RSS Feed

サイト内検索

こ ん に ち は、 崎本とし子 です

最近のコメント

最近の投稿

カレンダー

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

年月別

記事分類

ページ

カウンタ

[以前のblogから通算:2011年5月14日、79958開始]

メタ情報

お気に入り

ご近所・地域

健康・看護・命

RSS 岡山市公式ホームページ トピックスRSS

RSS 岡山県庁RSS(新着情報)

サイト内検索

暑さにやられる・・・要注意

2020年8月2日 崎本 とし子 とし子からの手紙

夏野菜は私の夏バテ撃退に欠かせません。昨日も今日も34度を超える猛暑です。実は私は暑さが苦手です。

いつも暑くなりかけや秋の入り口に、疲れを出してしまします。

昨年は夏の疲れが出て、肺炎を起こし大変でした。今年はコロナ感染症のこともあり、いつもより一層気を付けないと、免疫力が落ちて危ないことになる気がします。要注意です。

ずっと忙しい暮らしで、自宅にいることが少なかった私ですが、コロナ禍で「自粛」が余儀なくされ、人生の歩く速度を少し落とせそうです。「今の体」に合うちょうどよい速度になりそうで、私にとっては悪いことばかりではないような気がします。本や雑誌もよく読めるしや、考える時間も増えました。「無理しなくていい」と思えることでストレスがありません。

「かんがえる時間」を増やすことが必要です。じっくり考える・・・ということの大切さを感じるこの頃です。

皆さん、暑中お見舞い申し上げます。どうぞ無理をせずご自愛ください。

 


葉月・・・梅雨明けて 朝から元気な 蝉しぐれ

2020年8月1日 崎本 とし子 とし子からの手紙

全国的になが~い梅雨が明けました。今日から8月。今朝は朝から青空が広がり、セミの声がにぎやかです。

コロナ感染症は最大の広がりを見せ、東京都は自粛要請を決断。・・・でも、政府は動きません。GOTOは続行中です。私には信じられないほどの政府の対応・・・。対応が遅すぎる!今こそ政治家は役割を果たすべきです。

東京都医師会の尾崎会長の言葉は切実です。

「医療現場は疲れ切っている。政府は東京の医療体制はひっ迫していないというが誤りだ。NOT GOTOキャンペーンが必要だ。・・・コロナ禍はすべてを市場原理、競争原理にまかせる新自由主義的な政策の問題点をあぶりだした。…社会を土台から支える医療や教育は誰もが平等に受けられないといけない。しかし、現実は格差と貧困の拡大の中でお金がなければ医療も教育も受けられない。医療は人で成り立つものだ。経済効率優先では医療を担う人を育てることができない。やはり新自由主義ではだめです。」(8・1付け赤旗日曜版)

昨日我が家では人生会議。

「コロナ肺炎になった時、人工呼吸器をつけたり、エクモをつけたりしてほしい?」を話し合いました。

夫「必要以上の医療は不要。」私も同じことを伝えました。

医療がひっ迫する状況の時、本人の意思を示しておくことは大事。コロナ禍で非日常の今、人生会議もしておくことが必要ですね。

暑くなりそうです。暑さに要注意で~す!


国会開いて真剣な議論を!・・・安倍内閣はなぜ国会を開かないのか!?今でしょ!

2020年7月31日 崎本 とし子 とし子からの手紙

コロナ感染症の拡大が止まりません。東京はついに自粛要請(飲食等の営業時間を22時まで)しました。政府は、GOTOキャンペーンを中止せず、続行中・・・?これでは若い無症状の人の動きを止めることはできません。

今すぐ「GOTO」を中止すべきです。私の職場にも「マスク」が届きましたが。使えません。子どもたちの活用してもらおうとまた問い合わせて使えそうなところに有効活用してもらいます。

安倍内閣はズレています。安倍総理はこのところ会見もなさいません。今感染拡大を止めるために手を打つときです。

国会を開いて政治家としての役割を果たしてください。野党は、連携して国会開催の要望を強く働きかけています。

今は与党も野党もワンチームでコロナ感染症に向き合う時です。これ以上広がると、たくさんの高齢者やリスクの高い人々が、命を落とすことになりかねません。

病院の体制が取れず、治療を受けることなく命を落とすことになるかもしてないと思うと対策を打つのは今なのです。

国会開け!命を守れ!と声を上げたい!野党頑張れ!


黒い雨訴訟の原告全面勝利判決・・・良かったです。

2020年7月30日 崎本 とし子 とし子からの手紙

伝えるのは林潤岡山市議です。。

さて、昨日黒い雨訴訟の判決が出ました。原告全面勝利です。本当に良かったですね。

体調に気を使いながらの闘い、5年の間になくなられた人も16名おられるとか・・・。それでも理不尽は認められないと訴えを起こして、闘ってこられた皆さんの勇気と努力に敬意を表します。

行政や国が控訴しないことを願っています。

共同通信社の報道写真に大平よしのぶ前衆議院議員(共産党)のポロシャツ姿が映っていました。バッジがあろうとなかろうと、苦難のある所に寄り添う姿に感動です。

買収政治家、忖度政治などが横行する中国地方に日本共産党の議席が一つもない・・・という状況を改善したい!次回の総選挙で必ず大平よしのぶさんを国会へ送りたい!

こういう日ごろの姿を知ってもらい、「共産党」と書く人を増やせばよいのですね!

 


「顔見れば ほっと涙が出るような 安心運ぶ人になりたい」

2020年7月28日 崎本 とし子 とし子からの手紙

表記の歌は、私が1995年の選挙の時に詠んだ歌です。

阪神淡路大震災があり、その被災地支援に行きました。1月17日に地震発生、2月初めに支援に行き、見たことや感じたことがたくさんありました。看護師として命を救うという使命感でいっぱいで、苦難にある人々を前にできることはないかと懸命に考え、共産党の市議会議員としてできることや政策提言を背中を押されるように続けました。

岡山でも他人事ではない・・・と。

支援に入った2か月後の4月の選挙直前に詠んだのがこの歌です。政治には安心を作る責任がある・・・と考え、自分の思いを詠んだのです。

避難所で、「医師や看護師と書いたゼッケンをつけている人がいるだけで、安心するんだよ」と話された医師の言葉が胸に残りました。ただいるだけでも役に立つことができる・・・と思うとじっとはしていられません。

せっかく看護師になったのだから、必要な人の役に立ちたい。そんな思いで医療現場に立つ看護師は多いはずです。

今コロナ感染症が拡大する中で、感染現場で仕事をする医師、看護師をはじめ医療従事者の皆さん、皆さんの声が届く政治をご一緒に作りましょう!

 


感染拡大になぜ政府は何もしないのか

2020年7月25日 崎本 とし子 とし子からの手紙

我が家の夏野菜が命を支えてくれます。

さて、コロナ感染者増大のもとで、安倍総理が何の行動も起こさないのはなぜでしょうか。自分がしたいときには何度でもする記者会見もいやのようで、閣僚任せです。

8月末にはG7でアメリカのお出かけのようですが、「公務」の都合で帰国後も特別に自粛期間なし・・・とか。(ありえない!)

G7の会議はなぜリモート会議ではだめなんでしょうか。行くことないです。アメリカはいまだ感染拡大中ですから・・・。

今感染拡大のもとで、検査体制の大幅拡大をし、医療現場用のガウンやマスクなどの安定確保をすることは政府の責任でやるべきことです。病床確保をするために必死で、地方自治体とともに奔走すべきです。

自治体任せ、医師会任せ、住民任せでは政府の責任を果たしたことにはなりません。政府はさぼるな!といいたい・・・。

国会を開いて、感染封じ込めの対策を議論するべきです。予備費10兆円のうちの1兆円で、検査体制拡充、医療現場用の資材安定、病床確保はできると専門家は指摘しています。

GOTOトラベルキャンペーンの推進など信じられません。聞けば、自民党二階幹事長は、観光業界から650万円の企業献金を受け取っているそうです。それで「推進」なのか・・・と納得。国民の命より自分の支援者優先なのですね。情けない話です。

国民の命最優先の政治に変えたいものです。

命は何より大切です。

 


桃がおいしい季節

2020年7月21日 崎本 とし子 とし子からの手紙

桃がおいしい季節です。県外の親戚にお中元で桃を届けました。桃農家の友人にいつも依頼しています。おいしかった!・・・と連絡がありました。桃は岡山の名産です。これからは清水白桃の時期ですね。

今日は我が家でいただく桃を買いに友人宅へ行きます。久しぶりに会うのも楽しみです。

旬のものをおいしくいただいて、免疫力アップを目指します。

 


がんになっても自分らしく生きる

2020年7月20日 崎本 とし子 とし子からの手紙

今日は午前中あるボランティアグループ主催の講話に行く予定です。

テーマは「がんになっても自分らしく生きる」

いろんな講話の要請をいただきますが、このテーマは久しぶりです。これまで2度のがんを経験して、今「がんとともに生きている」状況です。でも毎日充実しています。笑って暮らしています。

人には時間の限りがあることを意識してから生きることが愛しい。時間は大事だと思う。孫たちがみんな20歳になるまで生きていたいと願う・・・。

笑顔は最強の抗がん剤、人生に無駄なことは何もないを(がんを含めて)・・・という私の今の心境を話せたらいいのかなと思います。

私の「自分らしく」は、「最期まで人の役に立つ命でありたい」ということ。それぞれに「自分らしく」があると思います。

人のために少しでいいから役に立つ自分でいたい。一人は万人のために、万人は一人のために。

笑顔で生きられる人生がいいね!

今日の皆さんとの出会いが楽しみです。


内閣支持率35%(6月は40.3%)、不支持率46%・・・時事世論調査

2020年7月19日 崎本 とし子 とし子からの手紙

7月の世論調査で、内閣支持率35%、不支持率46%でした。3か月連続で不支持率が上回りました。

コロナ感染症者が増えており、経済優先で「移動自主要請を解除」したこと」は「早すぎる」という人が52.5%でした。

コロナ対応を通して一番変えなければならないのは「政治」と考える人が増えているようです。

忖度政治、行き当たりばったり政治、身内優先政治、思い付き政治、金権政治・・・を国民はよく見ています。

人の命を大事にしない政治は変えるしかありません。政治はあなたのためにある!野党頑張れ!日本共産党頑張れ!・・です。


今日はハンドの会の集い・・・感染症対策を取り、実施します。

2020年7月19日 崎本 とし子 とし子からの手紙

中区共産党後援会=ハンドシェイクの会は、久々の集いを開催します。13:30~、コムコム会館3階ホールです。(200人の会場に50人までの参加者で)

この間、中国地方をはじめ九州の被災地などを駆け巡り、要求実現のために懸命に取り組む大平よしのぶさん(前衆議院議員)がゲストです。広島の心を国会への思いが伝わるいい集いになると思います。

氏平県議と林市議は議会報告を行います。1月以来長く顔を合わせることができなかった仲間たちが、久しぶりに顔を見て話せる機会を作れたことがうれしいです。ちょっとお得なバザーもあります。

感染症対策は十分にとり、3密を避ける環境を作ります。マスクをして、ご参加ください。参加できない人にはDVDを通して集いの様子を知る事ができるようにします。

熱中症予防のために、自分用のお茶などをご用意ください。私も楽しみに参加します。


« 以前の日付

新しい日付 »