RSS Feed

サイト内検索

こ ん に ち は、 崎本とし子 です

最近のコメント

最近の投稿

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

年月別

記事分類

ページ

カウンタ

[以前のblogから通算:2011年5月14日、79958開始]

メタ情報

お気に入り

ご近所・地域

健康・看護・命

RSS 岡山市公式ホームページ トピックスRSS

RSS 岡山県庁RSS(新着情報)

サイト内検索


財務事務次官辞任は当然だが、セクハラを否定?・・・意味が分からない!

2018年4月19日 崎本 とし子 とし子からの手紙

財務事務次官が辞任するようです。でもセクハラは否定しているとか・・・・。ならばなんでるのでしょうか。意味が分かりません。

「音声テープ」は明らかなセクハラ行為です。その相手が記者であろうがなかろうが、「言葉遊び」などではない、明らかなセクハラ行為です。

日本の風土は「セクハラ被害」を軽視しすぎです。性的な嫌がらせで嫌な思いをする人がまだまだ大勢います。それが人権侵害だという認識のない人が事務次官をしている・・・それが日本です。財務省のゆがんだ体質を垣間見たような気がします。麻生財務大臣は、「セクハラ被害」というものをわかっておられないようです。その対応は、判断力があるとは言えません。おやめになったほうがいいと思います。

安倍総理は国外脱出で、トランプ大統領とゴルフ外交をされたようです。自分を持ち上げてくれる人(知人・友人)とは対話ができるんですね。

対話が得意とは思えない2人のトップは、似たもの通しのように見えます。「外交で何か間違いが起こるんではないか・・・」と不安を覚える2人です。

昭惠夫人も楽しそうにしておられましたね。自分のしたことの責任などの自覚はないようです。経済でのアメリカへの譲歩の内容が気がかりです。国民に不利益な大切なことが公開されていないのではないかと・・・。

 

コメント大歓迎

スパム防止用の簡単な質問です: