RSS Feed

サイト内検索

こ ん に ち は、 崎本とし子 です

最近のコメント

最近の投稿

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

年月別

記事分類

ページ

カウンタ

[以前のblogから通算:2011年5月14日、79958開始]

メタ情報

お気に入り

ご近所・地域

健康・看護・命

日本共産党

RSS 岡山市公式ホームページ トピックスRSS

RSS 岡山県庁RSS(新着情報)

サイト内検索

「少年H」の鑑賞・・・三勲旭東九条の会

2017年6月26日 崎本 とし子 とし子からの手紙

25日に、旭東コミュニティーハウスで平和の集いがありました。三勲旭東九条の会主催です。

岡山空襲のDVDのあと、「少年H」の映画鑑賞をしました。妹尾河童さん原作をもとに作成された映画です。

妹尾洋服店を軸に戦前、戦中、戦後が描かれます。私は劇場版を見ていました。でも共謀罪法が成立してすぐの今、より迫ってくるものがありました。ふつうの家族に非国民の疑いがかけられ、特高警察による人権無視の拷問が行われる・・・・。

子どもを大人がたたく・・・・、天皇の名のもとに。

そして戦後豹変する大人に不信感を持つ子供たち・・・。

私はしみじみ思いました。

軸がぶれる大人にはなるまい。今、後悔しないようにできることをして戦争だけはやめさせなくては・・・。どんなことをしてでも子どもたちや孫たちを戦争にはやらない!戦前はなかった女性の選挙権が今はある。女性が主権者としての自覚を持てば憲法変えるという政治にも対抗できる・・!有権者の過半数は女性だ。命を生み出す母親たちが手をつなごう・・・!改憲をやめさせるネットワークがつくりたいなあ・・・。

6月29日は岡山市平和の日です。

我がこととして平和のために何をしなければならないかを考えてみませんか。


愛媛のジュース

2017年6月25日 崎本 とし子 とし子からの手紙

最近愛媛は「今治市の加計学園獣医学部の新設問題」で有名に・・・・。(すごく残念)

先日親戚から愛媛のジュースが送られてきました。孫たちも大好きな天然果汁のジュースです。

おいしい!

夏が来たなあ・・・!と思うのです。故郷の美味しい産直の贈り物は私にエネルギーをくれます。

さあ、今日も元気に出かけよう!


「がんの陰に隠れて生きることはしない」・・・小林麻央さんのご冥福をお祈りします。

2017年6月25日 崎本 とし子 とし子からの手紙

乳がんで闘病中であった小林麻央さんが22日になくなりました。在宅療養に変わって家族との時間を過ごしておられましたが、精一杯生き抜いて旅立たれましたね。在宅療養を主治医、看護師などが支えたと思います。在宅での看取りでした。

がんの患者と家族の思いがお二人のブログから伝わってきました。

34歳と短い一生だったけど、奇跡を信じて懸命に生き抜かれましたね。私も奇跡が起こることを願っていましたが、かないませんでした。心からご冥福をお祈りしたいと思います。

64歳以下のがん患者は全体の30%です。乳がんや子宮がんは30~40代にピークがあります。多いのです。がんは早く見つけて早く治療することが必要ですが、早く見つけてもその「性格」によっては進行を抑えることができないことがあります。

麻央さんは、「がんの陰に隠れて生きることはしない」と決めて、病状を告白。ブログで社会に問いかけました。よく頑張っていきぬかれたと思います。幼い子供たちへの思いや家族への思いがしんしんと伝わりましたね。

私は「娘が自分より先に旅立つ」ときの「親の悲しみ」を思います。ご両親はきっと孫たちのために生きようと気をはっておられると思いますが・・・。

癌という病気を、告白することができないで、自分が抱え、耐えている人も少なくありません。がんだと打ち明けただけで仕事をやめるように言われたり、正しい知識がないために興味本位な関心を持たれたり・・・、経済的理由で治療中断をする人もいるなどつらいこともある社会なのです。

岡山県や岡山市のがん対策推進条例は「たとえ癌になっても自分らしく生きることができる社会」をつくると明記しています。

自分が体験した同じ悲しみや苦悩を少しでも減らしたい・・・と私は思っています。

がん検診の充実を!受動喫煙のない社会を!経済的理由で効果のある治療の中断をしなくてもすむ世の中を!・・・・

どうぞ24時間がんと向き合っている当事者の思いを対策に活かしてください。あらためて行政に期待したいと思います。

私は87歳の母親より先には死ねないと思って「がんと共に」生きています。母に悲しい思いはさせたくないという気持ちは私の闘病力の原点です。

命は何より大切です。人生は一度です。自分の人生を悔いなく生きましょう。


「安倍改憲」前のめり・・・国民は「教育費無償」で欺き、自民党内論議すらおざなりか!?

2017年6月25日 崎本 とし子 とし子からの手紙

今朝の新聞を見て驚きました。

「自民改憲案年内に提出」「自民改憲案 秋国会へ提出」という見出しがあるからです。

何を焦っているのだろう・・・。今の安倍政権の改憲案は危ない!公明党はもう歯止めにはならず、だめだなあ・・・。教育費無償を書き込む・・・というが、一番の狙いは憲法9条の改憲だし、教育費無償というのなら今すぐでもやれるじゃないですか(義務教育費無償は26条に書いてあるのに給食費までとっている)。あなたは総理大臣ですよ!また国民の願いに沿ったふりしてだまそうとしているな・・・。

などと心の中で叫んでしまいました。

秘密保護法、戦争法、共謀罪法などを強行採決してきた安倍政権です。憲法まで同じように変えられてはたまりません。国憲法は国民投票が必要です。最期は国民が止めるにしても、嘘を見破る国民を増やさないといけません。

憲法は権力者を縛る最高法規です。憲法を守らない権力者に改憲を言う資格はないと私は思います。

安倍総理、あなたのいう「改憲」は認めません!自民党員のみなさん、政党として健全な議論がされることを祈っています。


選挙は意思表明の機会・・・東京都議選始まる!「安倍政権NO!」の声が表明されますように!

2017年6月23日 崎本 とし子 とし子からの手紙

23日は東京都議選の告示日です。7月2日投票です。

共謀罪法が委員会の審議をすっ飛ばして強行採決され、不都合な真実は国民から隠し、「説明責任」を果たすと言いながら臨時国会の開催を拒否しているときに行われる選挙です。

食の安全に対する真実味のない「小池案」が示されましたが、かつて市場問題を調査したことのある私から見ても現実味を感じません。「至近距離で2つの市場なんてありえない」「第一に安全は豊洲では保証できない・・・コンクリートで固めても、地震が起きれば地盤はひっくり返る」

さあ、都民がどう審判するのか注目です。

岡山市議会は26日が閉会ですが、辞職勧告決議をうけても「居座る議長」はやめず、そのまま・・・という恥ずかしい事態が継続中!

だれか周りに「もういい加減にしろ!」と諫める人はいないのでしょうか。「裸の王様」は市議会の恥ですね!

正常化するには、まともな議員を増やすことだ・・・と改めて思います。池橋ようこさんを市議会に送りたい・・・という思いはますます強くなるのです。

 


沖縄慰霊の日

2017年6月23日 崎本 とし子 とし子からの手紙

23日は沖縄慰霊の日です。太平洋戦争末期唯一の地上戦の場となった沖縄では、役20ま㎜人の人が命を落とした・・・と伝えられますが、詳細は不明だそうです。

私は糸満市の摩文仁の丘にある平和の礎に数回いきました。普通の日にも何人もの人が孫と思われる子どもと共に家族の名前を指でなぞりながら、語り掛ける姿を何度も見ました。

本当に慰霊の場所なのだ・・・と思いました。

沖縄は今、知事を先頭にして新基地反対の声を上げ続けています。それを踏みにじって安倍政権は基地建設をゴリ押ししています。まさに「無法」です。

「勝つためにはあきらめないこと」が県民の合言葉です。スゴイ!

おかしいことにはおかしいと言い続ける大人の凛とした姿が沖縄にはあります。もちろん単純ではありません。でも長年の歴史の中で、今が正念場だということは、沖縄県民にはわかるのだと思います。

岡山空襲の日は29日。2000人を超える人々がなくなりました。石山公園に平和bの礎をつくりたい!私はそう思っています。岡山にも孫を連れて語り聞かせ、平和の祈りをできる場所があってもいいと思います。

今日は「命は宝」の言葉をかみしめる日です。


感動の「6人の共産党市議団をつくろう!スタート集会」・・・会場いっぱいの160人が参加!

2017年6月20日 崎本 とし子 とし子からの手紙

手作りのタスキは今日がはじめてのお披露目です。

障がい者運動に長年取り組んできた池橋さんのために、障岡連の吉田会長が駆け付けてくださいました!

10月1日投票の岡山市議補欠選挙(中区)でのチャレンジを表明した池橋陽子さんのスタート集会が18日に開かれました。子ども連れの若い人たちが目立つ素敵な集会でした。

参加者はともに笑い、ともに涙し、思いはひとつになりました。

みゅちゃく茶の国会を変えたい!安倍政権の暴走を何として求めたい!6人の共産党市議団をつくりたい!女性議員が5人しかいない市議会を変えたい!一人一人の命を大切にする市政にしたい!・・・・・

「すごく感動しました!」との声がたくさん寄せられました。参加者は「自分を裏切らない生き方をしたい!・・・・」と訴える池橋さんの生きる姿勢に感動し、ともに頑張る決意をしたのです。

大平衆議院議員とのトークでは「チャレンジにあたり、子どもの反応はどうでしたか?」の質問に池橋さんは、次のエピソードを紹介してくれました。

小学校5年生の男の子の言葉です。「お母さん、いいと思う!平和を守ってほしい!」と話した・・・というのです。

会場から拍手が起きました!

平和運動にかかわる両親のもとで大切に育てられ、なくなる間際まで孫と共に戦争法反対のデモに参加してきた父親の姿をまじかで見てきた池橋さん。自分を裏切らない生き方をしてきたお父さんの背中は、今の池橋さんの生きる姿勢につながっています。いい集会でした!!

憲法違反の法律をきょう採決でゴリ押ししている安倍内閣。支持率は急落しました。急落の原因はもはやその体質にあります。「独裁」を許すな!」という危機感です。

さあ、あきらめないで頑張る大人の姿を子どもたちに見せましょう!憲法違反の法律はなくせるのだ・・・と教えたいですね。

 


点滴で復活

2017年6月18日 崎本 とし子 とし子からの手紙

17日の朝、激しいめまいと吐き気が・・・!起きれません。やっとの思いでトイレに行きましたが、その後ダウン!起きれず横になったまま昼まで安静に・・・。もちろん食事はとれません。補水液をちょびちょびの見ながら耐えましたが、やはり病院へ。

時間外受診で、めまいと吐き気を止める点滴を受けました。

めまいの原因はなかなか突き止めるのが大変です。この時期、私はこのような症状が起きることがあります。暑くなりはじめの時期に疲れなどがたまり、発症するようです。

点滴後少し楽になり、夜も熟睡できたので、今朝は復活しましたが、まだ頭がぼ~っとしています。

今日は池橋陽子さんの補欠選挙スタート集会です。準備してきました。成功させてみんなで地方でも、国会でも共産党の議席を増やそう!!!と元気の出る集いにしたいと思います。

共謀罪訪が強行されましたが、あきらめない大人の姿を子どもたちにみせなくては・・・ね!

闘いはこれからです。戦争法も共謀罪法も廃止をして憲法を活かす政治にしたいですね。息苦しい社会はゴメンです。


10月1日投票の岡山市中区市議会補欠選挙に池橋陽子(いけはしようこ)さんが立候補を表明!

2017年6月15日 崎本 とし子 とし子からの手紙

岡山市は10月1日投票で、市長選挙と市議補欠選挙(中区)が行われます。

共産党は市議補欠選挙の候補者を決め、発表しました。

池橋陽子(いけはしようこ)さん、42歳の女性です。3人の子どもを育てながら、精神障がい者と共に活動してきた林精神医学研究所の職員です。素敵な候補者だなと思います。応援します!!

池橋さんの父親の隆さん(故人)は私の恩人です。母親の悟子さん(栄養士)とは糖尿病患者会の活動でご一緒でした。どちらも岡山協立病院の職員でした。「陽子ちゃん」のことは誕生のころから知っています。芯の強い、誠実な人です。私利私欲のない人で、「市議会に出したい人」です。

昔から言いますよね。「出たい人より、出したい人を!」と。

この市議補選はワクワクしてきました!よくぞ決意してくれた!!憲法9条を変えると言っている安倍政権の下で、破格の選挙では選挙を通じて、「9条かえるな!憲法壊すな!」の声を上げていきたいと思います。そして、がん患者として、患者会活動の中で知る小さな不安の声を伝える議員を誕生させて、がん対策を推進してほしいと思います。経済的理由で治療中断する人をなくしたい・・・と思います。

皆様の応援もよろしくお願いします。

 

 


ルール破りでの共謀罪法案の強行採決に抗議する!・・・自民・公明・維新の暴挙

2017年6月15日 崎本 とし子 とし子からの手紙

安倍政権が暴走をやめません。議論での疑問はそのままで、委員会の採決を省略し、「中間報告」での本会議採決がされました。

国会自身が自分の作ったルールをゆがめて、その方法で作られる法律(国連の報告官からもプライバシー侵害を指摘されている)は憲法違反の法律です。

息苦しい世の中がやってくるのではないか。

「普通の人」が警察の思惑により「処罰」の対象になる危険性があるのです。「触らぬ神に祟りなし」ということわざがありますが、ますます政治に関心を持たず、主権者意識を国民から奪うのではないかととても気がかりです。

独裁!安倍政権です。

選挙が大事ですね。国会で多数を撮ればなんでもできる・・・と考える議員を減らし、民主主義を踏まえた政権をつくることですね。私たちの手にある選挙権が暴走を止めるブレーキです。よくよく胸に刻んでおきましょう。

憲法は生きています。憲法に違反する法律は無効です。憲法違反をする政治家はやめていただきましょう。野党と市民の共闘でしかそれを実現できません。

今朝の強行採決をテレビで見ながら、「何ということだろう!?」と怒りや情けなさや悔しさがいっぱいになりました。

でも、上を向いていきましょう。前を向いていきましょう!まだまだ、できることはあります。孫たちの未来社会を息苦しいものにしてはいけませんから。


« 以前の日付