RSS Feed

サイト内検索

こ ん に ち は、 崎本とし子 です

最近のコメント

最近の投稿

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

年月別

記事分類

ページ

カウンタ

[以前のblogから通算:2011年5月14日、79958開始]

メタ情報

お気に入り

ご近所・地域

健康・看護・命

RSS 岡山市公式ホームページ トピックスRSS

RSS 岡山県庁RSS(新着情報)

サイト内検索


倉敷へ田辺市議の応援に!

2013年1月6日 崎本 とし子 とし子からの手紙

倉敷市は、20日告示で27日投票の市議選です。旧知の友人である田辺あきお市議は、7選目の挑戦です。

今日は田辺市議の再選の支援に夫と二人で行ってきました。午前中から、市政報告会の準備や政策チラシの配布、市政報告会への参加までして帰ってきました。報告会は300人を超える参加で大盛況でした。田辺議員は、気合のこもった、心に残るいい話をして、参加者の心をつかんだ・・・と思います。さすが・・・といえるいい話でした。

田辺市議は、30歳のとき補欠選挙で初当選。以来22年「福祉の心ひとすじに」がんばってきました。

子どもの頃、小児マヒで片足が不自由であったお父さんを交通事故で亡くし、保健師のお母さんにより育てられた彼の福祉充実への情熱は、本物です。

「自助自立」を公約する自民党が多数を占める国政のもとで、自治体の役割は大切です。自治体が国と一緒になって、市民の暮らしを脅かしてしまうことに無いように、議員は税金の使い方をチェックし、政策提案をすることが求められます。

倉敷市議選は、定数43人に48人の立候補という少数激戦です。有権者にはしっかり「本物」を見極めて、いただきたいものです。共産党の議員候補4人の全員当選を心から願っています。

そして、倉敷市でも「がん対策推進条例」をつくってほしい・・・と切望しています。

コメント大歓迎

スパム防止用の簡単な質問です: