RSS Feed

サイト内検索

こ ん に ち は、 崎本とし子 です

最近のコメント

最近の投稿

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

年月別

記事分類

ページ

カウンタ

[以前のblogから通算:2011年5月14日、79958開始]

メタ情報

お気に入り

ご近所・地域

健康・看護・命

RSS 岡山市公式ホームページ トピックスRSS

RSS 岡山県庁RSS(新着情報)

サイト内検索


岡山医療生協の「新春の集い」

2013年1月14日 崎本 とし子 とし子からの手紙

恒例の新春の集いに参加しました。ママカリフォーラムの大ホールは超満員!「今日用」(教養ではありません)と「今日行」(教育ではありません)が元気をつくる、閉じこもらずにドンドン出かけよう!との挨拶ではじまりました。

吉崎理事長は、「世界で第2次世界大戦の後、戦争にかかわらなかったのは8カ国、アジアデハブータンと日本だけだ、憲法9条があればこそだ・・・」と話して、改憲の動きへの警鐘を鳴らしました。心に残りました。

今年の新春講演は、作家のあさのあつこさんで、テーマは「2013年新春 未来へ語り継ぐもの」でした。

あさのさんと私は1954年の生まれの同い年です。お母さんは84歳とのことで、今年83歳の母と同世代です。子どもは同じ3人(男2人、女1人)も同じ、孫の数では5人とのことで私より2人多いようです。・・・・ともかくも同じ時代を生きてきた人だということで、グーンと身近に感じました。

美作で生まれ、育ち、今も暮らしているあさのさんは、仕事も故郷でしています。「作家のくらし」を自然体で話して、書くエネルギーの源は、故郷の自然だ・・・と語りました。その表現が、作家らしいのです。感動する景色をみるとゾクゾクして「書きたい!」と思う・・・と。故郷愛媛の山や川、海が思い出されました。

この世界は人間だけでなくいろんな命でつくられている。今、人間は傲慢になりすぎていないか。人のためにだけ世界がある・・・と考える方向は破綻に繋がる気がする・・・。私は、傲慢さはイヤだ!・・・と思うので、傲慢さに対して、言いたいことを書き続けたい!・・ときっぱり。

子どもや孫のことを思うと、「殺され殺さない世の中を」「恋人や大切な人を戦争で亡くさないように・・・」と願っている。それは、子どもたちへの大人の責任だ・・・と考えている・・・と。私は同じ思いなので、大いに共感しました。

あさのさん、風邪ひき声が辛そうでしたね。どうぞお大事に!

コメント大歓迎

スパム防止用の簡単な質問です: