RSS Feed

サイト内検索

こ ん に ち は、 崎本とし子 です

最近のコメント

最近の投稿

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

年月別

記事分類

ページ

カウンタ

[以前のblogから通算:2011年5月14日、79958開始]

メタ情報

お気に入り

ご近所・地域

健康・看護・命

RSS 岡山市公式ホームページ トピックスRSS

RSS 岡山県庁RSS(新着情報)

サイト内検索


掃除は手が荒れる・・・「手あれ」の思い出

2012年12月27日 崎本 とし子 とし子からの手紙

今年も後5日です。写真は年始用の寄せ植です。

さて、我が家は今年の汚れを落とそうと奮闘中です。窓拭きは夫ががんばりました。網戸もきれいになりました。

私は、大掃除までは行かないけれど、「中掃除」に悪戦苦闘です。この時期は普段でも手あれの時期です。雑巾がけなどをすると、益々手が荒れます。

「手あれ」の思い出があります。カットバンをして議会に参加していた日のことです。それを気付いた人がいました。当時、教育委員長をしておられた赤枝郁郎先生です。「お母さんの手ですね・・・」というような言葉をかけてくださいました。私はちょっと恥ずかしいような気持ちでしたが、子育て真っ最中の母親議員にはとても暖かくてうれしい言葉でした。

年末は何かと忙しいですが、ちょっとほっこりすることがあると、心豊かにがんばれますね。私も「命言葉」(その人に元気をあげれるような、暖かい言葉)をかけれる人になりたいものだ・・・としみじみ思い出すできごとです。

コメント大歓迎

スパム防止用の簡単な質問です: