RSS Feed

サイト内検索

こ ん に ち は、 崎本とし子 です

最近のコメント

最近の投稿

カレンダー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

年月別

記事分類

ページ

カウンタ

[以前のblogから通算:2011年5月14日、79958開始]

メタ情報

お気に入り

ご近所・地域

健康・看護・命

RSS 岡山市公式ホームページ トピックスRSS

RSS 岡山県庁RSS(新着情報)

サイト内検索


民話の会おかやま

2020年6月28日 崎本 とし子 とし子からの手紙

立石憲利さんをご存知ですか。「民話のおじさん」といえばご存知の人も多いでしょう。

私は立石さんの「語りの学校」の卒業生で、ボチボチ民話を語っています。私が所属するのは「民話の会おかやま」というグループです。

児童センターや保育園、高齢者のサロンなどで語ってきました。ほんわかする時間が好評です。でも今はコロナ感染症の関係で、ほとんど中止になりました。

でも8月28日には、備前地区の交流会をすることになりました。楽しみです。残念ながら50人程度の会にする予定なのであまり大勢にご案内ができません。

今後孫が大きくなれば自分の時間が増えます。その時に民話の語りは、私の趣味としてきっといい時間を作ってくれると思います。

そもそも孫が生まれて「おばあちゃんの昔話の語り」をしたいと思ったのがきっかけでした。寝るときにたくさんお話をしました。

「むか~し昔、ある所に・・・・」と話すと、孫たちは耳を傾け、知らず知らずのうちに眠っていたものです。私は語りの練習をしていた感じですが・・・・。今中学生になった孫娘は、「むか~し昔、ある所に・・・・」と始めると、「そうそう思い出した・・・」といい笑顔になります。(ケラケラ笑います)

地域の子どもたちに、少しでも楽しい時間を作りたいと地域文庫を始めて20年。民話の会と出会って5年ほどかな。体が動きづらくなっても児童センターの隣で住んでいる条件を生かして、絵本を読んだり、語りを続けたいと思うのです。

 

 

コメント大歓迎

スパム防止用の簡単な質問です: