RSS Feed

サイト内検索

こ ん に ち は、 崎本とし子 です

最近のコメント

最近の投稿

カレンダー

2022年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

年月別

記事分類

ページ

カウンタ

[以前のblogから通算:2011年5月14日、79958開始]

メタ情報

お気に入り

ご近所・地域

健康・看護・命

RSS 岡山市公式ホームページ トピックスRSS

RSS 岡山県庁RSS(新着情報)

サイト内検索

ハンドシェイクプロジェクト岡山・・・学生支援しています。

2022年10月4日 崎本 とし子 とし子からの手紙

学生支援を続けているハンドシェイクプロジェクト岡山の事務局をしています。

昨日は山陽学園大学で支援をしました。学生ホールを貸していただいて、6人のボランティアが参加しました。受付で検温、換気などに気を配り実施しています。

14:00~開始。授業の合間を見ながら、42人の学生が来場しました。

3年生は実習で来ることができなかったり、学園祭の開催のするなど「通常」が少し戻ってきているようです。

しかし、実習の前はアルバイト禁止、実習場所へは交通費がかかるけれど自己負担、家族が感染して濃厚接触になり、授業を受けられず補習事業になるなどいろんな苦労話が聞けました。留学生の中には4年間一度も帰れなかった人もいて、寂しい・・・と話していてこちらも切なくなります。コロナ禍でも学生はがんばっています。

今回は県北から届いた新米が学生を喜ばせました。お菓子をたくさんいただいたのでそれを届けることもできました。

支援活動をするたびに、自分の夢に向かって頑張る学生をこれからも支援したいと思います。

物価高はすさまじいですね。必要物資の買い出しをしていますが、食料品をはじめあらゆるものが値上がりです。

でも皆さんから寄せられる募金や支援物資に支えられています。月2回の支援に25000円ぐらいかかるようになっています。(今までより5000円近く増えています)安い日に買い物をしたり、安い広告の場所へ出かけたりして節約しながらも必要なものを用意したいと思います。

新米の時期ですね。どうぞ食べきれなかったお米がありましたら、ご提供ください。

今後ともご支援をよろしくお願いします。


小学校の運動会・・・愛育委員会は検診の受診啓発

2022年10月3日 崎本 とし子 とし子からの手紙

昨日は旭東小学校の運動会でした。

1年生の孫の初めての運動会でした。かけっこやダンスを楽しんでいたようです。

最後に全員で踊るのは旭東小学校日本一音頭です。「そ~れそれそれ!きょ~くとうの小学校はにっぽんいち~いよ~!・・・」」の掛け声で始まるオリジナルソングです。わが子の時代にはありませんでした。

私は休憩中に検診啓発のティッシュを配り、声掛け運動をしました。

「検診はお済ですか。病気は早期発見と早期治療が大事。年に一度は検診を受けましょう。自分と大切な人の命を守ってください。」

暑い日でうちわは大好評でした。午前中で運動会は終わり、熱中症の心配もありましたが無事に終了しました。よかった!よかった!

今日は午前中仕事をして、午後からは学生支援をします。14;00~山陽学園大学の学生ホールです。

 


自衛隊の性暴力問題で自衛隊が正式に謝罪・・・五ノ井里奈さんの勇気に敬意を表します。

2022年10月2日 崎本 とし子 とし子からの手紙

自衛隊で繰り返し行われているセクハラ、パワハラなどのハラスメント問題。実名で性暴力を告発し、闘っていた元自衛官の五ノ井里奈さんの訴えを自衛隊は事実と認め、正式に謝罪しました。

五ノ井さんの勇気ある闘いに敬意を表します。

性暴力は隠蔽されることが多く、被害者にとってつらい闘いになることがあります。セカンドレイプといわれる状況が日本では常態化している気がしていました。

でも、「あったことをなかったことにはできない」というフラワーデモなど女性たちの運動が広がる中で少しづつ変化していると思えます。性暴力のない、ジェンダー平等の社会にしたいという女性たちの声はもう押さえつけることはできません。

勇気ある闘いが、新しい道を切り開いていきます。

男性の賃金と比較して55%といわれる女性の賃金格差、少ない女性議員数などジェンダー指数が121位の日本を変えていきたいですね。私はジェンダー平等の日本は必ず作れると信じています。

社会の仕組みを変えながら、だれもが自分らしく生きられる日本にしたいと思います。

 

 

 


「ちむどんどん」・・・一生懸命にみんな生きてきたね。自分の人生を重ねながら見ました。

2022年10月1日 崎本 とし子 とし子からの手紙

まだ元気いっぱいのハイビスカスが咲いています。

朝ドラ「知むどんどん」が最終回を迎えました。私と同じ年の主人公暢子の最終日の家族写真は息子夫婦と孫3人。仕事も子育て(家族)も両方をがんばった姿がありました。あきらめないで両方がんばったんだね!兄弟4人が元気で、優子母さんも長寿で、なんだかうれしかったです。うちの母も生きていればまだ今年92歳だなあ・・・と思いました。

人生はいろんなことがあるけれど、自分のしたいことが見つかると素敵な人生になる・・・と思います。

崎本敏子68歳、3人の子どもを授かり、共働きで夫とともに看護師という天職を全うしたいと頑張って生きてきました。看護師として12年働き、求められて女性としては数少ない(その頃3人)市議会議員となり24年間住民のために献身しました。(なかなか大変だったので、そういう実感です)

がんという病気を経て引退し、看護教育に携わったり、看護師起業で在宅看護センター晴を設立して訪問看護事業に携わったりして、看護関係で11年が経ちました。今もゆる~く現役です。

社会人になってから47年、看護師23年と市議会議員24年。この間に子どもは3人育ち、孫は8人になりました。4人の親をみとりました。私は看護師だったと孫の記憶に刻みたいからあと2年は看護師として頑張りたい。(そしたら看護師25年、議員年数を上回る。)

今年の敬老の日に、高一になって看護師を目指している孫娘が、「長生きして私の働く姿を見てください」と手紙をくれました。うれしかったです。

暢子と同じように仕事も家族のことも両方をあきらめなくてよかったです。いろんな人に助けられました。朝ドラを見て、自分の人生を重ね合わせながら、改めて感謝しました。

優子母さんが沖縄戦のつらい経験をして、長い間お姉さんを探し続けていたことや貧しくても助け合う「ゆいま~る」のこと、人を信じることのゆるぎない信念など豊かな沖縄の自然の中で描かれたドラマを関心をもって楽しませていただきました。

どの人の人生にもドラマがあるなあ・・・と思います。

 

 


芸術の秋

2022年9月30日 崎本 とし子 とし子からの手紙

孫娘の作品です。

やっと秋の気候になりました。すすきが風に揺れています。萩の花が咲き金木犀がいい香りを漂わせています。私はみずひきやわれもこうなどの秋の花が大好きです。

瀬戸内芸術祭秋季大会や岡山市内の芸術祭も開幕しました。昨日は華道展示会へ行きましたが、素敵でした。

市民劇場では、11月公演の「泰山木の木の下で」の準備をしています。担当サークルです。日色友恵さん主演の民芸の名作の舞台です。一緒に舞台感激を始めましょう・・・と呼び掛けています。生の舞台はテレビのドラマとはまるで違います。

「泰山木の木の下で」は、9人の子ども生んで、戦争に取られたり、広島原爆の被害で子どもたちをなくしてしまった母親。その母の思い、法律で禁止されている堕胎をする女性やそれを手伝う女性の思い・・・など瀬戸内の美しい自然を背景にした民芸の名作舞台。どんな舞台が見られるのかとても楽しみです。

今、見たい作品です。

秋は、たくさんの芸術に触れて、心の栄養を取りましょう。演劇を見たい方は崎本までご連絡ください。(TEL090-5263-1275)


安倍晋三さんを悼むのはやはり「国葬」ではなく「内閣自民党葬」が正解だったと思います。

2022年9月28日 崎本 とし子 とし子からの手紙

昨日安倍晋三さんの「国葬」が強行されました。全国で「反対」の声が渦巻く中で国民の声を押しつぶして行われました。

報道を見ていてつくづく「国葬でなく、親しい人が自民党葬をされたらよかったのに・・・」と思いました。税金を使うことに固執しなければよかったのではないでしょうか。

「悼むこと」より「体裁」と箔付けにこだわるのは人の道ではないと思います。親しい人々が故人は憲法違反でも無理を通す人だったと、死してなお故人の生き方を踏襲したかったのなら話は別ですが。

岸田総理が言われた「総理大臣の任期の長さより事績が記憶に残る・・・」の発言は、まさに「事績」への評価は賛否両論なのです。

内閣自民党葬では満足できなかった理由を知りたい。税金を使わない内閣自民党葬であるならば、反対する人は少なかったと思います。それすらも見通せない政治家たちに、この国の政治をゆだねることに強い疑念を持ちます。

安倍晋三銃撃事件で見える化された山上容疑者のような統一教会の信者2世の問題を忘れてはいけないですね。国葬の検証、政治家と統一教会の問題、カルト集団の規制の問題を含めて10月4日から開催される臨時国会での初めての議論に注目です。

 


おかしいことはおかしい!・・・安倍元総理の国葬は中止を!

2022年9月27日 崎本 とし子 とし子からの手紙

マスカットはすごくおいしいです。

国民の過半数が反対する「安倍国葬」の姿があらわです。G7の首脳は一人も参加しない事態です。国民の反対多数の反映だと思います。

国葬の強行は、憲法や法に反し、民意を踏みつけにし、死してなお税金を「私物化」する政治家たちの姿があります。民主主義を葬ろうとする「国葬」に賛成はできません。(税金でなくやりたい人が会費制でおやりください)

統一教会と3代にわたり深い関係を築いていた安倍家。今、改めて自民党政治と統一教会の「政策の一致点が多いこと」があらわです。安倍国葬には国民の過半数が反対です!(どの調査でも)

法的根拠がなくても、「国が決めたことだから」と税金を使って参加する首長もいるようですが、私は参加するなら自費で行かれるべきだと思います。憲法や法に違反していることに自治体の長がくみしてはいけません。

「お上の言うことには逆らわない」という態度は自治体の自主性欠如です。国の間違いを地方が一緒になって推進することになります。憲法と地方自治法はそうならないために制定されています。国の間違いを地方が正すことができる仕組みです。

岡山市と岡山県の首長の態度は情けない状況です。来年の一斉地方選挙は「おかしいことをおかしい!」といえる議員を増やす選挙にしたい。論戦力のあるブレない政治家を増やしたいと切実に思うのです。

改めて、安倍国葬には断固反対します。今日も最後までおかしい!と言い続ける人たちの行動が全国で続きます。

 

 


学生支援のコメ届く!・・・9/26,10/3に実施します。

2022年9月25日 崎本 とし子 とし子からの手紙

山陽学園大学での準備風景です。

明日9月26日にソワニエ看護学校へ支援物資を届け、10月3日14:00~山陽学園大学の学生ホールで学生支援をします。

ハンドシェイクプロジェクト岡山では日日準備をしています。支援計画をお知らせすると、いろんなものが届き始めました。日用品、お菓子、そしてお米・・・。

県北から初めて新米も届きました。「新米」ですと表示して、学生たちに届けます。喜ぶ声が聞こえるようです。

募金もいただいています。本当に感謝です。果物やたんぱく質の食品を買い、届けることができます。いただいた物資や募金は大事に大事に活用して無駄にはしません。

10月3日のボランティア大歓迎です。


防衛費5年間で40兆円超え!?・・・今(5兆5千億円)の1.5倍(年8兆円)

2022年9月25日 崎本 とし子 とし子からの手紙

今朝の山陽新聞の1面を見て驚きました。中期防衛力整備計画(今後の5年間)の議論が始まっており、防衛費を1.5倍の約4超えにする議論だというのです。

年平均で8兆円!?2024年~の5年間の計画です。あなたはどう思いますか。

今軍事費を1.5倍に増やすことが優先順位として高いでしょうか。憲法は「戦争放棄」です。おかしいよ!

コロナ禍で不況が続き中小企業は大変です。そのうえ

10月から、75歳以上の高齢者の医療費負担は引き上げが始まります。1割負担が2割負担に・・・つまり2倍になるのです。一部の収入の高い人対象だから・・・と思う人はいません。いずれはみんな2割負担になるとわかっています。2024年には団塊の世代がみんな75歳になります。65歳以上は30%になるのです。年を取れば病気は増えるんです。税支出の介護費用は、今でも軍事費より少ない状況です。

将来を担う若者は高い学費や生活苦で学びの環境が整っていません。教育費はもっと増やしていいのではないでしょうか。学生支援をするたびに切実に思います。

今、軍事費を1.5倍にする必要がどこにあるのでしょうか。安倍元総理(銃弾に倒れたことにはお気の毒ですが、この国の民主主義を壊した人です)の国葬に税金を使ってほしくない。税金を使う優先順位を間違えないで!

税金は国民のまさに血税です。税金の使い方にはしっかり声を上げたい!

私の税金を軍事費に使うな!憲法違反の安倍国葬に税金を使うな!

自民党は5年後、GDPの2%=10兆円/年を求めています。統一教会だけでなく軍事産業ともべったりなのではないか・・・!?(今、軍事産業界は異様な高揚期らしい)

国民の暮らしと向き合ってください。それが政治家のすることです。

国民は最低賃金を1500円にしてほしい、賃上げをしてほしいと切実に願っているのです。購買力の回復なくして、日本経済は再生しません。

 


核兵器禁止条約批准国は68か国、署名国は91か国に!・日本の批准はいつ

2022年9月24日 崎本 とし子 とし子からの手紙

国連総会が開かれています。国連本部内で、核兵器禁止条約の署名・批准の式典が開かれたようです。あらたにコンゴとドミニク共和国が批准したそうです。これで68か国が批准しました。署名国は91か国です。日本はいつ批准するのでしょうか。「核抑止論」にとらわれている日本は、アメリカに遠慮してか被爆者の声に背を向けたままです。

広島出身の岸田総理大臣がなすべきことは、核兵器禁止条約の批准ではないのでしょうか。政治家生命をかけて実行するべき大切な使命だと私は思いますが・・・。

批准国が増えていることは希望です。

ロシアの核兵器使用の脅しの中で、国連で署名・批准の式典が開かれたことは本当の希望です。

今日はロシアのウクライナ侵攻から7か月目。戦争やめろ!核兵器は禁止を!の声を上げ続けたいと改めて思いました。

一人の声は多くの声を共鳴して、必ず大きな力になると信じ、微力でも無力ではないと行動し続けたいです。

我が家の前の掲示板に「NO WAR」の手作りポスターを張りなおしました。

 


« 以前の日付