RSS Feed

サイト内検索

こ ん に ち は、 崎本とし子 です

最近のコメント

最近の投稿

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

年月別

記事分類

ページ

カウンタ

[以前のblogから通算:2011年5月14日、79958開始]

メタ情報

お気に入り

ご近所・地域

健康・看護・命

RSS 岡山市公式ホームページ トピックスRSS

RSS 岡山県庁RSS(新着情報)

サイト内検索


ひどい国会運営・・・質問者不在なのに「審議」時間をカウント

2018年3月10日 崎本 とし子 とし子からの手紙

先日、NHKラジオを聞いているとたわいもない音楽だけが流れている時間が続きました。何かな・・・と思っていると、「・・君の質問時間は終わりました。」という声が聞こえるのです。どうやら国会中継で、説明のつかない無茶苦茶な資料が出てきて、出席を拒否している野党の質問予定議員が出席していないのに委員会が開かれており、不在のまま質問時間だけはカウントされている・・・というありさまであることが見えてきました。

ひどい国会運営です。

委員会を開くことが問題です。国会議員がその権利をもって政府に求めた資料(しかも核心の)が出てこない状況で、質問資料を議会として求めるのではなく委員会を開催することなどはあり得ないことです。しかもそれは国民の税金を特定の人に値引きしたかもしれない事案です。資料を国会として求めることこそ委員長のすることです。官僚の議事進行原稿を読むだけではダメですよね。

森友問題は官僚の辞任や自殺などまるで小説のような現実に直面しています。

人の命より大切な「事実」などありえません。ここまでして何を隠そうとしているのでしょうか。安倍政権は総理の身体最優先で、国民の願う真相解明に背を向けています。

安倍政治は許せない!と切実に思うこの頃です。早く変えたい!そうでないと日本の政治がだんだん腐っていきますね。

コメント大歓迎

スパム防止用の簡単な質問です: