RSS Feed

サイト内検索

こ ん に ち は、 崎本とし子 です

最近のコメント

最近の投稿

カレンダー

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

年月別

記事分類

ページ

カウンタ

[以前のblogから通算:2011年5月14日、79958開始]

メタ情報

お気に入り

ご近所・地域

健康・看護・命

RSS 岡山市公式ホームページ トピックスRSS

RSS 岡山県庁RSS(新着情報)

サイト内検索

がん患者団体(7団体)と市議会議員さんとの懇談会しました。・・・超党派の10人の議員が参加

2020年2月8日 崎本 とし子 とし子からの手紙

かわいいたんぽぽの花に勇気をもらっています。胸を張ってしっかりと足を地につけて生きていますから。

7日、昨年当選された市議会議員さんとの懇談会をすることができました。市議会が提案して岡山市がん対策推進条例を作って9年。政令市で初めてのがん条例を、がん患者団体や専門家の声を反映して作り、2011年3月に施行されました。

私は条例施行前(2月)に地域がんサロン・たんぽぽカフェを運営開始。当事者の声が条例に魂を入れるのだ・・・と考えてきました。

当事者の切実な声を議員さんに知っていただきたいと懇談会をよびかけてきました。「生の声」を聴いてくださる議員が増えれば、議会の議論に反映され、施策に反映されると思うからです。

今回は保健福祉委員会の林としひろ委員長さんが議員さん方に呼び掛けてくださいました。10人の議員さんが1時間の懇談会に参加してくださいました。1人の方からは参加できないが支援しますと連絡がありました。(感謝!)

がん検診の充実、がん患者の療養環境の改善、がん教育の充実、禁煙や受動喫煙対策などに加え、2021年にがん対策推進条例10周年記念事業としてリレーフォーライフおかやま(仮称)おかやまをご一緒に取り組みたいと提案しました。

保健福祉局長、保健福祉課長、障碍者福祉参事官など当局からも傍聴していただき、「生の声が聞けて良かった」「できることはさせていただきます」と。「私たちも願い実現のためならできるだけのことはします。何をすれば実現できるのかおしえてくださいね」と私。

議会事務局の皆様ありがとうございました。ご配慮に感謝です!これからも地道に当事者発信を続けていきたいと思います。

「いつでも何度でも読んでいただければ参ります。」とご挨拶をして市議会を後にしました。


来年度国保料値上げなし!・・・うれしい!

2020年2月8日 崎本 とし子 とし子からの手紙

山茶花の花が咲き誇っています。

6日の国保運営協議会で来年度の国保料は据え置きと決まりました。2月議会の議決を経て決定します。

消費税増税や年金引き下げなど懐具合が寒い年金生活者にとって朗報です!

岡山市社会保障協議会は毎年「払える保険料に!」の署名を集めて届けています。今年は14774名分の署名を集めました。(私は毎年100名を目標に集めています)切実な声を届けることは大事なことです。市政は身近なもので、市民の声を届けることの大切さを実感しています。

「政治はあなたのためにある」という中区共産党後援会(ハンドシェイクの会)の合言葉が私は大好きです。

一人が行動することは微力だけど無力ではない・・・と確信しました。これからもできることを誠実に実行し続けていきたいと思います。

 

 


岡山市の国保運営協議会・・・きょう開催

2020年2月6日 崎本 とし子 とし子からの手紙

私は国民健康保険に加入しています。国保料は高い!我が家は年間約36万円の保険料です。介護保険料も加えると年金世帯には負担が重いです。民間保険は一つも加入していませんので、国保はまさに命綱です。

だから注目している国保料金の行く末・・・。今年度も「払える国保料に!」の署名を集めました。

今日は岡山市の国保運営協議会だと聞きました。ここで来年度の保険料率の方向が決まります。それが議会で審議され、決定される仕組みです。

市長さん、どうぞ値上げをしないでください。もう負担は限界です。滞納せずに高額療養費制度が使えるようにしておかないとがん患者は不安なんです。がん治療をして5年を経過しないと民間保険の加入は困難なことが多いし、これ以上の保険料負担は厳しいのです。

私は1度目のがん治療の直前で保険を解約(月15000円の保険料を払っていたが、55歳で同じ条件ならば保険料の値上げとなるということで入っていない時期にがんが発見された)しており未加入。主治医から珍しいな・・・と言われたことを思い出します。2度目のがん治療からまだ3年9か月。公的保険がきちんとしていれば、必要ないかと。入るなら共済保険ですかね。

かなんせ高い保険料は払えません。

ともかくも今日の国保運営協議会は注目です。


立春

2020年2月4日 崎本 とし子 とし子からの手紙

今日は立春です。

すでに水仙、白梅、紅梅が咲き、なんだか春の様相です。でも今朝は霜が降りています。今後三寒四温で一日一日と春に近づいていきます。

日が長くなることはうれしいですね!昨日は節分、3月3日はおひなさま、4月は花見、5月は端午の節句。昔から人々は、子どもの成長を喜びながら、季節の楽しみを作ってきました。

我が家の7人目の孫の雄君は7か月、お座りができるようになりうれしそうです。雄君用の座椅子を用意しました。(片づけていた椅子を取り出しました)食事の時みんなを同じように座って食卓を囲めるようになりました。ニコニコしています。

これから暖かくなるにつれて、ハイハイ、つかまり立ち・・・そして歩くようになるのでしょう。夏ごろには歩き始めるかな・・・。ゆっくりといろんな筋肉を使って成長してほしいです。その時々の発達の道筋をしっかり歩んで成長しますように!ゆっくり、じっくり・・・です。

 


京都市長選挙は残念!・・・投票率40.71%

2020年2月3日 崎本 とし子 とし子からの手紙

昨日の京都市長選挙結果です。投票率は40.71%。低いですね・・・。

現職の門川氏が当選。194821票・・・5党相乗り

福山氏が153545票・・・共産党,れいわ新選組推薦(もう少しだったのに惜しかった!)

村山氏が91632票・・・地域政党京都党の代表だった人

政治は選挙でしか変えられません。50%以上の投票率になぜならなかったのでしょう・・・。とても残念です。今の安倍政治がはびこるのは「無関心」が一番の原因かもしれません。とにかく、政治に関心を持ち続けたい。政治はあなたのためにある!

 


オニは外!福は内!・・・京都市長選挙

2020年2月2日 崎本 とし子 とし子からの手紙

白梅も紅梅も咲いています。

明日は節分です。今日は旭東児童センターの豆まきです(児童センターは月曜日が休み)

孫と参加する予定です。

邪気を払い、いい年になるようにと願いを込めて、豆まきです。今年も緩和ケア病棟、協立保育園などで節分の会があります。

春を呼ぶ行事の一つですね。

政治の春を呼ぼうと期待しているのが京都市長選挙です。現職に対して「今すぐやる政策プラン」を提案しチャレンジしているのが市民候補の福山和人さんです。投票率が上がるといいなあと思います。政策選挙で市民がどういう政策を選ぶのかがわかるからです。選挙に行かなきゃ始まりません。

主権者である市民が、政治を変えることをあきらめないことが大事です。

政治はあなたのためにある!

政治の夜明けが京都から始まることを願っています。!!

 


「募っているけど募集じゃない」・・・安倍総理の答弁は「答えているけど答弁じゃない」

2020年1月31日 崎本 とし子 とし子からの手紙

国会の中継が毎日あります。でも安倍総理の答弁はひどい!日本語ではないのです。都合の悪い事実を突きつけられると日本語が離せなくなります。すり替える、ごまかす、しらばっくれる。恥を知れ!政治を腐らせるな!・・・と言いたい。

「説明します」という言葉が泣いています。

地元の自分の後援会員を広く募り、「桜を見る会」にバス何台分もの人が参加。予算は大幅に増えました。

自分の後援者に予算を使って後援、接待したら公職選挙法違反・・・というのは国民が誰でもわかることです。

自分のしたことはきちんと資料を示して、事実に即して反論すべきです。調べることすらせず、「資料はない」「参加者名簿は廃棄」と。それで説明できたとはだれも思いません。

問われているのは、「桜を見る会」を実施したことではなくて、それを私物化して税金を予算を無視して使ったことです。

桜を見る会を来年度は中止するからいいじゃないか・・・ということで済まない。税金を勝手に自分のために使う政治家を信じて任せていいのか・・・ということです。

あなたは「税金を私物化する政治家」をやっぱり支持しますか。私は支持しません。


メッセンジャーナースの新年会

2020年1月30日 崎本 とし子 とし子からの手紙

昨年末、岡山に2人の新しいメッセンジャーナースが誕生!岡山県は8人のメッセンジャーナースになりました。岡山県は(全国約130人)私は2013年にメッセンジャーナースの認定をいただきました。

今日は2020年の顔合わせの会です。

これから何をするか、何ができるか・・・。みんなが「医療の担い手と受け手をつなぐ看護で、その人らしく人生を全うするお手伝い」をするために頑張っていきます。

1月から新しい研鑽セミナーが始まりました。

あなたもメッセンジャーナースを目指しませんか。次回セミナーは3月28,29日です。


がん患者団体と市議会議員さんとの懇談会は2月7日(金)15:00~、市議会にて

2020年1月29日 崎本 とし子 とし子からの手紙

紅梅が咲いています。

1月が終わろうとしています。

昨年も行ったがん患者団体と市議会議員さんの懇談会は2月7日です。明日は市議会事務局の方と打ち合わせです。

患者団体は7団体、9人が参加の予定です。

昨年と同様に、日常活動の中で出される「小さな声」をまとめて懇談会資料を作りました。各患者団体の活動の中で持っている切実な願いや現状を伝えることにしています。

岡山市がん対策推進条例の10周年に当たり、記念事業として「リレーフォーライフおかやま」を取り組む提案もしています。毎年がん条例の具体化の一つとして、取り組みたいと私は考えています。

今日もがん告知を受けた人がいると思います。「一人じゃないよ」と声をかけたい。

市議会議員さんとの連携ができてがん対策が進むことを期待しています。


母の1周忌

2020年1月25日 崎本 とし子 とし子からの手紙

昨年2月9日に母が亡くなってもう少しで1年です。26日は1周忌の法要をするので愛媛に帰ります。

昨年の今頃は倒れて骨盤骨折をして緊急入院、命にかかわるかも・・・との連絡を受けところです。何とか一命をとりとめ、それから妹と2人で交代で付き添いをする日々が始まりました。愛媛と岡山を2往復した2週間後、緩和ケアを受けながら、母は、息を引き取りました。

ずっと通院していた大洲市民病院は救急病院ですが、入院後も母の意思をしっかり受け止めてくださり、不必要な延命のための医療行為はせず、痛みを取り、苦しみを減らすための緩和ケアをしてくださいました。

母は腎不全で透析を勧められながらそれをしない選択をして2年がたとうとしていたころの骨盤骨折でした。臨終のときにも私、妹弟がずっとそばにいて、みんなで見守れたことは母にとって幸せだったと思います。

3人とも大病をしながらも母より先に行くことがなかったことが何よりでした。命は旬繰りです。親より子どもが先に行ってはいけない・・・と思ってきましたから。

予讃線沿線沿いに咲いていた水仙の花を思い出します。「伊予の道 水仙の花咲き誇り 90歳の人生終えん」と母に捧げる一句を読みました。

一度だけ泣くことのなかった母が、「どうしてお父さんはまだ迎えに来てくれんのじゃろう…」と泣き声で私に話したことがありました。体調が悪いときだったのでしょう。

私は「まだその時じゃないんよ。しんどいんかい…?」と聞きながら、「お父さんとここで何年暮らしとったんかな・・・」など父との思い出話をしたことを思い出します。

母は自分の意思をはっきりと伝え、自分の人生を自分で決めることができる人でした。今は父と笑いあってるかな・・・と。

私も自分の人生は自分で決めて、最期まで人の役に立つ命を全うするよ・・・と伝えてきたいと思います。


« 以前の日付

新しい日付 »