RSS Feed

サイト内検索

こ ん に ち は、 崎本とし子 です

最近のコメント

最近の投稿

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

年月別

記事分類

ページ

カウンタ

[以前のblogから通算:2011年5月14日、79958開始]

メタ情報

お気に入り

ご近所・地域

健康・看護・命

RSS 岡山市公式ホームページ トピックスRSS

RSS 岡山県庁RSS(新着情報)

サイト内検索


フィン氏(ICAN事務局長)に会わない安倍総理・・・・器が小さい

2018年1月17日 崎本 とし子 とし子からの手紙

ICAN事務局長のフィン氏が日本を訪問中です。昨日の国会議員との懇談では「核抑止」は神話だ・・・・と指摘し、国会での議論を促しました。18日まで日本にいるとのことです。17日に帰国なさる安倍総理はフィン氏の面会申し入れに「時間がない」と答えているようです。ノーベル賞受賞団体の代表にたかが10分でも面会することがなぜできないのかな・・・と思います。(器が小さすぎる)

話すことを拒否する姿勢を持つ我が国の総理大臣を私は恥ずかしいと思います。

海外に出かけることが多い安倍総理は、「日本の立ち位置」を広い視野で見極めることがなぜできないのでしょうか。「核抑止力論」とは「核を持っているぞ。いつでも使えるぞという考えで脅しながら抑止するというという考え方」です。それにしがみついて脅し合いの中で核兵器禁止が進むのでしょうか。「持っていたら使うことがある」のです。だからなくそう!なくすしかない!広島や長崎の悲劇を繰り返さないために・・・・。このシンプルな事実を正しく認識することが必要です。

フィン氏は国民世論の大切さを強調しました。国民が核兵器禁止条約にサインする政府に変えていかなければならないのです。

器の小さい総理大臣のため息が出るけれど、私たちはあきらめるわけにはいきませんね。

コメント大歓迎

スパム防止用の簡単な質問です: