RSS Feed

サイト内検索

こ ん に ち は、 崎本とし子 です

最近のコメント

最近の投稿

カレンダー

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

年月別

記事分類

ページ

カウンタ

[以前のblogから通算:2011年5月14日、79958開始]

メタ情報

お気に入り

ご近所・地域

健康・看護・命

RSS 岡山市公式ホームページ トピックスRSS

RSS 岡山県庁RSS(新着情報)

サイト内検索

岡山大学教員ら103人が学術会議任命拒否に抗議声明・・・いいね!

2020年10月21日 崎本 とし子 とし子からの手紙

学術会議任命拒否問題への批判は広がり続けています。

昨日は、地元の岡山大学の教員ら103人が任命拒否に対し抗議し、任命を求める声明を発表。

「法解釈を都合の良いように変更し、運用が恣意的であれば国民は首相や政府を信じられない」として6人の任命を求めています。

中富名誉教授(憲法学)は「法の支配に対する重大な挑戦であり、許されない」と指摘。

私もその通りだと思います。

各地の大学がこういう行動を広げることが国民の希望になると思います。

自民党の国会議員やテレビでおなじみのコメンテーターなどが平気でウソをばらまく異常な事態の中で、「真実」と「道理」がきちんと知らされることが大切です。

私も岡山大学の同窓生の一人として、先生方の良識に触れうれしい気持ちになりました。

 


失業者6.6万人越えのさなかに政党助成金交付・・・79億円、受け取らないのは共産党だけ

2020年10月21日 崎本 とし子 とし子からの手紙

コロナ禍で6.6万人余が失業し、年末に向けてさらに雇用は悪化の兆しです。

そんな中で、政党助成金が公布されたという報道を見ました。8党に79億円(年間総額は320億円余だと記憶)の交付です。

自民党に43億1500万円、立憲民主党に19億4900万円、公明党7おく5700万円、日本維新の会4億⑥300万円、国民民主党2億⑧500万円、社民党9000万円、NHKから国民を守る党4100万円、令和新撰組4000万円です。

日本共産党は支持政党にかかわりなく税金を山分けするもので、憲法が保障する国民の思想信条の自由を侵害し、政党の堕落をもたらすものだとして受け取りを拒否しています。

これはいいね!

まさにお金欲しさにくっついたり離れたりする政党があるし、もらった税金を税金だということさえ忘れて、「自分のお金」と勘違いする政党もあり、選挙買収にそれを使う事件さえおきています。

政党の堕落です。政治は弱きを助け強きをくじくもの、自分のことも自分で賄えない政党に「国民へは自助・共助」を求める資格などないと私は思います。(政党は公助を言わないと)

日本共産党は、「弱きを助け強きをくじく政党」「税金は国民の暮らしと命を守ることを優先に!」と考える政党です。自分でやりくりする苦労を知っている政党にこの国のかじ取りを任せてみたい!


明日は山陽学園大学で公開講座・・・テーマ「がんとともに生きる」

2020年10月20日 崎本 とし子 とし子からの手紙

明日は地域がんサロンたんぽぽカフェが主催する公開講座の日です。

看護学生や地域の皆様とともに「がんとともに生きる」をテーマに話し合います。

がんサバイバーの話、家族の話、専門家の話をきき、参加者の質問に答えます。事前質問をいただいており、話をする人に渡しています。県の専門家派遣事業を活用しています。

専門家はがん性疼痛認定看護師の赤瀬佳代さんです。訪問看護ステーション晴の管理者です。

「寄り添うこと」について話します。この話だけでもお聞きいただきたい。

13:30~、大学内です。(受付でお尋ねください)

毎年この機会を私はとても楽しみにしています。がんサバイバーとして看護教育に微力を尽くせる場と感じているからです。当事者の話は「体験した事実」です。その言葉に耳を傾けることが今後の看護師人生に役に立つといいなと願っています。


菅内閣支持率急落(6~12%下落)・・・学術会員任命拒否問題は説明不足は72.7%

2020年10月20日 崎本 とし子 とし子からの手紙

阿賀谷に食堂にある憲法9条の額です。

26日から始まる国会で議論が期待される菅総理の学術会員任命拒否問題。

国会での議論がなく、テレビなどで「言いたい放題」のうそが広がる異常な事態です。日本の治世の最高峰である学術会議に対して、総理が手を突っ込んで干渉しているこの問題は、「他人事」ではないと国民は知っています。

法律に照らしてどうなのか。

憲法に照らして考えるとどうなのか。

日本は法治国家です。自分たちが決めているルールを反故にする政治が国民の幸せにつながるとは思えません。政府は「自分がルール」と言い出したら危機ですよね。

自民党・公明党の菅内閣はまさに危ない!

今回の各新聞などの世論調査ではいずれも内閣支持率が下がりました。読売新聞でさえ、74%→67%(それでも読売は高いね)。

共同通信で66.5%→60.5%、朝日新聞で65%→53%などです。

説明不足の回答は72・7%です。国民を馬鹿にしてはいけません。国会での論戦は重要です。しっかり回帰を取って、国民にわかる議論をしてほしい。説明せずに終わらせる「逃げ切り」は許しません!!

野党共闘で、真相を明らかにしてほしい!がんばれ野党共闘!


私の「行革」提案

2020年10月19日 崎本 とし子 とし子からの手紙

菅政治は安倍政治よりも危ない!・・・という声が広がってきました。内閣支持率は約6%落ちました。これからもっと落ちていくと思います。

なぜなら「説明しない」危ない内閣だからです。

私は17日の中曽根元総理の葬儀に1億円の税金を使った内閣に私の行革提案をしたいと思います。

目立つものだけでも・・・・

1、米軍経費の厚遇…8000億円/年

2、辺野古の米軍基地建設・・・1兆円越えといわれる(物理的にも建設困難・大自然をお金をかけて壊すことはない)

3、政党助成金・・・320億円/年(政党こそ自助・自立が必要、まず自ら襟を正すべき)

4、アベノマスク(600億円)など不必要なコロナ経費

5、トリチウムが基準の500倍入っている汚染水を希釈して海に垂れ流すという政策はやめるべき。薄めて流しても同じ量が海に入るし、今後も入り続けるということです。ずっとためて管理し続けることが東電の責任です。(もちろん技術の進歩で適正処理できれば別です)

学術会議予算10億円のことをまるで使い過ぎのようにおいうけれど、違いますよ。平気で公共の電波を使い流されるウソは目に余ります。恥ずかしくないのはなぜでしょうか。

「年金を250万もらえる」(フジテレビ系の平井文雄解説委員)「学術会議が政治介入している」(橋下徹元大阪市長・論点すり替え名人)「反日的なことを成し遂げるという使命が負わされている」(櫻井よしこ・日本会議)など。

賢そうな人が、「ウソ」を平気で言うのはいただけません。学術会議の任命拒否に関しては、争点そらしトウソが意識的にふりまかれている気がします。真実を見る目が必要です。

「真実が大衆をつかむとき、歴史は動く」という言葉が私は好きですが、本当のことを知る努力をしたいと思います。国民は馬鹿ではありません。皆さん、眉に唾をつけながら、真実をしっかり見抜きましょう。

 


金木犀の香り漂う街を歩くと・・・・。

2020年10月17日 崎本 とし子 とし子からの手紙

この時期、街を歩くとあちこちから金木犀の良い香りがします。

空き家の庭にある金木犀の木にも花がつき、いい香りを放っています。、我が家の金木犀もいい香りを放っています。

今は空き家になった家にもかつては人が住み、暮らしがあったことを思い出します。年を取り、高齢者の一人暮らしを終え、あとに住む人がいないままもう20年。ついに取り壊しをする・・・という話があちこちで聞かれます。取り壊しにもお金がかかるので、手付かずの古い家もあります。

暑さが厳しかったこの夏、一人暮らしの人がなくなっていた・・・という話を聞きました。

私の住む旭東学区には空家がたくさんあります。病院とスーパーがあり、電車もあって市内中心部や駅へ行くのも便利な旭東学区は住むのにいい場所です。車がなくても暮らせる場所です。最近はマンションなどの集合住宅が増えています。

これからの街の変化を見守りながら、住む人の新しい絆を作っていきたいと思います。


干し柿

2020年10月16日 崎本 とし子 とし子からの手紙

もう10月中旬です。

義妹から柿が届き、干し柿にしました。もう2か月半で今年も終わりか・・・と、土岐の速さに驚いてしまいます。

今年の年の瀬は、廃業や倒産などで雇用の厳しい年の暮れになりそうです。

政治は国民の暮らしを守るためにあります。零細事業者のために手を差し伸べる政治であってほしい!


孫おもしろ話・・・腰痛に小さな手でマッサージ

2020年10月15日 崎本 とし子 とし子からの手紙

昨日突然腰に痛みが走った・・・。ぎっくり腰かと思いきやそうでもない。でも動くと痛いのです。夕方4歳の孫に「腰が痛い」と話すと、小さ「どこが痛いの?」と聞いたかと思いきや

小さな手でチョコチョコとマッサージをしてくれるのです。「なおった?」と聞くので、「ありがとう・・。よくなったわ。」と。

これぞまさに手当です。看護という字は、目と手で「護」(まもる)と書きます。まさに看護は手を当てることから始まるのです。

ましてその手がかわいい孫の手なら、効果抜群ですね。心が温かくなり、幸せな気持ちになりました。これからも優しく、強く、大きくなあれ!

 

 


今日は休養日

2020年10月14日 崎本 とし子 とし子からの手紙

季節の変わり目のせいか体調不良です。

こういう時は休養するに限ります。「休むことは能力」「だと私は思います。上手に休むことができる人はすごいと思います。

私は休むことがへたくそです。今朝ギクッと右腰が痛くなりました。これは寝ときなさい」というサインかな・・・。

でも食欲あり!、味覚障害なし!嗅覚障害なし!発熱なし!

時にしっかり休んで、無理をしないことが大切ですね。皆さんもご自愛ください。


今日は中区行動・・・協立病院前スタンディング、17:30~

2020年10月13日 崎本 とし子 とし子からの手紙

2014年7月、安倍政権は憲法の解釈変更をしたとして「集団的自衛権行使を認める閣議決定」をしました。

私は背筋が寒くなりました。「戦争をしようとしている!」と思いました。何もしないでこれを認めてはならない!と思いました。地域に個人や団体に呼び掛けて、「集団的自衛権行使に反対する中区の会」を作り、毎月のように行動してきました。中区の4か所でデモや街頭アピールを続けてきました。

今日は、菅政権になり初めての中区行動です。協立病院前でのスタンディングです。17:30~です。

「武器を買うより国民の命と暮らしが優先!」

「軍事費よりも医療の充実!」

「軍事費よりも介護の充実」

「戦争したがる政治家いらない」思いを込めたリレートークで、皆さんに思いを伝えます。

継続は力です。微力でも無力ではない!と信じて、子どもや孫に胸を張れる主権者としての行動を続けます。思いを同じくする皆さんの参加をお待ちしています。


« 以前の日付