RSS Feed

サイト内検索

こ ん に ち は、 崎本とし子 です

最近のコメント

最近の投稿

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

年月別

記事分類

ページ

カウンタ

[以前のblogから通算:2011年5月14日、79958開始]

メタ情報

お気に入り

ご近所・地域

健康・看護・命

RSS 岡山市公式ホームページ トピックスRSS

RSS 岡山県庁RSS(新着情報)

サイト内検索


国会は何をしているのか!?・・・被災者支援ではなくて、なぜカジノ法案か

2018年7月19日 崎本 とし子 とし子からの手紙

国会は22日が閉会だそうです。6月18日に終わるはずだったものを引き延ばし、過労死を増やすと心配される「働き方改革法」を強行。過労死を考える家族の会とは安倍総理は会うこともなくなんという理不尽でしょう。加藤大臣は岡山出身の議員です。

7月5日に「赤坂自民亭」で宴会をしていた安倍総理や広島出身の岸田議員、麻生副総理などは政治家失格です。ひどい災害で国民が苦しんでいるときに、動けない政治家はやめればいい。国民の役に立たないから・・・。

今日はカジノ法案が参議院の委員会を通過し、明日本会議で採決するとか!?ギャンブル依存症の増加が社会問題化しており、今後ますます国民の生活破壊を起こしそうです。なぜそんな法案を被災者支援の議論をせずに急ぐのか。カジノ法案推進の議員連は自民党と維新の会の議員ですが、外資系のカジノ推進企業からパーティ―券購入をしてもらっているという報道がありました。

ここでも国民のことを考える議員ではない姿が見えるのです。カジノ法案の担当大臣は公明党の石井大臣です。公明党は本当に情けない政党に成り下がりました。宗教を利用して国民を欺きながら、自民党と一緒に悪政を進める政党になっています。なぜこの国会で急ぐのか・・・といえば、来年は参議院選挙があるのでできるだけ早く済ませておきたいのだとか。つまり、国民は公明党の大臣がカジノ法を統したことを直ぐに忘れる・・・と馬鹿にしているのです。

来年は一斉地方選挙と参議院選挙の年です。していることをしっかり見て、国民は判断しなければなりません。国民の苦難を少しでも減らすために頑張る政党を増やすことです。一押しは日本共産党だと私は思います。

コメント大歓迎

スパム防止用の簡単な質問です: