RSS Feed

サイト内検索

こ ん に ち は、 崎本とし子 です

最近のコメント

最近の投稿

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

年月別

記事分類

ページ

カウンタ

[以前のblogから通算:2011年5月14日、79958開始]

メタ情報

お気に入り

ご近所・地域

健康・看護・命

RSS 岡山市公式ホームページ トピックスRSS

RSS 岡山県庁RSS(新着情報)

サイト内検索


朝鮮戦争の終結を願う

2018年6月10日 崎本 とし子 とし子からの手紙

朝鮮戦争は停戦中です。韓国へ行くと「戦争中なのだ・・・」と話す人によく出会いました。

韓国には徴兵制があり、板門店ではいつも北朝鮮と「にらみ合っている」状況でした。

今、米朝首脳会談が初めて行われようとしています。朝鮮半島の非核化と共に停戦中の朝鮮戦争の終結が合意されることを私は心から願っています。もちろんゆくゆくは極東アジアの6か国協議の枠組みで「対話による平和」が合意され、協議が継続されることを強く願ってやみません。

朝鮮半島はもともと同じ国の人々が南北に切り離された歴史があります。南北統一は朝鮮半島の人々の悲願です。

人も国もそれぞれに歩んできた道は違うけれど、違うからこそ「違いを認め合い」より良い方向へ改善していくことを目指さなければなりません。「対話外交」で、日本は立ち遅れていると思います。安倍総理は何かといえばトランプ大統領と話をして、(話すたびに武器を買う約束をしたり、企業支援を約束したりしているようですが・・・)拉致問題の解決などへの尽力を依頼しているようです。それで解決がつくのでしょうか。

過労死を考える家族の会や被爆者団体など「自分の考え方と違う人とは会わない、目を合わせない・・・」という態度を考えるとき、対話ができない安倍総理大臣の限界を感じてしまいます。

安倍総理は、何かといえば専用機で外国へ飛び立つ、「外交が得意な総理大臣」と言われるそうですが、国政の困難を前に逃げ出して、「専用機内でケアを受ける」コミュニケーション力が弱い小心者に見えてしまうのです。東アジアの平和のためには、過去の戦争の歴史認識をきちんと持って対応することが必要です。信頼は歴史の事実を共有し、一致点を持つことなしにはできませんから。

「朝鮮戦争が終わる」という歴史的な出来事が起こるかもしれない・・・と思うと、本当に胸が高鳴るのです。

コメント大歓迎

スパム防止用の簡単な質問です: