RSS Feed

サイト内検索

こ ん に ち は、 崎本とし子 です

最近のコメント

最近の投稿

カレンダー

2017年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

年月別

記事分類

ページ

カウンタ

[以前のblogから通算:2011年5月14日、79958開始]

メタ情報

お気に入り

ご近所・地域

健康・看護・命

日本共産党

RSS 岡山市公式ホームページ トピックスRSS

RSS 岡山県庁RSS(新着情報)

サイト内検索

お盆の準備

2017年8月8日 崎本 とし子 とし子からの手紙

昨日はお寺さんが台風の中を来てくださいました。

お忙しそうで、初盆の人を先に回っている・・・と話しておられました。多死社会です。亡くなる人が生まれるよりも多い社会です。

これからますますなくなる人が増えますから、自分のありようも考えておかなければなりません。

私は「ともしび会」の加入をしています。今は「仮免許」をいただいています。岡山大学医学部付属看護学校を卒業して看護師になったのだから、最期までこの命と体を役に立てたいと考えました。2度目のがんの手術の時、家族の全員の同意を得て申請しました。

お盆の準備をしながら、300万人を超える戦争犠牲者や災害被災者のことに思いをはせました。どこの家でもきっと同じように準備されているかな・・・と。

最近は孫たちに戦争の話をすることがあります。「命は一つで大切」「命は順繰り・・・。大きいおばあちゃんがいたからみんながいる・・・」と話します。意識してきちんと事実を話すことが大切です。そのために事実を知っている大人になることが必要です。自分の頭で戦争のことや憲法のことを考え、意識して伝えることはこれから「おばあちゃん」たちのたいせつな役割だと私は思っています。