RSS Feed

サイト内検索

こ ん に ち は、 崎本とし子 です

最近のコメント

最近の投稿

カレンダー

2013年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

年月別

記事分類

ページ

カウンタ

[以前のblogから通算:2011年5月14日、79958開始]

メタ情報

お気に入り

ご近所・地域

健康・看護・命

日本共産党

RSS 岡山市公式ホームページ トピックスRSS

RSS 岡山県庁RSS(新着情報)

サイト内検索

旭東学区で第2回健康ウォーク

2013年11月30日 崎本 とし子 とし子からの手紙

お天気は快晴!

今日は、旭東学区で健康ウォークを開催。高齢者比率が35%の学区での介護予防、健康増進のイベントです。

旭川の河川敷を歩きました。愛育委員会は健康チェックを担当。血圧測定と共に体脂肪など体内年齢のチェックです。先日試しに測定すると、私はなんと体内年齢は53歳でした。(役員はみんな実年齢より若く出て、にんまり・・・!)

体重は標準でも体脂肪が高いと生活習慣病に繋がりますよね。体重が多くてもよく運動している人は、体脂肪率が低く健康です。

よく動き、よく食べ、よく眠り、元気で長生きを目指したいものです。


岡山市にステキな演劇ホールを作ろう!

2013年11月29日 崎本 とし子 とし子からの手紙

私は市民劇場の会員です。生の演劇を見るのは大好きです。仕事をしているときには、なかなか見れなくて(3割くらい行くけど、半分は寝ているみたいな状況・・)会費だけは払うみたいな会員でした。仕事を変わってからは、サークル代表になり、これまでよりは運営にかかわれるようになったし、演劇鑑賞もできるようになりました。

来年1月は「くにこ」(向田邦子さんの物語)の運営担当です。年末で退会者が増えないといいけどなあ・・・と祈っています。会員を増やしたい・・・と声をかけています。3月には仲代達也さんの出演する「ロミオとジュリエット」です。これもとても楽しみです。

皆さんも会員になって一緒に演劇を楽しみませんか。

さて、演劇鑑賞の会場は市民文化ホールが多いのですが、岡山市は市民会館と文化ホールを「建て替え合築」するかもしれないと報じられ、1800人のホールと800人のホールが本当にうまく建て替えられるのかどうか・・・・と心配しています。心配するだけでなく、いいホールを作ろう・・・と市民劇場は取り組んでいます。ぜひ関心を持ち、知恵を貸していただき、市民の文化の拠点をちゃんと作るためにご協力ください。

12月1日は、栗原小巻さんも参加する「シンポジウム」があります。シンフォニーホールのリハーサル室です。一緒に考えてみませんか。ご参加をお待ちしています。


年賀状の準備

2013年11月28日 崎本 とし子 とし子からの手紙

皆さんは年賀状を何人くらい出されますか。

私は議員のときは年賀状を印刷で出すことは制限されていましたから、もっぱら市政報告で失礼しておりました。

その後少しづつお付き合いが変化するのに伴って、出す数を減らしてきています。それでも300~400人へ出すことになるのです。今年も年賀状を用意しました。夫婦連名で出せるものは共通にしようと考えています。いろいろ工夫するのが楽しいですね。

あわただしい年末ですが、一日一日を大切に生きて、「年賀状が出せる幸せ」を感じたいと思います。


今日はたんぽぽカフェの日

2013年11月27日 崎本 とし子 とし子からの手紙

第4水曜日の14時からはたんぽぽカフェです。

今日も皆さんの顔を見れるかな・・・。楽しみに出かけます。

何でも話せて、重い荷物がちょっと降ろせる場、一人じゃない・・・と思える場所は大切です。

気軽にお出かけくださいね。おいしい紅茶やコーヒーを用意してお待ちしていますよ。

さて、本日の14時から16時までたんぽぽカフェを開店。7名の参加でした。初めての方が一人来られました。

今朝NHK番組の「あさイチ」が放送していた「がんと性生活」のことが話題になりました。がんという病気になり、いのちと向き合い、夫婦間でどんな対話や関わりが作れるか・・・。性生活は夫婦間や家族間のコミュニケーションの大事な問題のひとつです。乳がん患者さんへの調査では、50%は「かわらない」、30%は「より信頼が深まった」、20%は・・・いろんな困難を抱えた・・・ということでしょうか。(高橋先生が発言しておられましたね)

病気ではなく「病気を抱えた人」の暮らしを見つめる治療の視点が必要なのです。医師だけでなく、看護師を含めた医療スタッフが性生活のことのついても話が出来るように、患者とうまくコミュニケーションをとることが必要だ・・・と私は思います。専門家がきちんと患者や家族と向き合い話をすることで、「当たり前のこと」として、相談ができるようになり、苦しむ人が減るのではないでしょうか。

「ここはなんでも話が出来ていいなあ・・・」と参加者から意見が出ました。(こういうサロンを目指しているので、うれしい感想です)

「サロン活動だけでなく、いろんな相談も出来る。相談したらきちんと返してくれる・・。ここだから出来る活動に期待しているよ!」と激励されました。(私たちはオアブリックな制度だけでなくヒューマンパワーも発揮して相談の解決に寄り添っています)

岡山県議会は、がん対策推進条例の起案にはいっていると聞いています。うれしいことです。当事者の力になる条例が出来ることを大いに期待しています。


秘密保護法案は衆議院で強行可決され、参議院での議論に!・・・早速、県選出の参議院議員に廃案を願いFAXしました!

2013年11月27日 崎本 とし子 とし子からの手紙

安倍内閣は独裁政権です。国民の声を聞かなくなってきています。衆議院での強行可決に抗議します。

聞かない姿勢を変えるのは、国民が声を大きくしていくしかありません。

法案審議は参議院に移りました。参議院は良識の府・・・といわれます。良識を発揮して欲しいですね。法案は議論すればするほど「知る権利」の侵害の内容が明らかです。担当大臣が「法律が通ってから、改善しなくてはならないところは治す・・・」などどいうありえない答弁をしていました。なおすべきところがある法案は治して「出しなおし」が当たり前です。ひどい答弁がまかり通る国会に、私は唖然としています。

参議院で廃案にして欲しい・・・と願いを込めて、県選出の議員にFAXを送りました。この願い届きますように!


自民党議員の公約違反・・・「うそつきは政治家のはじまり?」

2013年11月26日 崎本 とし子 とし子からの手紙

自民党の公約違反は目に余ります。

沖縄出身の5人の自民党衆議院議員は、「県外移設」の公約を破って、自民党本部の圧力に屈することにしたそうです。有権者は裏切られることになりました。ひどい話です。子どもたちに「うそつきは政治家のはじまり」といわせる醜い姿です。

「政治家」は、信念を貫く人でなければなりません。どんなに圧力があろうとも、「自分」にとって不利益だと思っても、有権者への公約を破れば、議員を辞めるべきです。しかも、基地問題は沖縄の人々にとって核心の政策です。すべての自治体が「県外移設」を決議している県で、県民の心を踏みつけにする・・・行為を許しては、議会制民主主義が壊れます。いったん全員辞任をして、出直し選挙をするべきだ・・・と私は思います。(私は24年間共産党議員として活動しましたが、どんなときも公約を念頭において実現のために努力しました。だから、恥じることは何もなく、選挙に臨むことが出来ました。6期も務められたのはそういう姿を見てくださった結果だと感謝しています。)

TPP問題ではどうでしょうか。国民への公約を自民党は守っているのでしょうか。「情報が非公開」のまま、国の形を変えようとしています。国民は「23%ほどの得票で、国会の多数を握る」自民党に白紙委任はしていないのです。「食」の政策は国の根本政策です。食料主権を持たない国は危うい・・・と思えてなりません。


秘密保護法案の公聴会(福島)では、全員が「慎重に!」「反対」を表明。公聴会をセレモニーにしてはならない!

2013年11月26日 崎本 とし子 とし子からの手紙

秘密保護法案の国民の意見を聴く「公聴会」が、福島で開催されました。出た意見は、「情報公開は必要」という立場での「反対」と「慎重論」ばかり・・・・。原発事故の経験から、情報公開こそ必要・・ということが求められました。当然のことです。

必要な情報を知る権利が侵害される・・・という中身は、「修正」でなんら変わりません。

政府は公聴会をセレモニーにしてしまうのでしょうか。このやり方は、「独裁的」です。国民の声は「無視」する・・ということになるのですから・・・。

強行採決を許してはなりません。なぜ理不尽に急ぐのか・・・。暴走ノブレーキは、国民がかけなければなりませんね!


腰痛は大分よくなりました

2013年11月25日 崎本 とし子 とし子からの手紙

皇帝ダリアがあちこちで咲いています。

さて、腰痛の続報です。痛みは大分しのぎ易くなりました。まだ、右腰部あたりに何かある・・・という感じが残っていますが、痛みはかなり楽です。夕方になると痛みが増す感じなので、夕方からは安静を心がけています。

でも、今日から夕方会議が3連日です。年末はなんだかんだと忘年会もあるし・・・・。(今のところ6回)

体と対話しながら、出席を決めようと思います。

明日からは寒くなるようですね。皆様もご自愛ください。


みんなの党、維新の会、民主党の支持者も秘密保護法案には過半数が「反対」・・・共同通信世論調査

2013年11月25日 崎本 とし子 とし子からの手紙

政党間では修正合意した・・といわれる秘密保護法案ですが、みんなの党や維新の会の支持者も過半数が「反対」していることが、共同通信の世論調査結果として報道されています。(本日の山陽新聞)

維新の会では50,1%、みんなの党では51,2%の支持者が反対です。自民党の補完をするような「野党」に今後の期待は持てませんよね。支持者の声や国民の声をあらためて聞いて欲しいと思います。

自民党支持者でも28,6%が反対です。公明党支持者は22,5%で反対の人が少ないようですが、ちゃんと内容をわかっている人が少ないのではないでしょうか・・・。

日本をどんな国にしようとして国民の目や耳や口をふさぐのか・・・。危ない!危ない!!

集団的自衛権の行使をしようとしていること、自衛隊に武器を持たせて海外へ出そうとしていること、武器3原則を変えて武器輸出を認めること、憲法9条を変える(2項の前項の目的を達成するため陸海空軍その他の戦力はこれを保持しない。国の交戦権は、これを認めない・・という内容をすべて削除するのが自民党の考え)こと・・・これらはすべて「戦争すること」に繋がっているではありませんか。

戦争への道を繰り返してはいけません。今の自民党は危ないです。バランス感覚がなくなっています。日本を戦争する国へ変えようとしている・・・!

皆さん、がんばりましょう!戦争はダメ!秘密保護法案は廃案に!と声を上げ続けましょう!


安田正昭・小野文子ピアノ・デュオ・リサイタル・・・ブラボー!!

2013年11月24日 崎本 とし子 とし子からの手紙

ピアノ・リサイタルに行きました。玉野で開催された2013市民コンサートです。

ベートーヴェンの交響曲「田園」と「運命」を2台ピアノで演奏するのです。すごい迫力ですばらしい演奏でした。

玉野文化センターで、10年前に誕生したデュオで、東京など各地でリサイタルを開いているそうです。

友人がチケットを送ってくれました。300人足らずのホールはちょうどいいリサイタル会場でした。(会場の場所がわからず、つくまで2時間もかかりました)

天気は快晴、心も快晴です。

アンコールの曲を聴きながら、ブルース、ワルツ、ハードロック・・と編曲され、まるでピアノが話しているように聞こえました。2人の息ぴったりでの「運命」は圧巻でした。いいリサイタルでした!


« 以前の日付