RSS Feed

サイト内検索

こ ん に ち は、 崎本とし子 です

最近のコメント

最近の投稿

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

年月別

記事分類

ページ

カウンタ

[以前のblogから通算:2011年5月14日、79958開始]

メタ情報

お気に入り

ご近所・地域

健康・看護・命

RSS 岡山市公式ホームページ トピックスRSS

RSS 岡山県庁RSS(新着情報)

サイト内検索


夫が退院

2018年8月15日 崎本 とし子 とし子からの手紙

夫は「十二指腸の狭窄」で協立病院から転院していた大学病院での検査を終え、14日に退院しました。狭窄の原因は炎症だけか、それともがんなどの腫瘍か・・・を調べました。

結果は、がん細胞は取った組織からは見つからず、取っていないところにあるかもしれない可能性はあるが、一安心。あとは膵炎のための狭窄が考えられるが、今後禁酒と食事療法(やわらかいものを食べ、硬いものはよく噛んで食べるなど)で様子観察することに。

9月には検査入院を予定。潜んでいる腫瘍がある可能性もあるので油断大敵です。

とにかく退院後は生活上してはいけないことはなし。禁酒を守り、肝臓とすい臓の滋養に努めることが大事ということでしょうか。久々に帰ってきた夫は元気で、明日はテニスをするぞ・・・!と張り切っております。体重は1キロ減で収まりました。(よかったです)

ピンチはチャンス。長くできなかった禁酒ができれば人並みには生き抜くことができるのではないか・・・と私はニンマリ。もう一生分のアルコールは飲んで終了です。

入院中、夫のしている「役割」を代行するのはなかなか大変でした。大切な人です。まだまだ元気で長生きしてほしいのです。

コメント2通 “夫が退院”

  1. ちょびちゃん さん:

    とっても安心しました。牧野さんにも先日会うことができて、こちらも安心しました。「禁酒」ができると長生き間違いなしですね!!!

  2. 崎本 とし子 さん:

    ありがとうございます。一病息災で長生きできればいいですよね。9月、10月、11月の専門家派遣事業申請が認められました。よかったです。

コメント大歓迎

スパム防止用の簡単な質問です: