RSS Feed

サイト内検索

こ ん に ち は、 崎本とし子 です

最近のコメント

最近の投稿

カレンダー

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

年月別

記事分類

ページ

カウンタ

[以前のblogから通算:2011年5月14日、79958開始]

メタ情報

お気に入り

ご近所・地域

健康・看護・命

RSS 岡山市公式ホームページ トピックスRSS

RSS 岡山県庁RSS(新着情報)

サイト内検索


がん患者が「6万人減!?」・・・がん患者が減ったのではなく、受診控えで発見遅れの恐れあり。

2021年11月27日 崎本 とし子 とし子からの手紙

年間に 100万人ががんという告知を受け、年間38万人ががんで亡くなる日本。

2020年は、がんと診断された人が6万人減った・・・といいます。国立がん研究センターは高齢化に伴い増加するがん患者が実際に減ったとは考えにくく、受診控えが影響していると報告しました。

つまり、コロナ禍で検診を受ける人が減り、発見が減っている・・・というのです。

同センターは「何か症状があれば我慢せずに病院へ行ってください」と呼び掛けています。

がんは初期段階では無症状が多く、検診でしか見つけることが困難です。早く見つければいろんな治療ができ、命を守ることができます。

私はこの10年の間に2階のがん治療をしました。「検診を受けて、早く見つける。自分の体に関心を持ち、早く診断できるように我慢しないで受信すること」が自分の命を守る方法だと実感し、実行しています。

いのちを守るためには早期発見、早期治療です。

みなさん、がん検診を受けましょう!

コメント大歓迎

スパム防止用の簡単な質問です: