RSS Feed

サイト内検索

こ ん に ち は、 崎本とし子 です

最近のコメント

最近の投稿

カレンダー

2020年5月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

年月別

記事分類

ページ

カウンタ

[以前のblogから通算:2011年5月14日、79958開始]

メタ情報

お気に入り

ご近所・地域

健康・看護・命

RSS 岡山市公式ホームページ トピックスRSS

RSS 岡山県庁RSS(新着情報)

サイト内検索

自民党と公明党は火事場泥棒!?・・・不要不急の検察用法案を強行採決か

2020年5月16日 崎本 とし子 とし子からの手紙

自民党と公明党が検察庁法案の強行採決を狙っています。新コロナ感染症の対応最優先のこの時期に強行するなどというのは、まるで火事場泥棒です。

急ぐこと?内容に意義あり!・・・と「ネットデモ」は1000万人を超えました。元検事総長、元最高検検事など検事を代表する人たちが声を上げ、「憲法違反だ」と反対を表明。弁護士の9割が反対。日本カトリック教会や平和協議会など広い分野から懸念と反対の声が出されています。

自民党内からも「強行採決は国民の声を踏みにじる」との声が上がり始めました。

公明党はどうしているのでしょう。風見鶏のように様子を伺い、動くのでしょうか。

ともかくも最初の予定通りにはいかなくなりました。6月中旬の会期末まであと少しです。不要不急の審議はやめて、新コロナ対策の第2次補正予算など急いでほしいことに全力を挙げてほしい!政治の力で、国民の命を守るときです。コロナ関連死を防ぐために、その役割を果たしてほしい!医療従事者は必至で頑張っています。

世界で命を落とした人は30万人余。核兵器に2019年度費やされた金額は総額で7.8兆円。うちアメリカだけで3.8兆円だとか。世界に広がる新コロナ感染症の脅威に立ち向かうには、世界の国中でなにに税金を使うのかを考えなくてはなりません。不要不急の支出をやめ、まさに命のために使うことが求められているのではないでしょうか。核兵器に使うお金など0でいい!

命を軽視する弱肉強食の考え方こそ、改める必要があります。不都合な真実に目を閉ざし、嘘とごまかしのご都合主義の政治こそ変えなければならない。火事場泥棒のような検察庁法案は廃案にすべきだし、日本の三権分立主義は堅持すべきです。

 

 

 


5月16日(土)全国一斉労働相談・・・0120-378-060

2020年5月15日 崎本 とし子 とし子からの手紙

ガーベラの花言葉は希望です。

コロナ不況が深刻な影響を見せています。社会福祉士への相談は労働にかかわる相談が増えてきたとか・・・。全労連は16日全国一斉の相談に取り組みます。10:00~17:00が受付時間です。

電話は、フリーダイアル0120-378-060

県労倉敷は086-434-6592で、平日も10:00~17:00を受付として、相談を受け付けます。

困っている人、悩んでいる人は、一人で悩まないで、相談しましょう!!

補償なき自粛を求めて国は、5月4日にさらに緊急事態宣言を延長。14日に39県の宣言解除をしましたが、「安全宣言」ではありません。これからも「新しい生活様式」が提唱され、すぐには客足は戻りそうにないと、廃業する店の報道が後を絶ちません。

中小だけでなく大企業も「リーマンどころではない、戦後恐慌の再来」と危機感をあらわにしています。

そして容赦なく人を切っていきます。弱い立場の非正規労働者などが雇用を奪われ、希望を奪われます。これからが雇用不安や生活相談の必要な時になると私は予想しています。

日本共産党岡山地委員会は新コロナ感染症なんでも相談窓口を設置。086-273-9347で毎日10:00~17:00の受付時間で相談を受けています。

いろんな団体や政党が、相談のネットを張り巡らせて、命と暮らしを守ろうと頑張っています。活用していきましょう!!

あなたは「独り」ではありません!


新コロナ感染症との闘いの中でほっこり!

2020年5月14日 崎本 とし子 とし子からの手紙

新コロナ感染症の広がりの中で、自粛生活が続いています。経済への影響が広がる中で生活が苦境となる人が増えています。それを感じて、何とかできることをしたい・・・と思う人がたくさんいます。私の周りで起こっているほっこりする話をいくつかご紹介します。

*手術室のマスクやガウンや帽子が足りない・・・!と看護師さんが手作りしている話を聞き、地域の住民が支援し「見通しがついた」と。

*学童保育へお菓子を差し入れした訪問看護事業所の話。受け取った学童保育の指導員が喜んでいました。

*子ども食堂にかかわる人へ、近く開店するパンやさんが「試作で焼いたパンを活用してください」と提供した話。もちろんおいしいパンですよ。

*「さんステ(駅)のお店では、観光客が激減してお土産が売れず、30%で販売しているのでそれを買ってきた。病院の人たちに届けてほしい。こんなことしかできないから・・・。」と届いたお土産用のお菓子。すぐに病院に届けて、「暖かい気持ちがうれしい!」と笑顔が返ってきました。

*「お変わりないですか」の声掛けで一人暮らしの高齢者を「声掛け訪問」するととても喜ばれます。

*「元気でいようね!生き抜こうね!」と声かけあって、また会う日を楽しみにするがん患者会活動。

ウィルスとうまく折り合いをつける方法を身につけて、長く向き合う「覚悟」を持つことが必要なようです。何気ない一言で、元気をもらう日々。そんな日々を「当たり前」と思わずに、感謝して過ごしたい。「いのちことば」をかけることができる自分でいたいです。

 


歩く会

2020年5月12日 崎本 とし子 とし子からの手紙

今日は愛育委員会の歩く会。いつもより少ない7人で7500歩ほど歩きました。

無理をせず、来れる人だけで歩くことにしています。風がさわやか!薄曇りで、いい天気!緑が美しく、新緑が元気をくれます。

月に一度はみんなで歩くのもいい!とても気持ちよく、リフレッシュできました。

外では、歩く距離を少し意識してとれば、感染リスクは下がります。「ワクチンができるまでは気を付けながら、でも続けていこうね。」と話し合いました。

地域の高齢者のフレイルが気になります。


コロナ対策には金を惜しんでいる政府だが、昨日中東へ交代する自衛隊の護衛艦(乗員200人)が出発、辺野古の新基地建設の推進、検察官の定年延長をするための検察庁法の改正をしている!?

2020年5月11日 崎本 とし子 とし子からの手紙

安倍政権は、やはり国民とずれています。

いまSNSで批判が広がっているのが検察官の定年延長をするための検察庁法改正の問題です。みんな外出自粛をしているとき、SNSでの情報共有のは大切なツールです。コロナ対策や補償などの仕組みの動きなど国の動きに関心が集まっているということです。

そこで出てきた検察官の定年延長をする法案=安倍総理と気心が知れた黒川東京高等検事長の定年延長を認めるという法改正問題です。

380万人を超える「おかしい!」の声が話題です。有名人たちもおかしい!と発信しています。「国民を馬鹿にするな!」です。

辺野古の新基地問題は、今は作業員の感染で工事が中止されていますが、国は沖縄県に工事変更の承認申請をしています。もちろん県は承認しません。現場ではだれも基地はできないだろうと思っているそうです。費用総額1兆円近くです。「いらん!」と思います。

昨日は自衛隊の護衛艦が交代のために出発したそうです。乗員は200人乗員。コロナ感染症は中東でも大問題です。上陸はできません。3か月間船内での暮らしです。感染者が出たらどうするのでしょうか。どうして今出発をやめられないのでしょうか。派遣にはもちろん税金がかかります。国民は不要不急の外出制限中なのに、不要不急の最たる例ではないでしょうか。

一方新型コロナ感染症対策のほうは、遅々としています。早く!早く!という国民の声に沿っていません。しかも支援規模が小さい!

政治の役割が果たされていません。コロナ関連死はこれからです。命にかかわることが起きています。一人でも多くの命を守るために。コロナ対策に税金を惜しむな!軍事費よりも命と暮らしを優先しよう!と声を上げつづけたい。

 


5月12日は「病院の日・看護の日」

2020年5月10日 崎本 とし子 とし子からの手紙

12日は看護の日です。ナイチンゲールをご存知ですか。近代看護の母と呼ばれる人です。12日はナイチンゲールの誕生日です。それを記念して12日は看護の日になりました。

今年はナイチンゲール生誕200年です。ナイチンゲールは若き日に、戦場で寒さに震える傷病者のために「毛布をよこせ!」と闘いました。体温保持のために「毛布」が必要だと、看護の立場から政治に物申したのです。看護師から見て、命の消耗を最小限にするために何をしなければならないか、「言うべきことを言う」という凛とした人でした。私はそういう姿勢を尊敬しています。

私たち世代は「科学的看護論」を学生時代に学びました。その根底はナイチンゲールの看護論です。

「看護とは命の消耗を最小限にすること」という言葉は私の看護師としての支柱です。命の消耗を最小限にするために、その時々の立ち位置で「なにをするべきか」を考えてきました。

看護教員養成講習で学んだ時、選んだ分野は「環境」でした。空気、気温、風、太陽の光、生きるために必要な社会的環境など、命の消耗を最小限にするために看護師がしなければならないことを考えたのです。この学習経験は大いに役立ちました。

病院などのようにいろんな医療の資材が用意されている(今はそれが)不足している)場所で決められた仕事をするだけでなく、災害時や地域で「看護は社会に貢献」できると信じています。

看護師はいい仕事です。私は看護の仕事が大好きです。病院看護師として12年、社会環境を整備するための看護師出身の市議会議員として24年、看護学校の非常勤講師として5年、今訪問看護事業にかかわって5年になります。

地球環境を思う時、これから感染症の時代が来るでしょう。「危険な仕事」という看護のイメージではなく、「命の消耗を最小限にする」仕事としての看護の仕事が社会に評価される日本であってほしいと願っています。


コロナ関連死を出さないために

2020年5月9日 崎本 とし子 とし子からの手紙

私はコロナ関連死がいよいよ心配です。

コロナ感染症で死ななくても、その影響で、暮らしていくめどが立たない人が増えるために、、自殺や孤独死などの関連死が起こるのではないかと・・・。とにかく補償が遅い!

ホテルや旅館は、外国人観光客がいつ戻るのかめどが立ちません。観光立国を推進してきたことが裏目に出ています。支えなければなりません。料飲業者は、いつから通常営業に戻れるかわかりません。毎月出ていくものは出ていく・・・。貯金を取りくづして歯を食いしばっているが7月にこのままだと廃業・・・だと。失業者が増えそうです。大きな企業は給与が8割補償だけれど、中小企業で働く人はそうはいきません。雇用調整給付金は月16万円程度の額です。暮らしていけません。不安が大きくなり、希望が見えなければ、生きていくことがつらくなる・・・。

日本の貯金状況は、23%が無貯金。たちまち生活不安が襲います。相談場所や寄り添い支援が必要です。「何があっても生きていける」と行政が支えなければなりません。

医療や介護現場は人の体制が限界です。疲労困憊で、感染したり、過労や疲労で体調を崩したり・・・・。家族を含めて、いろんな人権侵害もあるとか・・・。悲しいです。

でも、看護師仲間の皆さん、離職しないで頑張りましょう。同じ看護師として私も頑張ります。そして、生き抜きましょう。

コロナ関連死は出してはいけません。政治の責任で出してはいけません。どの人もが暮らしていける社会を作ってください。災害時には自己責任を押し付けてはいけません。

 


5月は「母の月」に

2020年5月8日 崎本 とし子 とし子からの手紙

我が家では赤、ピンクなどのカランコエがたくさん咲いています。

10日は母の日です。毎年、母の日には花を届けていましたが、母が亡くなり届ける人がいないことを寂しく思うようになりました。

よく「毎年、だんだん寂しくなるよ」と先輩から言われましたが、その言葉がよくわかります。

今年は、コロナウィルスの関係で、お祝い事の花も売れない・・・とか。卒業、進学、就職、結婚式などのお祝い行事がほとんどないですからね。母の日も危うい状況ですが、「10日」に限らず、5月を母の月にして、気持ちを伝える月間にしよう・・・という声があるそうです。

いいんじゃないでしょうか。

母がいる人は、「生きてる今」を大事にしてほしい。気持ちを伝えてください。声でも花でも手紙でもいいと思います。

そうそう6月は父の日があります。これも父の月にして、お父さんへの気持ちを伝えましょう。母の日よりなんだか父の日を忘れがちなのは私だけかな・・・。

 


仕事の日

2020年5月7日 崎本 とし子 とし子からの手紙

いろんな色のバラがきれいな季節です。

今日は仕事の日です。

訪問看護ステーションは連休中も暮らしを支え続けました。デイサービスはお休みしたところもあったようですが、暮らしに休みはありません。看護の仕事は、「暮らす人」を支える仕事です。笑顔で頑張ってくれたスタッフにはいつも感謝です。

天気は快晴!

みんなの顔を見るのが楽しみです。


さくらんぼ

2020年5月6日 崎本 とし子 とし子からの手紙

我が家のさくらんぼがまさに鈴なりです。

今年は少し摘果をしたので、昨年よりは少し大きい実がなりました。赤くなり、熟したものは本当に甘くておいしいです。

鳥がよく知っていて食べに来ます。鳥さんと取り合いです。宝石のようにキラキラした実を取り、ご近所や友人たちにおすそ分けしています。旬の味は喜んでもらっています。本当は、食べ助けしてもらっているんですけど・・・。

毎年この時期においしい実を届けてくれるさくらんぼ。いつもは児童センターに来る子もどもたちにもたのしんでもらいますが今年は残念・・・。センターは休館中です。

31日まで「宣言」は続きますが、岡山は、自粛緩和の方向です。50人以下の集まりは「小規模な集い」として3密に気を付けながら、実施ができる日も近いようです。

5月、愛育委員会はサロンや赤ちゃん訪問などを中止しています。外の行事(歩く会、移動定例会)は実施予定です。油断大敵ながら、予定どおりできるなあ・・・と思います。

「新しい暮らし方」が提唱されています。手洗い、うがい、免疫力を上げる暮らし方に加え、マスクを着用し、3密を避けること。ここまではなるほど・・・と。でも、働き方はテレワーク、オンライン会議、公共交通機関内では会話を控え(旅行でもしゃべるなって?)、混む時間をさける。外出から帰ったらすぐシャワーをあびて、こまめな洗濯を・・・となるとなかなか・・・。

私は思うのです。自分の体に関心をもつこと(毎日検温や体調チェックをして、おかしいと思えば受診する)、正しい知識をもってウィルスと向き合い、早期発見と早期対応でいのちを守ることが大切だと。長い間病気と向き合う心構えはがんという病気との向き合い方と同じです。

この10年間、がんという病気と向き合ってきました。がんという病気も無症状でがんだと教えてはくれない。だから検診などをして自分で見つけに行かなければならない。同じ病名のがんでも一人一人違う。自分の体の異変に「おかしい・・・。」と気づくことを大切にしましょう。まだ正体がわからないウィルスですが、専門家は必ず正体を明らかにして、治療法やワクチンを見つけてくれると信じています。できることをコツコツと実践して、生き抜き、その時を待ちたいと思います。


« 以前の日付

新しい日付 »