RSS Feed

サイト内検索

こ ん に ち は、 崎本とし子 です

最近のコメント

最近の投稿

カレンダー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

年月別

記事分類

ページ

カウンタ

[以前のblogから通算:2011年5月14日、79958開始]

メタ情報

お気に入り

ご近所・地域

健康・看護・命

RSS 岡山市公式ホームページ トピックスRSS

RSS 岡山県庁RSS(新着情報)

サイト内検索

今日は中区行動の日

2018年3月19日 崎本 とし子 とし子からの手紙

今日は34回目の中区行動の日です。

集団的自衛権行使に反対する中区の会は地道に行動を続けています。来年度の予算は、専守防衛どころか「攻撃的武器」の購入予算です。しかもアメリカから高く買う武器です。

こんな予算は認められません。「対話ではなく北朝鮮に最大限の圧力をかける」としか言わない安倍総理の下で作られた軍事予算はこれまでの最高の額で、攻撃的予算です。「憲法違反の予算」だと私は思います。

一方で命の予算が削られています。私はがん患者の一人として黙っているわけにはいきません。経済的理由で治療断念を余儀なくされる患者がいることを思えば、声を出さないわけにはいかないのです。

今日もデモに参加してきます。雨でも、嵐でも、吹雪でも続けてきた行動です。ささやかな行動ですが、きっとこういう行動が平和につながるのだと思うのです。


浅田裁判の勝利判決を受け、岡山市の控訴断念を求める要請書を市長に郵送しました。

2018年3月19日 崎本 とし子 とし子からの手紙

今朝は浅田裁判の内容を市職員にお知らせするチラシを中区福祉事務所前で配りました。憲法を守り、市民の命や暮らしを守る市職員は市民の宝物です。「憲法を守る職員」としてこれからも誇りを持って働いてほしい。

若い職員が次々と受け取ってくれました。浅田さんの痛みを自分のものとして感じ取ってほしいと思います。財務省のように、総理大臣やその夫人の意向を忖度して(見えない威光を感じて)決裁文書を改ざんするような職員になってほしくない・・・。私の知る岡山市の福祉職員はそうではありませんでしたから・・・。市長のためにではなく、市民のための仕事をしてほしいのです。

市長には「控訴を断念して、猛省し、再びこのようなこらないように是正してほしい…」という要請書を送りました。毎日控訴断念を願い祈っています。


「手裏剣つくり名人」のお兄ちゃん

2018年3月18日 崎本 とし子 とし子からの手紙

娘のところの孫は3人。土曜日には遊びに来ます。小学校3年生の男の子は手裏剣を作るとまさに名人級です。最近保育園の年長の子も手裏剣づくりに夢中です。

でも、先がピンッととがった手裏剣を作るのはなかなかむつかしいのです。年長の孫にとって、ピカピカの折り紙でピンッととがった手裏剣を作れるお兄ちゃんはどうやら「尊敬」の的のようです。

「お兄ちゃんがつくった手裏剣をくれた!」と私のところに報告にきました。

「お兄ちゃん優しいね」と話すと、

「うん!よし(お兄ちゃん)は俺のお兄ちゃん。よしは優しい!よしは俺のお兄ちゃん!・・」とかみしめるようにつぶやいていました。

末っ子も今年は1年生。3人兄弟は切磋琢磨して大きくなっているようです。

 


浅田さん全面勝訴!よかったです!・・・岡山市は上告をやめるべき

2018年3月15日 崎本 とし子 とし子からの手紙

昨日の浅田訴訟は浅田さんの全面勝利となりました。本当に良かったです。

岡山市が私には考えられない浅田さんへの対応をしてしまったことは事実と司法が認め賠償金の支払いを命じました。「法違反の対応」の事実は明らかなので、岡山市は上告をやめ、その誤りを認めて、今後の改善に取り組むべきです。

多くの関係者が自分のこととしてこの闘いに立ち上がっていました。全国で同様の訴訟が起こされています。

憲法13条、25条など基本的人権を守る条項が生きている!憲法は「権力者にしてはいけないこと」を明記している、権力者を縛るものが憲法だ・・・と改めて思いました。この憲法は国民が手放してはいけないものですね。

「勝った!勝った!」と手を上げて喜んでおられた浅田さんの誇らしい姿に感動した私です。


浅田裁判の判決日・・・傍聴へ

2018年3月14日 崎本 とし子 とし子からの手紙

今日は浅田裁判の判決の日です。傍聴に行ってきます。

浅田さんは重度身体障がい者です。電動車いすでの暮らしをしており、65歳までは障がい者福祉法により自立支援のための生活援助を受けており、一人暮らしをしてきました。非課税世帯なので利用料は無料でした。ところが、65歳になったとたん介護保険制度へ移行するから利用料は1割で、サービスも限られたものになる・・・と。浅田さんは納得できず、介護保険の申請をしませんでした。すると岡山市はすべてのサービスを打ち切ってきたのです。(びっくり!)重度障がい者であることがわかっているのに、サービスを打ち切ることは「生存権」を切ることです。なぜ自治体がそんなことをするのか・・・と浅田さんは憲法25条や13条を頼りに裁判を起こしました。

そして延々裁判が続き、今日判決です。

私は岡山市がなぜそんなことをしたのか本当に驚きでした。憲法を守る自治体職員の「仕事」に何が起こったのか・・・。もしや今の財務省と同じで、市長の考えに「忖度」したのか。

しっかり判決を聞いて考えたいと思います。

森友問題はまさに日本の政治の腐敗をさらけ出しています。安倍政治は許さない!・・・の思いが強くなる毎日です。


旅立ちの季節・・・昨日は中学校卒業式、今日は卒園式、明日は小学校の卒業式

2018年3月14日 崎本 とし子 とし子からの手紙

昼間は春を思わせるいい天気が続いています。旅立ちの季節です。

今日は幼稚園の卒園式に出かけます。愛育委員会会長としてのご案内がありました。

小学校入学への希望に夢が膨らんでいることでしょう。夢へ向かって進んでいってください。健康で成長されることを願っています。

 

 


市議会へ出した「受動喫煙の防止と啓発にかかわる陳情」は9日の保健福祉委員会で継続審議に(採択してほしい…残念)

2018年3月12日 崎本 とし子 とし子からの手紙

新しく2つのがん患者団体が賛同して市議会に出しなおした「受動喫煙の防止と啓発に関する陳情」がまたまた継続審議になったようです。

16日の本会議でもそうなるのかはわかりませんが、「採択」していただけません。

喫煙対策と受動喫煙対策が著しく遅れている日本。がんになる人が2人に一人、がんで亡くなる人は3~4人に一人という状況が続いています。私はがんの苦しみを知っている者の一人として、同じように難儀をする人を減らしたいという思いでがんサロンなどに取り組んでいます。

今回は市議さんとの懇談会をして、賛同団体を増やして提出したのにもかかわらず「継続」になり、採択していただけませんでした。本当に残念です。詳しいことはまたお聞きしてみたいと思います。何が採択の障害になっているのでしょうか。

「桜の花を楽しみにしながら見ることができないかもしれない仲間がいます。ぜひ採択の吉報を届けたいのです・・・・」と手紙を付けて、採択のお願いに私は各会派を回りました。2016年の陳情提出後、何人もの仲間を見送ってきました。がん患者のささやかな願いが「政治」という名で、先送りされるのはとても残念です。がん患者に寄り添う市議会であってほしいと願っています。


「森友文書」書き換え認めた財務省・・・なぜ書き換えたのか、ゆがめられた行政の事実の解明を!

2018年3月11日 崎本 とし子 とし子からの手紙

今日は岡山市中区の「春を呼ぶ中区の集い」です。みんなで政治の春も呼びたい!!

さて、財務省はついに森友文書の書き換えをしたことを認めたようです。

なぜそんなことをしたのか。国民の財産をなぜ森友学園には格安で払い下げをしようとしたのか。ぜひ明らかにしてほしい。財務大臣や総理大臣は隠し嘘をついてきたことにどう責任を取るのか。

「官僚がしたことで自分は知らない・・・」で済むはずがないですね。国会の存在意義をかけて「あったことをなかったこと」にしないでほしいのです。国民はそれができなかったら、政治への信頼をますますなくします。

嘘をつかず、あきらめない日本共産党の存在が国会での大きなまさに希望です。政府の不都合な真実を隠蔽することを許さない日本共産党は頼もしい!!この政党が日本で大きくなることは政治の腐敗を食い止めることになると思います。頑張れ!共産党!

弱きをくじき強きを助ける「安倍政治」を許さないという国民の声は土の下でもどんどん膨らみ、春には芽を出し、花開いて安倍政権を倒すほどの力になるのではないかと思うこの頃です。


3・11東日本大震災から7年目

2018年3月10日 崎本 とし子 とし子からの手紙

明日は東日本大震災から7年目です。6週目に支援に入った日のことを忘れません。

宮城の避難所の小学校の体育館で寝泊まりしながら、看護師としての支援をしました。町を見て「これは10年はかかるな・・・」と感じました。24年議員をしてきた私の率直な感想でした。そして7年が経ちましたが、私は毎年東北へ行っています。10年は来るよ・・・と約束しているからです。

今年は5月19、20、21日と訪問し、桂島での炊き出しや相談活動にのる予定です。看護師3人の旅です。

連絡すると、そろそろかかってくるころだと思っていました・・・との返事。つながってる!とうれしくなりました。

宿泊予約や交通の手配も済みました。被災地の「今」をこの目で見てきます。報道だけではわからない「現地」を知ることは自分が行動しないと分からないことです。

そして、できることをこれからも継続していきたいと思います。改めて亡くなられた皆様のご冥福をお祈りいたします。


ひどい国会運営・・・質問者不在なのに「審議」時間をカウント

2018年3月10日 崎本 とし子 とし子からの手紙

先日、NHKラジオを聞いているとたわいもない音楽だけが流れている時間が続きました。何かな・・・と思っていると、「・・君の質問時間は終わりました。」という声が聞こえるのです。どうやら国会中継で、説明のつかない無茶苦茶な資料が出てきて、出席を拒否している野党の質問予定議員が出席していないのに委員会が開かれており、不在のまま質問時間だけはカウントされている・・・というありさまであることが見えてきました。

ひどい国会運営です。

委員会を開くことが問題です。国会議員がその権利をもって政府に求めた資料(しかも核心の)が出てこない状況で、質問資料を議会として求めるのではなく委員会を開催することなどはあり得ないことです。しかもそれは国民の税金を特定の人に値引きしたかもしれない事案です。資料を国会として求めることこそ委員長のすることです。官僚の議事進行原稿を読むだけではダメですよね。

森友問題は官僚の辞任や自殺などまるで小説のような現実に直面しています。

人の命より大切な「事実」などありえません。ここまでして何を隠そうとしているのでしょうか。安倍政権は総理の身体最優先で、国民の願う真相解明に背を向けています。

安倍政治は許せない!と切実に思うこの頃です。早く変えたい!そうでないと日本の政治がだんだん腐っていきますね。


« 以前の日付

新しい日付 »