RSS Feed

サイト内検索

こ ん に ち は、 崎本とし子 です

最近のコメント

最近の投稿

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

年月別

記事分類

ページ

カウンタ

[以前のblogから通算:2011年5月14日、79958開始]

メタ情報

お気に入り

ご近所・地域

健康・看護・命

RSS 岡山市公式ホームページ トピックスRSS

RSS 岡山県庁RSS(新着情報)

サイト内検索


赤旗新聞(日刊紙)の金曜日連載・・・「がんと、働くことと」(桜井なおみさんの投稿)

2019年5月14日 崎本 とし子 とし子からの手紙

2人に一人が生涯に一度はがんになるという時代です。生涯私は2度もがん治療をしましたが、桜井なおみさん(キャンサー・ソリュウションズ代表取締役社長)も30代でまさかの乳がん治療を経験した人です。

年に995132人(1時間に113人、1分に2人)ががんの診断を受けます。このうち働く世代は約30%です。思いがけずがん治療をすることになった人は社会的ないろいろな苦難と向き合うことになります。

仕事と治療の両立問題もその一つです。職場の理解を得られるのか、治療ご復帰できるのか、収入が減るとき治療費をどう確保するのか・・・など深刻な悩みになることも・・・。

赤旗新聞(金曜日)で桜井なおみさんの連載が始まりました。「がんと、働くことと」のコラムを私は楽しみに読んでいます。

私は桜井さんと講座を取り組んだこともあり、「がんと一緒に働こう」という呼びかけに共感します。この5年ほどで、国の取り組みも進んできました。とにかく、抱え込まず相談してほしい。

人に「頼る勇気」をもち、会社は社員から「頼られるに足る準備」をすることが必要な時代になりました。

私は岡山から「がんになっても自分らしく生き抜ける社会を!」と発信し続けます。関心を持ってくださる議員さんが増えてほしいです。

コメント大歓迎

スパム防止用の簡単な質問です: