RSS Feed

サイト内検索

こ ん に ち は、 崎本とし子 です

最近のコメント

最近の投稿

カレンダー

2022年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

年月別

記事分類

ページ

カウンタ

[以前のblogから通算:2011年5月14日、79958開始]

メタ情報

お気に入り

ご近所・地域

健康・看護・命

RSS 岡山市公式ホームページ トピックスRSS

RSS 岡山県庁RSS(新着情報)

サイト内検索


早乙女勝元さんの思い出

2022年5月22日 崎本 とし子 とし子からの手紙

早乙女勝元さんから頂いたサインです。

岡山市シティーミュージアムには、岡山空襲資料館があります。行かれたことがあるでしょうか。

6月29日、岡山空襲がありました。岡山市の中心部が焦土と化し、2000人を超すともいわれる犠牲者を出しました。77年前の現実に起こったことです。米軍の無差別爆撃でした。風化させないために岡山市は条例で平和の日と定めました。

市民の過半数の署名を取り、岡山空襲資料館はできました。この資料館を作る運動の中で、早乙女勝元さんは岡山市の何度も足を運んでくださいました。自らは東京空襲の語り部をとして、また民間資料館の館長として最期まで活躍されました。「本当に伝えたいことを伝えられない「都立」では意味がない・・・!」という信念があったと思います。

事実を伝える努力を惜しまれませんでした。

今、事実を知ること、伝えることはなかなかままなりません。信頼できる人がそこにいれば信頼のできる情報にたどり着くことができますが・・・。

早乙女勝元さんは「信念の人」でした。戦争の事実を知ることが戦争を防ぐ力だと話されました。戦争の多くの犠牲の上に生まれた日本国憲法を手放してはならない・・・と今も私たちに言われているように感じています。「平和をあしたに」というサインの言葉を胸に刻みたいと思います。

心からご冥福をお祈りいたします。

コメント大歓迎

スパム防止用の簡単な質問です: