RSS Feed

サイト内検索

こ ん に ち は、 崎本とし子 です

最近のコメント

最近の投稿

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

年月別

記事分類

ページ

カウンタ

[以前のblogから通算:2011年5月14日、79958開始]

メタ情報

お気に入り

ご近所・地域

健康・看護・命

RSS 岡山市公式ホームページ トピックスRSS

RSS 岡山県庁RSS(新着情報)

サイト内検索


今日は「看護の日」

2018年5月12日 崎本 とし子 とし子からの手紙

今日はナイチンゲールの誕生日です。看護の世界ではナイチンゲールは大切な人です。「看護」の基本として「ナイチンゲールの覚書」を学びます。

私は次の言葉を忘れず大切にしてきました。

「看護とは、命の消耗を最小限にとどめるよう環境を整えることである」

私は看護師という仕事が好きです。臨床にいるときも、市議会議員として行政にかかわっているときも、そして引退後地域で訪問看護にかかわっている今も、この言葉を胸に刻んできました。

どこにいても命の消耗をいかに最小限にとどめるか・・・・。何が必要か・・・と考えるのです。

昨日は看護大会が三木記念ホールで開催されました。記念講演は「認知症と共に生きる」と題して、若年性アルツハイマー症の診断を39歳の時に受けた丹野智文さん(現在44歳)の講演でした。

認知症と共に生きることに決めた・・・という丹野さんの話は、病気を隠さず、地域の人々ともつながって生きる道を見つけたこと。

「できないことをサポートしてもらって、できることをする」「病気への正しい理解が広がり、失敗しても怒られない環境が必要」「早期発見が大事」…など認知症のところを「がん」に置き換えれば、まったく同じようなきずきの話で共感しました。

病気を持った人が社会の正しい理解を促し、当事者発信でより良い社会を作っていく・・・と思え、改めて当事者発信の大切さを思いました。子の声を受け止めて「共に生きる」社会をつくりたいものです。

今日は看護の日です。

 

コメント大歓迎

スパム防止用の簡単な質問です: