RSS Feed

サイト内検索

こ ん に ち は、 崎本とし子 です

最近のコメント

最近の投稿

カレンダー

2021年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

年月別

記事分類

ページ

カウンタ

[以前のblogから通算:2011年5月14日、79958開始]

メタ情報

お気に入り

ご近所・地域

健康・看護・命

RSS 岡山市公式ホームページ トピックスRSS

RSS 岡山県庁RSS(新着情報)

サイト内検索

岡山市内飲食店・・・時短要請に「またか・・・。早くワクチン打ちたい。」」

2021年8月3日 崎本 とし子 とし子からの手紙

岡山県は岡山市内の飲食店に4日から31日までの時短要請をすると発表しました。

7月からやっと通常営業になったところなのに・・・と悲痛な声が聴かれます。

飲食がしたい人は倉敷や周辺に行くことになるか、外食自粛です。客足は遠のくことになり周辺自治体も痛手です。

岡山県はレベル3になったと発表。「感染者の4割が飲食をしていたので、自粛要請をする。」とのことですが、もはや飲食以外が6割(4割も飲食が原因かはわからない)です。学生のクラスターや職場でのクラスターが増えています。そして、家族内感染です。

学校や職場で検査を増やし、不特定多数の人に対応する(飲食、スーパー、理美容など)現場の人々に早くワクチンを打ってあげたいと思います。

飲食店には自粛要請だけでなく、ワクチンの優先接種が必要です。我が家でも次男のワクチン接種が早くできることを願っています。ワクチン供給はだれの責任ですか。政府の責任です。

私は食事、睡眠をよくとり、マスク、換気を励行して免疫力低下にならないように注意しています。

五輪関係者の感染は昨日新たに17人増え276人になりました。あまり報道されませんが・・・・。国民の命を懸けてオリンピックが続いています。

 


核兵器禁止条約に政府は参加を・・・国民の71%

2021年8月2日 崎本 とし子 とし子からの手紙

炎天下で訴える岡山被爆者会会長さんの姿に「何としても条約批准を・・・と思いました。被爆者の平均年齢は83歳です。

日本世論調査会が「平和」に関する調査を行いました。核兵器禁止条約に日本は参加すべきかの調査で「参加すべきだ」は71%、「参加すべきではない」は27%でした。

国民の過半数が参加すべきだと考えています。「日本は唯一の戦争被爆国だから」がその理由です。2022年に開かれる同条約の締約国会議に出席するべきだと答えたのは85%に上っています。

この民意を政府はどう受け止めるのか。

菅政権は条約を批准する考えはありません。次期総選挙で問われるべき一つの争点です。


蝉取り

2021年8月1日 崎本 とし子 とし子からの手紙

蝉が大合唱をしています。

子どものころ、山育ちの私はよく蝉を取りに行きました。だからその頃の記憶があるためか蝉取りがしたくなります。

そーっと近づいて手でぱっと取る・・・。その時のドキドキ感は記憶から離れません。

今2歳の孫息子は昆虫に夢中です。朝起きたら汗だくになってもセミの鳴き声に耳を澄ませて、「どこだ、どこだ」という私の真似をしながら、「どこだ、どこだ」と探します。

虫かごに入れてしばらく楽しみ、「おうちへ帰れ!」と逃がしてやるのです。

羽をつまんで逃がすことができるようになりました。

昨日は近所の人からカブトムシをいただきました。カブトムシを見て2歳は「きゃーっ!」と叫び声を上げるに違いありません。反応が楽しみです。(ウフフフ・・・。)


岡山大学同窓会・ときわ会100周年!

2021年7月31日 崎本 とし子 とし子からの手紙

私の看護師としての原点は岡山大学医学部付属看護学校です。

その同窓会はときわ会。この度100周年を迎えました。今日は記念総会の日です。(ZOOm会議ですが)

おめでとうございます。

私は1975年卒の岡大看学25期生。青春時代の学生生活は最高でした。今の自分の人生観を作った時期です。自治会活動が楽しく、自主的ないろんな学生時代の活動は自分の頭で考え、自分で判断する力をはぐくんでくれました。

先生方がよく見守ってくださったと思います。卒業後は、すぐに地域医療の現場へ。

大学病院しか知らない未熟な若い看護師が地域医療の現場で見ることは驚くことばかりでした。でも「いのちの平等」「一人は万人のために、万人は一人のために」を実践する病院は人として成長させてくれました。

看護師は天職だと思っています。「ばあばは看護師さん」と孫たちは言ってくれます。うれしいです。天職を全うし、後輩たちのためにできることをして、天寿を終えたいです。

100周年すごいです!100周年記念誌の発行が予定されています。楽しみです。女性に選挙権がなかった時代から、看護職を生み出して社会貢献をしてきた母校を誇りに思います。

 

 


学生支援(8・5)の物資が続々と届きます・・・感謝!

2021年7月30日 崎本 とし子 とし子からの手紙

8月5日には山陽学園大学での学生支援を実施予定です。心ある人々から連絡があり、物資が届きます。感謝です!

5日の11時から12時、休憩をはさんで13時から14時の2ラウンドです。

大学の学生ホールを貸していただくので、今回は冷房付き!(ありがたい!)

大学との連携ができてより多くの学生に必要なものが届けられたら・・・と思います。感染対策を取りながら実施します。

コロナ感染者はついに1日1万人を超えました。夏休みも家に帰れないという学生が増えています。いよいよ支援が必要です。

オリンピックでは4000色の弁当が引き去れたとのこと。とんでみない無駄(食品ロス)ですね。東京の学生の支援に回してください。

五輪開催のために使われる税金は、都民で1人103929円、国民1人当たり10408円だそうです。そのお金を困っている人やコロナ対策に使えたらどんなに多くの人が助かるだろうか・・・と私はつくづく思います。

ボランティア(共助)では目の前の100人は救えても全国で困っている人を救うことはできません。それはやはり政治(公助)の仕事なのです。


地域がんサロン・たんぽぽカフェ

2021年7月29日 崎本 とし子 とし子からの手紙

28日はがんサロン・たんぽぽカフェの日でした。

岡山で「常設のまちなかがんサロンを作る」という話題、いろんな公開講座の情報共有をしました。体調を報告しあったり、悩みを話したり・・・・。

語り、笑い、うなづきあうと顔色がよくなる・・・・。

やはりがんサロンは大切な場所です。

皆さん、どうぞ暑いこの時期ご自愛くださいね。


全国感染者7629人(東京2848人)の衝撃

2021年7月28日 崎本 とし子 とし子からの手紙

公明党の石井議員は「感染者が増えているのはオリンピックを開催したからではない」といわれたそうです。

そうでしょうか。

子どもは運動会も修学旅行も中止の中で、五輪開催!?・・・なんで?

東京は緊急事態宣言の中で、五輪開催!?・・・政府がそうするぐらいなら国内移動も少しぐらいは・・・となるよね。

無観客開催をしてまでなぜパンデミックの今開催か?・・・なんで?

この疑問に政府は答えていません。「開催しないとIOCが困るんです。国民の命は2番目なんです。」と正直に言わずに、だんまりのまま・・・。安全な開催ができると根拠なき発言を繰り返している菅総理です。

国民が納得していない開催に、中止を求めるネット署名は14万人を超えました。

昨日は感染者過去最多・・・の報道が相次ぎました。東京は2848人です。

感染者が3000人に近づいていることは通常医療への影響が必ず出ます。国民は自分の命の問題として真剣に考えないと後の祭りです。

「五輪開催で政府の対応が遅れて、医療逼迫!私は救急車の乗れなかった・・・。」ということになるのです。熱中症搬送車が増えるこの時期、コロナでなくても救急対応の遅れで命を落とす危険はより増しています。

100%同意の政策はむつかしいけど、何が一番大切なことか。その軸がぶれては政治の存在意義はない。政治の一番の仕事は「国民の命を守ること」です

今は100年に一度かもしれないパンデミックの時なのです。

「五輪よりいのちが大切」五輪報道より感染者報道が気になる私です


蝉の声

2021年7月27日 崎本 とし子 とし子からの手紙

朝から蝉の大合唱です。

セミの抜け殻を見つけ。クマゼミを1匹確保しました。2歳の孫の反応を見るためです。虫が大好きな孫息子はミミズとダンゴムシに続き、いろんな虫に興味関心旺盛です。

いろんな本物を見せてやりたいと思います。

「怖い!」というと思いますが、私は反応が楽しみです。世の中はいろんな生き物がいることを知ってほしい。自然の中の一つが人間だ・・・と。

怖いことも危ないことも色々体験することが大事です。近場でもいろんな体験ができる場所を見つけるのが楽しいです。山で育った私は、そういうことが大の得意です。コロナ禍の夏休みの企画をして少しでも孫たちの楽しみを作りたいと思います。

 


中区行動・・・国は黒い雨訴訟の上告断念の報告に拍手

2021年7月26日 崎本 とし子 とし子からの手紙

戦跡の国政時の門です。

今日は中区行動。

中区役所前でスタンディング。私は「五輪よりいのちが大切」と書いたプラカードを持って立ちました。

今、看護師としてどうしても掲げたいプラカードです。テレビが奇妙なくらいオリンピック報道に代わってしまい、知らなければならない「いのちの報道」が激減しました。アスリートの活躍は尊いと思います。でも、医療従事者としては冷静に現実を見なければなりません。

本当のことを知らされずに、若い人の命が奪われていった戦争時代のことが頭をよぎります。神風が吹く、必ず勝つ・・・と根拠のないことをいわれて、「家族のために・・」と飛び立っていった「特攻隊」の若者たちの命・・・。

二度と戦争はしてはいけない。二度と原爆の被爆者を作ってはいけない。戦争の犠牲となった多くの命から生まれたのが憲法9条です。

「秋の総選挙で、集団的自衛権行使の容認を廃止する政府を作って、会の運動の必要性がなくなるといいね・・・。」と話しながら、思いを込めてアピールしました。小松先生も参加され、元気をもらいました。先生のアピールは最高です。


久々の「宴屋」・・・やはりおいしい鱧料理

2021年7月25日 崎本 とし子 とし子からの手紙

鱧玉鍋です。夏においしい! 

息子の店宴屋は、コロナ禍で辛抱の時期を過ごしています。

私と夫はワクチンを接種し、免疫ができたと考え、久々に宴屋へ出かけました。

私の大好きな鱧たま鍋(鱧と玉ねぎの鍋でだしがすごくおいしい!)とウナギを期待していたら、まさにその料理が出てきた!

前菜はカツオのたたきと岩ガキ、刺身はおいしい貝が盛り付けてあった。

ウナギのおいしいこと!ふんわりなのに、外はパリッとしている。どうすればこのようにしあがるのかな・・・。おいしかったです!

暑すぎる夏、しっかり睡眠と食事をとって乗りきらなくては‥‥と思います。

息子に心になかで「がんばれ!」とエールを送りながら、店を後にしました。

ご馳走様でした!


« 以前の日付