RSS Feed

サイト内検索

こ ん に ち は、 崎本とし子 です

最近のコメント

最近の投稿

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

年月別

記事分類

ページ

カウンタ

[以前のblogから通算:2011年5月14日、79958開始]

メタ情報

お気に入り

ご近所・地域

健康・看護・命

日本共産党

RSS 岡山市公式ホームページ トピックスRSS

RSS 岡山県庁RSS(新着情報)

サイト内検索


高い軍事費・・・オスプレイ1機100億円、維持費年間13億円!?

2017年9月5日 崎本 とし子 とし子からの手紙

自家用車(軽自動車)を持つと、購入費に加えて維持費(保険料や車検、燃料費など)が年間12~13万円かかります。

防衛装備費について、防衛装備庁の資料が公開されました。

例えばオスプレイは購入費約100億円、維持費13億円だそうです。今度アメリカから購入しようとしている無人偵察機グローバル・ホークは単価200億円、年間維持費は42億円とか・・・・。

軍事装備費は、本当に高く、チェックがしにくい費用ですが、来年度の予算でも軍事費が5兆円を超える見通しです。このことをどう思いますか。

北朝鮮の危機をあおり、軍事費が増えることを容認しようとする空気に私は危機感を感じます。軍事費が増える一方で、命の予算は確実に削られているからです。「がんになっても自分らしく生き抜きたい!」という患者の願いを踏みつけにする政治は変えたい・・・。

考えていかなければならないときです。軍事費の増加は何を意味するのでしょうか。戦争は何も残しません。北朝鮮問題は圧力だけではなく、しっかり向き合い、対話が必要だ・・・としみじみ思うのです。

コメント大歓迎

スパム防止用の簡単な質問です: