RSS Feed

サイト内検索

こ ん に ち は、 崎本とし子 です

最近のコメント

最近の投稿

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

年月別

記事分類

ページ

カウンタ

[以前のblogから通算:2011年5月14日、79958開始]

メタ情報

お気に入り

ご近所・地域

健康・看護・命

RSS 岡山市公式ホームページ トピックスRSS

RSS 岡山県庁RSS(新着情報)

サイト内検索


映画「ペンタゴン・ペーパーズ」・・・忖度とは無縁の報道姿勢、「報道の自由は報道が守る」

2018年4月5日 崎本 とし子 とし子からの手紙

我が家のはなみずきは満開です!

今、日本では安倍政権の「報道への圧力」「報道関係者との飲み食い」の下で、「報道も政権に忖度する状況があります。政権に不都合な真実は報道しなかったり、しても申し訳程度です。政権べったりの報道が横行することに危機感を持っています。

マスコミが「適当な報道」しかしなくなって久しい日本です。私はとても悲しいです。

先日3月30日封切されたアメリカ映画「ペンタゴン・ペーパーズ」を観ました。アメリカでベトナム戦争をしている時期、戦況を判断しようと極秘報告書がつくられました。「負ける」とわかっていてなお「国のメンツのために戦争をやめない」政府。ニクソン大統領の時ですが、この極秘文書が流出します。もちろん国家機密の漏えいは罪です。しかし、真実を国民は知る権利がある・・・と、その文書を入手した新聞記者たちは大激論を重ね、報道を決断します。各新聞社は報道し、政府から告訴されます。

しかし、「報道の自由は報道が守る」と信念は揺るぎませんでした。そういう闘いの上にジャーナリズムはあるのだ・・・と。

日本にも心あるジャーナリストは大勢います。でも、新聞社のトップの姿勢はどうか・・・・。お友達付き合いをしている政治家から、「忖度」を迫られても、それをはねのけて報道の責任を全うしているだろうか。

「新聞は権力者のためにあるのではない、国民のためにある」という姿勢は大いに感動しながら聞きました。

いい映画でしたよ。ぜひご覧ください。

 

コメント大歓迎

スパム防止用の簡単な質問です: