RSS Feed

サイト内検索

こ ん に ち は、 崎本とし子 です

最近のコメント

最近の投稿

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

年月別

記事分類

ページ

カウンタ

[以前のblogから通算:2011年5月14日、79958開始]

メタ情報

お気に入り

ご近所・地域

健康・看護・命

日本共産党

RSS 岡山市公式ホームページ トピックスRSS

RSS 岡山県庁RSS(新着情報)

サイト内検索

がんなっても働き続けたい!・・・がん患者対策の記事が山陽新聞の一面に!

2017年12月3日 崎本 とし子 とし子からの手紙

3日の山陽新聞の一面に、「がん患者対策」の記事が掲載されました。がんと仕事の問題です。

年間86万人のがん告知患者のうち約3割は働く世代のがん患者です。(私もその一人です)

「がんになっても働き続けたい」気持ちと「職場に迷惑がかかるから・・・」という葛藤をしながら治療をせざるを得ず、両立できず退職してしまう患者は後を絶ちません。企業の理解や職場環境が整っていないのです。

時短勤務や在宅勤務などの仕組みがなく、正しい理解を持つ相談窓口もない企業が珍しくありません。昨年12月9日に成立した改正がん対策基本法では企業に仕事と治療の両立支援の努力義務を明記しましたが、進んでいないのです。

30代のがん患者の女性が「がん告知を受けたのはショックだったが、治療することを職場に伝えた時、退職を打診されたことがもっとショックだった。自分は社会にいらない人間だと言われた気がした・・・。」と話したことを忘れません。

がんと共に生きている人にとって、「自分らしく生きること」はまだ厳しい社会です。少しでもその環境を良くしていきたい!!私たち患者団体は、いろんな機会を通して、同じような苦しみを増やしたくない・・・と行動しています。

受動喫煙防止の環境つくりに国会へ出向いたり、議員さんとの懇談(勉強会)をしたりしています。

1月22日(月)には岡山市議会の皆様と勉強会を持つ予定です。福吉保健福祉委員長さんの尽力によるものです。当事者発信でがん対策を推進したい!しっかり伝えたいと思います。

 


ふれあい餅つきとお飾りづくり

2017年12月3日 崎本 とし子 とし子からの手紙

12月の第一土曜日は福祉交流プラザ旭東で餅つきとお飾りつくりをしています。地域文庫のアップル文庫は、毎年お飾りつくりを主催しています。私はその担当で、子ども会主催の時からもう15年以上になります。

青刈りする材料の準備ができるか、先生はお元気か・・・と気をもみながら準備して、今年も用意することができました。

毎年参加してくださる方が多く、今年参加者の中にその顔が見えないと、健康を心配する私です。

「世界で一つだけのお飾りを作ろう!」と呼びかけ、実費は300円です。作るのが楽しくて、藁のいい匂いの中でお話をしながら作業を進めます。「いいお正月を!」と声をかけて参加者を見送りました。

「こういう技術が引き継がれなかったらなくなるよね・・・」と先生がポツリ・・・・。介護や家族の話にまで及び、楽しい時間を過ごしました。

我が家は夫の姉が他界したので、お飾りのないお正月ですが、元気に年越ししたいと思います。年越し準備の時期ですね。