RSS Feed

サイト内検索

こ ん に ち は、 崎本とし子 です

最近のコメント

最近の投稿

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

年月別

記事分類

ページ

カウンタ

[以前のblogから通算:2011年5月14日、79958開始]

メタ情報

お気に入り

ご近所・地域

健康・看護・命

RSS 岡山市公式ホームページ トピックスRSS

RSS 岡山県庁RSS(新着情報)

サイト内検索

風邪は万病のもと

2018年10月22日 崎本 とし子 とし子からの手紙

9月下旬に風症状が出始め発熱し、1週間発熱して、抗生剤がやっと効果を出して解熱しても、痰が絡む咳がなかなか止まりません。

昨日からやっと夜中に咳き込むことがなくなりました。やっと9割がた回復したなあ…と思っていたら、今度は鼻声で、鼻水が出るようになりました。違う種類の風に感染したような気がしています。とにかくできるだけ激しい運動や睡眠不足を避けるように気を付けています。安静は免疫力の大切な要素です。

でも、運動量を減らすとすぐに筋力が落ちますね。風邪は万病のもと・・という言葉があるけれど、こういうことかなと実感するこの頃です。

もう少し落ち着けば、インフルエンザの予防接種をして、肺炎球菌の予防接種もしようと思います。

私は来年1月に65歳。介護保険の1号被保険者です。保険料が2倍になりますが生きていることに感謝です。65歳までは生きられたなあと。これからも一年一年年を重ねて、孫たちの成長を楽しみたいし、格差社会が少しでも改善し、生きることをあきらめなくてもよい世の中になるように微力を尽くしていきたいです。


栞日でランチ

2018年10月20日 崎本 とし子 とし子からの手紙

今日は久しぶりに栞日で友人とランチ。大病をした友人も元気そうで、うれしかったです。

そこで友人が紹介してくれたのは五目家とんぼさん(社会人落語家)。素敵な方でした。

ルーツは愛媛出身!うれしい出会いです。これからご縁がありますように!

人と人をつなぐことに天性の才能を持つ友人は、私の大好きな人で、闘病中もポジティブで、コミュニケーション能力があり、対話の「名人」です。人を大切にする優しい気持ちが伝わります。これからも元気でいてほしい・・・。

ライオンハートの田中さんとも久しぶりにお話しすることができました。

11月3日はメッセンジャーナース総会(姫路日赤病院にて)の市民公開講座でご一緒します。

私は公開講座の進行役をさせていただくとともに、がん患者会にかかわるもの同士として田中さんとの「ぶっちゃけトーク」も担当します。

今日は簡単な打ち合わせもしました。

「患者に寄り添うとは言うけれど・・・」「医療現場はどうなっているの?」「外来に看護師がいないよね・・・」「患者と医療者のギャップはどう埋めて、納得のいく医療を受けられるようにするのか・・・」そんなところを問題提起して、グループワークしてもらおうか・・・と。

まだ10月の行事で頭がいっぱいの私ですが、メッセンジャーナース総会をとても楽しみにしています。

 


那岐の菩提寺の大イチョウ

2018年10月19日 崎本 とし子 とし子からの手紙

18日は愛育委員会の移動定例会でした。今年は県北へ。

聚楽園を散策し、那岐の菩提寺の大イチョウに会いに行きました。樹齢900年の大イチョウは、どっしりとそこにいて周りにたくさんの子どもや孫の木を増やしていました。

まだ紅葉はしていなかったのですが、すごい存在感でした。私は両手で木に触れ、頭をつけて、その生命力を感じました。きっと私へその生命力のエネルギーが乗り移った・・・と思います。

せめて人並みに生き抜くことができますように!

野菊がひっそりとたくさん咲いていて、「野菊」の童謡がふと口をついて出てきました。

と~いやまからふいてくる~。・・・・秋の晴天に恵まれいい旅でした。


炎症を抑えるのは睡眠が一番

2018年10月17日 崎本 とし子 とし子からの手紙

9月下旬から風邪症状(発熱、咳、痰、咽頭痛など)で苦労しています。

ひどい炎症はおさまったものの(熱は下がった)痰が絡む咳が継続しており、夜中に咳き込むと本当にしんどいです。おかげで体重が1,5キロ減りました。咳き込むのはすごくエネルギーを使うようです。

内服は昨日まで処方されていましたが、だいぶん軽快したので、今日からは自分の免疫力だけで治します。

炎症は睡眠で抑えるのが一番とか・・は横になる・・・ことを心がけています。休むことの大切さを思うこの頃です。

皆様、気温差が激しいこの頃、どうぞ感染に気を付けてください。本気の手洗いとうがいで予防です!


苫田ダム事業の検証

2018年10月15日 崎本 とし子 とし子からの手紙

14日、40名ほどが参加して、バスで苫田ダムの「今」を視察し、利水と治水の両面から検証す巨大なダム事業検証する視察が企画されました。当時、苫田ダム反対の運動をしていた人々だけでなく、全く知らない人も参加していました。

私はこの企画を知り、24年間の市議時代に繰り返し繰り返し議会論戦したものの一人としてどうしても参加したいと思い、参加しました。(議員生活の20年近くをこの事業にかかわってきた)

苫田ダム事業は地元の大反対運動のもとで(ダム阻止条例が作られていた)、42年間も進みませんでした。504世帯、2000人を超える住民の暮らしをダムの底に沈める巨大ダムだったのです。

反対運動を切り崩すために「理もなし、法もなし、情もなし」と言われる国と県の行政圧迫が奥津町に理不尽な形で加えられました。町長さんが3代続いて任期途中で辞任しなければならない(県の補助金が出ず予算が作れない)ほどのひどい仕打ちでした。

岡山市は身近な吉井川の水源を手放す一方で、12万トンもの水が必要になると建設推進を県に求め続けていました。私は、必要がないことを人口や使用水量の現状を指摘しながら、過大見積もりだ・・・と繰り返し論戦しました。

今回視察してみて、身近な水源を守り、巨大な水源に依存する考え方そのものが間違いであったし、私の指摘は妥当であったと確信しました。岡山市は当初12万トン必要と言っていましたが、43000トン余の責任水量を約20億円も出して買ってはいますが、それ以上は買う必要すらないことが明らかです。(本当はそれすら必要ない)

当日は当時苫田ダム事務所長をしておられた元国交省Mさんも同行されました。私は、こういう誠実な官僚がいることに心打たれましたし、話をすることができてよかったと思います。「ダムができたから終わり」ではなく、今の時代に今後どうしていくのか・・・を真剣に考えなければならない・・・と思いました。現職の議員さんや若い人参加されたことがうれしく、久しぶりの皆様との再会に感動でした。


10・28(日)は岡山県赤旗まつりが楽しみ・・・10:00~サウスビレッジにて

2018年10月13日 崎本 とし子 とし子からの手紙

祭りの季節です。今日は福祉交流プラザ旭東のプラザ祭りでした。カレー作りやゲームコーナーでボランティアをしました。愛育委員会と合同でがんサロンたんぽぽカフェの展示もしました。

27日は地元の玉井宮の秋祭りです。だんじりの準備をして、打ち上げのお楽しみ会を準備します。祭りは地域力がないとできません。近所の人と力を合わせて、取り組むことが大切です。

さて、久しぶりに岡山県赤旗まつりが企画されています。

場所はサウスビレッジです。初めての場所ですが、私はすごく楽しみにしています。ただ参加するのもつまらないのでハンドの会(岡山市中区共産党後援会)でバザーの取り組むことにしています。

ドリップコーヒーとおいしいスウィーツを用意しておりますのでお立ち寄りください。交流スペースも用意する予定です。

屋台がたくさん出るようです。旬のいろんな地産地消のグルを楽しんでいただきたいですね。私もしっかり食べ歩きし、いろんな人との再会を楽しみたいと思います。

顔を見たら声をかけてくださいね。体調は8割がた回復しました。皆様もこの時期の風にご注意ください。

 


42回目の結婚記念日

2018年10月11日 崎本 とし子 とし子からの手紙

10月10日は私たち夫婦の結婚記念日です。今年は42回目。

この夏は夫の入院などがあり、元気でいることの大切さを痛感しました。今年は、バラの花を買い、娘から届いたかわいい花束を食卓にいけて、「元気で金婚式を目指そうね!」と話しました。

あと8年。夫は79歳、私は72歳です。元気に迎えられたら幸せです。

一日一日を普通に暮らし、一日一日が積み重なって50年になるのです。孫たちもそれぞれに成長していることでしょう。一番大きい孫娘は20歳です。いやあ、楽しみです!!

できれば生きていたいなあ・・・と。いや、きっと生きてその日を迎えます!


路面電車の乗り入れは優先順位が高いか?

2018年10月11日 崎本 とし子 とし子からの手紙

まだハイビスカスが咲いています。

さて、路面電車を180メートル(一説には140メートルとか)延長して駅前広場に乗り入れる・・・と市長が記者会見をしておられました。

私は路面電車利用者の一人です。今、そんなに不便かな?

気になるのは喫煙場所の近くを通ることで受動喫煙するのが嫌(すごく嫌!)なくらいで歩くことはたいして気になりません。このくらい歩くのがいいなあ・・・と思っていました。

総事業費は約10億円だそうです。(1メートル555万円!)これを国と市と事業者が分担するんだそうです。切れに3分の1づつに分けたとすれば、税金は3分の2、つまり6億6000万円!?2023年には供用開始するといいます。(やけにいそぐなあ・・・。)

私はいつも思うのです。国民保険料を払いやすくするために岡山市が法定外に繰り入れているお金(年額20億円ほど・・・市民一人当たり年2800円、月なら233円)を削ろうとしている市長さん。その結果市民の保険料は7年ほどで7万円も値上げになるといいます。今より7万年上がれば平均94140円から164140円になるんです。あなたは払えそうですか?

電車の延伸にかける6億円の税金は2万円分の保険料引き上げをやめることができる金額です。

私は電車を使っている一人ですが、電車の延伸より「命優先」がいい・・・と思います。誰が要望し、なぜ市長さんが急いで実行しようとしておられるのか・・・市民には見えにくいです。

「電車を乗り入れて1メートル555万円かかるんだって・・!?」と私は言い続けようと思います。私の税金は使ってほしくないなあ・・・と思いながら。

 


金木犀・・・季節の香り

2018年10月8日 崎本 とし子 とし子からの手紙

今の季節は歩いているといろんなところから金木犀のいい香りがしてきます。

我が家にも1本の金木犀の木があり、今満開でいい香りを漂わせています。

この夏が暑くてなかなか咲かず気をもみましたが、今は満開です。

「やはり栄養をやらないとだめだな・・・」と夫。

季節の移ろいを感じながら、寒暖の大きいこの時期を無事に過ごせますように・・・と願っています。


築地市場を閉鎖して豊洲市場を開設?・・・小池知事さん!知事選挙の公約はどこへ行ったのですか?

2018年10月7日 崎本 とし子 とし子からの手紙

沖縄知事と東京都知事の差を考える・・・。

自分の訴えたことに誠意と信念を持ち、それを県民が支持し応援を続け、誇りと尊敬の念を持ち続け、後継候補を当選させるほどの立派な翁長知事のような人がいる一方で、選挙の時「築地も豊洲も…」と訴え、まだ安全と言えない土地に「予定通り」「移転」を強行するという東京の小池知事。

「都民に嘘をつくのか!!」と批判を受けているようですが、知らんふりをしてるようです。

彼女は誠実な努力をしたのだろうか・・・・。東京ガスの汚染された危険な土地に「東京の台所を持っていく」のは明らかに間違いです。揮発性の有毒ガスはコンクリートで覆ったくらいで収まる代物ではないからです。地震で地盤が動き、コンクリートが動いたときはどうなるかそこで働くことなどできません。当然、食の流通は止まるのです。その時責任者として責任を取る覚悟はあるのだろうか。

覚悟なしに重大な決断をして、東京オリンピックを優先させるなどというのは住民としては認められないことです。

「おかしいよ!」と声を上げ続けている「築地おかみさん会」はこれからも都知事への運動を続けるとのこと。草の根の運動は微力のように見えるが、無力どころか政権お抱え候補も打ち倒す・・・。

沖縄の教えを今度は本土の私たちがしっかり受け止め頑張るときです。

運動は微力だが無力ではない。草の根の力は権力をも打ち倒す。と私は確信を持っています。

小池さん考えなおしたほうがいいですよ!


« 以前の日付