RSS Feed

サイト内検索

こ ん に ち は、 崎本とし子 です

最近のコメント

最近の投稿

カレンダー

2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

年月別

記事分類

ページ

カウンタ

[以前のblogから通算:2011年5月14日、79958開始]

メタ情報

お気に入り

ご近所・地域

健康・看護・命

RSS 岡山市公式ホームページ トピックスRSS

RSS 岡山県庁RSS(新着情報)

サイト内検索


国会中継・・・赤旗新聞を読まないと真実がわからない!

2020年10月31日 崎本 とし子 とし子からの手紙

国会討論が始まりました。共産党の志位委員長と小池書記局長の質問は核心を突く質問でした。共産党がこの国にいてよかったと思いました。

学術会議任命拒否問題は、法律と憲法に基づき問題点が指摘されました。「そう、そう!」とうなづきながら聞きました。

多くのメディアが「2050年温室効果ガスゼロ」と菅総理が発言したことを大きく報道しましたが、火力発電を廃止する様子ではないし、原発を推進しているし、再生可能エネルギーの推進策があるわけではなさそうだし、具体策は何なのだろう・・・と思っていました。(信用できないのです)

小池議員が「空手形」で終わらせないためにと、火力発電の新規計画中止や既存火力発電所の停止・廃止を提案。2030年に再生可能エネルギーの発電に占める目標を4割以上にすることなどを提案しました。(ええ提案)

これに「エネルギー政策について集中的に議論し、結論を出す」としか答えない菅総理。やはり信用できん・・・。

共産党は、リストラを進めようとする大企業には内部留保を取り崩して雇用を守り、賃上げするよう政府として求めるべきと求めています。2019年の内部留保は10兆円増えているようです。(大企業栄えて、民滅ぶ日本です)

政治の動きや国会論戦の真実は赤旗を読まないとわかりません。マスコミが政府に取り込まれている危うさを感じるのは私だけでしょうか。

この国には声を上げ続ける人の運動があるし、あきらめない運動がいくつもあるのです。それをマスコミはしっかり伝えるべきです。

政治は変えることができる!!「政治はあなたのためにある!」・・・と呼び掛ける共産党を大きくしたい!

 

コメント大歓迎

スパム防止用の簡単な質問です: