RSS Feed

サイト内検索

こ ん に ち は、 崎本とし子 です

最近のコメント

最近の投稿

カレンダー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

年月別

記事分類

ページ

カウンタ

[以前のblogから通算:2011年5月14日、79958開始]

メタ情報

お気に入り

ご近所・地域

健康・看護・命

RSS 岡山市公式ホームページ トピックスRSS

RSS 岡山県庁RSS(新着情報)

サイト内検索


「心を癒すということ」・・・安先生のドラマを見て

2020年2月9日 崎本 とし子 とし子からの手紙

NHK土曜ドラマ「心を癒すということ」を視聴していました。精神科医の安医師がの書かれた原作のドラマでした。

25年前の阪神淡路大震災の時の「心のケア」を実践して、書き下ろしたエッセイをまとめ、加筆して書かれた本のタイトルがドラマのタイトルでした。

昨夜が最終回。主人公はやりたいことをいっぱいやり残して、39歳の短い一生を肝臓がんで閉じるのです。柄本佑さんの演技は素晴らしかったです。

最終回、自分が終末期の7か月を自宅で家族と過ごしながら、したいことリストを作ります。そして、「心を癒すことの意味が分かった。人じゃないと思えることやな。」とつぶやく。

苦難の中にある人(がんの患者家族もそうです)にとって大事なことは、1人じゃないと思えること・・・だと私も考えてきました。

だから地域がんサロンの運営をしてきたし、リレーフォーライフに取り組もうとしています。

どんな時も「一人じゃない」と思える社会を作りたい、・・・と改めて思いました。

コメント大歓迎

スパム防止用の簡単な質問です: