RSS Feed

サイト内検索

こ ん に ち は、 崎本とし子 です

最近のコメント

最近の投稿

カレンダー

2024年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

年月別

記事分類

ページ

カウンタ

[以前のblogから通算:2011年5月14日、79958開始]

メタ情報

お気に入り

ご近所・地域

健康・看護・命

RSS 岡山市公式ホームページ トピックスRSS

RSS 岡山県庁RSS(新着情報)

サイト内検索


日本の男女平等は政治と経済分野で立ち遅れ

2024年5月28日 崎本 とし子 とし子からの手紙

日本のジェンダー問題がいろんなところで議論されるようになり、問題になっています。

特に政治と経済分野での立ち遅れが深刻です。次期総選挙で予定候補者を見てみると、女性比率が18.1%だそうです。

自民党は8.2%、公明党は9.0%。与党は少ない。

共産党33.5%、立民21.3%、国民21.2%などで野党は比較的多い。

自民党と公明党は、女性がスタートラインに着けてないという現状です。どうしてなのでしょうね。これらの政党ではジェンダー平等の政策推進は望むことがむつかしいのではないかと思えます。

これまでいろんな経過を経て、支持政党はいろいろでも日本のジャンダー問題を解決したいと多くの人が努力してきました。自民党政治の下では進めるのは難しい・・・と多くの人が感じています。

「自民党政治を終わらせよう!」の一致点でこれからの選挙は力を合わせたいですね。

 

コメント大歓迎

スパム防止用の簡単な質問です: