍総理は任命責任を取るべきです。


今日は「看護の日」

2018年5月12日 崎本 とし子 とし子からの手紙

今日はナイチンゲールの誕生日です。看護の世界ではナイチンゲールは大切な人です。「看護」の基本として「ナイチンゲールの覚書」を学びます。

私は次の言葉を忘れず大切にしてきました。

「看護とは、命の消耗を最小限にとどめるよう環境を整えることである」

私は看護師という仕事が好きです。臨床にいるときも、市議会議員として行政にかかわっているときも、そして引退後地域で訪問看護にかかわっている今も、この言葉を胸に刻んできました。

どこにいても命の消耗をいかに最小限にとどめるか・・・・。何が必要か・・・と考えるのです。

昨日は看護大会が三木記念ホールで開催されました。記念講演は「認知症と共に生きる」と題して、若年性アルツハイマー症の診断を39歳の時に受けた丹野智文さん(現在44歳)の講演でした。

認知症と共に生きることに決めた・・・という丹野さんの話は、病気を隠さず、地域の人々ともつながって生きる道を見つけたこと。

「できないことをサポートしてもらって、できることをする」「病気への正しい理解が広がり、失敗しても怒られない環境が必要」「早期発見が大事」…など認知症のところを「がん」に置き換えれば、まったく同じようなきずきの話で共感しました。

病気を持った人が社会の正しい理解を促し、当事者発信でより良い社会を作っていく・・・と思え、改めて当事者発信の大切さを思いました。子の声を受け止めて「共に生きる」社会をつくりたいものです。

今日は看護の日です。

 


「赤ちゃん健やか相談」でボランティア

2018年5月10日 崎本 とし子 とし子からの手紙

今日は愛育委員として健やか赤ちゃん相談の当番をしました。毎月第2木曜日の10:00~中区福祉事務所の2階で保健センターが実施するもので、生後1年までの乳児の計測や相談をする事業です。三勲と旭東の愛育委員が6人で受付や計測にかかわります。

赤ちゃんのエネルギーはすごくて、生きる力にあふれています。かわいくて本当に楽しい活動です。

2歳の孫と幼馴染のママが2人目を連れて参加していました。

2歳は成長したねえ・・・と話しました。「2人目の子にメロメロです!」と嬉しそうに話してくれました。まだ3か月前の「はるちゃん」はかわいい女の子です。また来月あえるかな・・・。元気で育つことを願っています。


雨音

2018年5月7日 崎本 とし子 とし子からの手紙

今日は雨。雨音で目覚めました。心が落ち着くようでいい雨音です。

2年前の5月10日、私は甲状腺がんの手術を受けました。そのころの日記を読み返すと、「生き急ぐ そんなつもりはないけれど 再びがんが我に宿れり」という歌がありました。

そして治療を終え、いろんな暮らしの中で免疫力を上げようと努力しています。がんの治療をするたび、「自分はどう生きるか」を考える私です。時間が限られていることを自覚した時から、時間の使い方や自分の立ち位置を考えてきました。

でも、欲張りな私はなかなか「適当に」ができません。そんな私を孫たちが「ばあば、わたしのばあばになってよ~」と引き戻してくれます。孫と本気で遊び、かかわり、小さな人として尊重しながら私もまた成長していく・・・。もう少し孫たちと共に生きていきたい・・・と願っています。


4家族集合!14人で食事会

2018年5月6日 崎本 とし子 とし子からの手紙

連休は子どもたち家族と我が家に出入りしながら過ごします。孫6人と子供夫婦と私たち2人で14人。我が家での食事会は食堂がギュウギュウ詰めの食事会ですが、にぎやかで、楽しい!

みんなそれぞれに、近くのテニスコートでテニスを楽しみ、近くの公園で遊び、路地でサッカーをして楽しんでいました。4日には親族会で、久しぶりにおいや姪と合流して、焼肉屋さんで食事会をしました。今年は総勢23人でした。

今年も3歳の孫と山へ葉っぱを取りに行き、ヨモギのかしわ餅を作りました。大好評で、あっという間になくなりました。お手伝いが大好きな孫は朝早くから起きて張り切ってお手伝いをしてくれました。大きくなったなあ・・・と思います。(この成長ぶりがうれしい!)

長男家族は5日に帰っていきました。少し寂しくなった我が家ですが、やっと平常に戻り、少しホッとしています。今日は午後から弁護士会主催の「憲法集会」へ参加します。

愛しい子どもや孫が平和な社会で生きれるように、私は学び、行動していきたいのです。子どもたちが健康で、幸せに暮らしてほしい・・・と心から願っています。


« 以前の日付